整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » どうして整体だったのか。

どうして整体だったのか。

読了までの目安時間:約 4分

会社を辞めて一人で仕事をしようと思って選んだ仕事が整体でした。
ではどうして整体だったんでしょう。


身近だったと言うのはあります。
ダンスを20代から始めていて故障があって整体には通っていました。
今でもあると思いますが、渋谷の宮益坂にある整体院と吉祥寺の住宅街にある整体院、そして池袋駅近くのビルと西武沿線の駅にある小さな治療院でした。
体に興味があったと言うのもあります。
昔からスポーツだけは得意で体を動かすことが好きでした。
人と一体一で相対する仕事と言うのもあったかもしれません。
せっかく独立して自分のやりたい事をするなら、スポーツと舞台のそばにいられるような仕事ってのも良いなと思いました。
運動好きでダンス経験から舞台も好きでしたから。


他にも幾つかあります。
自分にもダンスで故障があって、ダンスの故障を見てくれる整体や医療関係が殆ど見当たらないと言うのもありました。
ダンス用語で説明が出来ないし、理解してもらえない。
ダンスで故障したというと、「じゃあ休んで。」と言われます。
休みたくないから治療に来ているのに、休んでと言われる。
確かに趣味でやっていることで痛みがあるのなら、休んで治療に専念するのは正しい方法です。
でも趣味だし続けたいから来ているのに、休めってのはないよなぁと思っていました。
だからダンスの故障は見たいと思っていた。
あとはいつも書いていることですけど、その時に受けていた先生たちよりも上手く出来るはず、なんて思ってました。
昔の整体はだいたい4・50分は体を緩めて、最後に脚の長さを揃えるとか、頚椎と胸椎と腰椎をバキバキっとアジャストして終わりみたいな感じでした。
どうして説明しないんだろうと思いました。
今日の状態を話して、痛みの原因や何をやったかを説明し、これからどうしていきたいかと言う先生はいませんでした。
そう言う先生もいたんでしょうけど少なかった。
だから、そう言う風にすれば喜ばれて患者さんが集まると思いました。
実際、そうでしたけど。


そして目の前で感謝される仕事だから。
と言うのもありました。
勤め人で管理部門でしたから、仕事相手は基本はパソコン。
週に1回は会議に出たりもしますが、人相手の仕事と言うよりは事務仕事でした。
ありがとうと目の前で言われるのは、ちょっと魅力的でしたね。


そんなことで整体師にしようと何となく決めました。
実は他の選択肢は考えていなかった。
転職と整体はセットでした。
たぶんそう言うものだろうと思います。
仕事を辞めるのと次の仕事はセットだろうと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019