整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 一点倒立の荒木です。

一点倒立の荒木です。

読了までの目安時間:約 5分

どうも。
一点倒立の荒木です。


一点倒立

先日のアレクサンダー・テクニークの集まりでも。
昨日のセミナーのためのミーティングでも。
会うとすぐに言われます。


あれすごぉ~いっ!
イッテントウリツ!
って言うの!?
頭で逆立ちするやつ!
あんなの出来るんですか!?


出来ます。
と言うか出来るからやってみて写真とった訳です。
そしてもう1つ聞かれることがあります。
あれはどうやって撮影したのか?と言うことです。
簡単です。
タイマー撮影をセットしてシャッターを押します。
三点倒立をしてタイマーが3・2・・となった時に手を離して体の横につけます。
それだけです。
CGって聞かれたこともありましたけど、そんな技術ありません。


誰でも出来るト思ってるんですが、確かに三点倒立が出来ない人には出来ません。
そもそもああいうことを小学生時代から50年もやっていると、何となく普通は出来ると思い込んでしまうクセがあるようです。
良い子は真似をしないでね。
と今ごろ言っておきます。
あの写真をどうして載せたのか。
いい歳してバカじゃないの!?
と思う人もいるでしょう。
いいんです、口には出さなくたって普通はそう思います。
載せた自分自身だってバカじゃないのか!?と自分のことを疑います。
いやどうなんでしょう。
きっとバカなんでしょう。
それは分かってます。
でも少しは意味があります。
と言うか意味を考えています。


世は100歳時代と言われています。
年金生活だと他に2000万円必要なんて金融庁が発表したとかしないとか。
そんなこと今更言われてもと思っても、歳は必ず取ります。
昨日よりも今日は1日歳取ってる訳ですから。
でも、生きているのはありがたいことです。
そして明日も生きていくためには何が必要か。
金・・・ではなくて健康です。
いや金も必要ですけど。
体が不健康では生きていけません。
病気や不調が起こると、生きてても楽しくないし。
そこで、考えました。
昔は60歳と言えば赤いチャンチャンコ来て孫に囲まれて。
でも今はそうでもないでしょう。
現在の70代は若い頃、髪を伸ばしパンタロンのパンツを履いてビートルズやローリングストーンズを聞き学生運動をした世代です。
いやもちろん学生運動はしてない人も沢山いますけど。
縁側に座って煎餅を食べながらお茶を飲み、演歌や民謡を歌っている訳ではありません。
そう言う人もいるとは思いますが、洋楽も聞くしファッションも気になるし、体力だってスポーツクラブでけっこう鍛えてます。
70代がです。
いや70代からかこそだろうと思います。
歳を取ったからと、以前からの既成概念に縛られて爺さん婆さんになる必要はない訳です。
そうは言っても歳を取るとやっぱりねぇ。
体力がねぇ。
なんて言いたくなります。
確かに体力は何もしなければ落ちます。
加速度的に落ちる。
でも何かすれば加速度は止まります。
落ちるのも止まるかもしれない。
そして以前出来ていたことが出来ないと嘆くよりも、ちょっと体を動かしたら出来ることもけっこうある。
そんな風に思ってもらえたらなぁと思った訳です。


あの一点倒立は61歳誕生日の3週間前の写真です。
年寄りの冷や水と言う言葉があって、そうはならないようにしようというのは気をつけています。
でも今現在の自分の体力や運動能力を出来るだけ客観的に見て、出来ることは今まで通りにやっていこうと思っています。
そしてそれを少しだけ知ってもらえたらと思っております。
なんつって。
ついでなので、あの後で撮った写真も何枚か載せておきます。
体操部でもなかったしヨガもやってませんけど、日常的に運動をしているとこれくらいは60超えても出来ますよ。


水平維持

カエル

脚前挙

※ところでこんなことは整体スクールでも【マダカラ】でも他のセミナーでもやりませんからご安心を。
 どうしてもと言う人にはコツくらい教えますけど。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: