整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 気圧と頭痛

気圧と頭痛

読了までの目安時間:約 3分

雨が降るったり台風が来ると、古傷が痛んだり体調が悪くなったりします。
天気が悪くなると調子が崩れたり、気圧が下がると頭が痛いと言う人がいます。
気のせいなんじゃないの!?
いえいえ。
これ気のせいではありません。

気圧とは空気の圧力のことです。
水圧なんかと同じですね。
深い海に潜ると水圧がかかって体が潰れてしまうのはイメージしやすいと思います。
高気圧も同じで「体の中」が圧迫されます。
低気圧だと「体の中」が膨れます。
ポテトチップスの袋を持って飛行機に乗ると、上空になると袋が膨らむのと同じです。
そんなことしないか。

胃や腸などの消化管の内側や肺の中は体の外です。
皮膚とつながってますね。
だから細胞の入れ替わりも早かったりするんですけど。
胃や腸は食べ物が入っては出て行くし、空気が出入りします。
「体の中」とは関節の中とか頭蓋骨の中など体の中で、外とつながっていない「密閉された空間」のことです。
(胃や腸は体の外とつながってますね。)
だから気圧の変化があると頭痛が起きたりする。
頭蓋骨が圧迫されたり膨らんだりするからです。
それに対応出来ないと痛みや調子の悪さとして出てしまう。
敏感な人はそれを感じる訳ですね。

ではどうすれば良いか。

体を動かすことです。
関節を動かし筋肉を伸び縮みさせて血流を良くします。
血液が流れることで、少しずつ密閉された空間と外の圧力を調整していきます。
血流も良くなるので疲労物質なども流れるのも良いですね。
天候の変化で調子が悪くなったら体を動かしましょう。
まあ普段でも動かすのが良いですけどね。

てあて整体スクールではこんな話もします。
解剖学の授業の中で出てきたり、普段の練習の中で患者さんへのアドバイスの内容としてなどです。
疑問はそのままにしないことです。
理由があってそうなっています。
理由が分かっていれば、他のことにも応用出来て考えられたりします。
そう言う整体師になってもらいたい。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: