整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » アレクサンダー・テクニークの集まり

アレクサンダー・テクニークの集まり

読了までの目安時間:約 3分

JATSAGM2019

2019年6月1・2日両日
日本アレクサンダー・テクニーク協会の集まりに行ってきました。
これで4年連続して参加しています。
京都・東京・神戸と来て今年は東京でした。
年に1回、沢山のアレクサンダー教師の先輩や後輩と会うのはとても楽しいことでした。

アレクサンダー・テクニークはいろいろな言い方をされますが、4年前のこの集まりで「習慣的になった行動や考え方から離れる」という言葉を聞いて、なんだかすごく納得した記憶があります。
この集まりも習慣的な行動や考え方に流されないで、自分たちの目で見て体で感じ頭で考えながら続いているのがすごいなぁと思います。
20年前まで会社勤めをしていて、超サラリーマンだった身としては、特に感じるのかもしれません。
昨日は書籍を出版された先輩の話を聞きました。
出版不況なんて言ってますが、実はそんなことはなくて、売れる本は売れるんだなぁと思いました。
そこには出版するためのノウハウがあり売るためのノウハウがある。
出版するに値するメソドや理論があれば、きちんと手続きを踏んで行けば読者の手に取ってもらえる可能性があることが分かりました。
荒木が出版するということではありませんが、将来はそんなことも考えられたらなと思ったりしました。

整体師もそうですがアレクサンダー・テクニーク教師も殆どはフリーランスです。
会社勤めの人とはどこかが違います。
服装や休日や日常の過ごし方は、具体的な違いとして分かります。
スーツは着ないし仕事と休みが混在していたりします。
でもそれとは違って、考え方の違いがあります。
考え方の違いは言葉には実はしずらい。
根本的な違いがあるように思います。
会社勤めを辞めて10年くらい経った時にそのことを感じた記憶があります。
会社を辞めて10年くらいは見た目や時間の過ごし方はフリーランスでしたけど、考え方はフリーランスになっていなかったような気がします。
順応が遅いのかもしれませんけど。
今は辞めて20年近く経ったので、かなりフリーランスになったかなと思います。
どことは言えませんけど。

そう言えば会社を辞めて起業しようと思った一つの理由もそこかもしれません。
雇われではなくフリーランスで生きられるのか。
若気の至りですかね。
でもそんな気分もありました。
もう少ししたらフリーランスの気持ちも分かるのかもしれません。
まだ分かってないのか!と言われそうですけど。


JATSAGM2 2019

京都と神戸の先輩アレクサンダー教師

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019