整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » てあて整体スクールの解剖学で学ぶこと

てあて整体スクールの解剖学で学ぶこと

読了までの目安時間:約 3分

解剖学は人の体をさまざまな機能などで分類して名前をつけていく学問です。
筋肉の名前や骨格の名前など、漢字ばかりでなんとなく難しそうなイメージがあります。
あんな難しい名前を覚えるのは無理なんじゃないか。
そう思っている人もいるかもしれません。
でも、筋肉や骨格の名前を覚えることが目的ではありません。
体がどんなパーツで出来ているかを知ることで、各部位はどんな動きをしたり働きをしたりするのかを知ることが目的です。
どんな動きをするかを知っていれば、その動きが出来なければ問題があるかもしれない。
どんな働きをするか知っていれば、症状や動きから問題の部位を考えられるかもしれない。
そこが目的です。

だから筋肉や骨格の名前を一つずつ覚える授業はしません。
しないからと言って覚えなくても良いということではなく、それよりも重要なことを先にやるということです。
時間が限られていますから。
授業で大切にしているのは、勘違いや気にしていなかったことを明らかにして確認することです。

首はどこからなのか。
腕はどこからなのか。
脚を動かす筋肉はどれなのか。
体を曲げる時にはどこが曲がっているのか。

筋肉や骨の名前は授業に出てスクールに通っていれば、自ずと分かるようになり覚えてしまいます。
授業の中では筋肉や骨は解剖学用語で話をします。
テキストの内容も解剖学用語で書かれています。
以前、もっと初めての人にも分かりやすく書いて欲しいと言われたことがありました。
でも専門的な用語を使うには意味があります。
使うことで慣れて覚えるし、万国共通でどこのセミナーやワークショップに行っても同じ用語を使っているからです。

目から入る情報が大切と思っています。
だから骨格標本や解剖図は良く見てもらうようにしています。
名前が分からなくても、どこにどんな筋肉や骨や関節があるか分かっていることが大切だからです。

来月、セラピストのための解剖学講座を宇都宮・ここからいふ広場でやります。
年に数回、ここからいふでセラピーを学んでいる人を中心に行っています。
主婦や看護師介護士、助産師さんなどが参加されていますが。
全く初めての方にも分かるように説明をします。
興味のある方はどうぞ。


セラピストのための解剖学講座

日時 : 2019年6月11日(火) 10:00~15:00
料金 : 8000円
場所 : ここからいふ広場
     栃木県 宇都宮市栃木県宇都宮市雀の宮4丁目26-52
問合 : https://www.facebook.com/events/2397419117156241/
     ※申込はFBページからお願いします。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: