整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 気がついたら10月ではありませんか。

気がついたら10月ではありませんか。

読了までの目安時間:約 3分

いや、まだ9月です。
あと1週間ほどは9月なんですが、もう来週には10月です。
10月ですよ10月。
なんだか暑い暑いと言ってたら知らないうちに秋になりそうになっちゃって。
どうしたってんでしょうか。
最近は時間が経つのが早くて早くて信じられません。
というかまあ信じられないほどではないですが、あああああと思っていると年をとったりしてしまうので注意が必要です。

今年の前半は個人的にはとても変でした。
何がということではありませんが、どうも変。
あまり何が起こっていたか覚えていません。
良くないですね。
それが涼しくなって来ると、何となく自分に気がついてきます。
ああそうだそろそろアレだなんて思います。

そう言えば昨年は本厄でした。
ということは今年は後厄。
年齢による区切りで今年が最後のようです。
厄年なんて気にしないと言いたいところですが、実は気にします。
何となくですが体力や気力や知力、そして社会的なポジションのようなものに変化が現れる年齢なんだろうと思います。
なんとなくですけどね。
男の場合はわかりやすいような気がします。
青年期・壮年期・老年期です。
ポジションとしては老年です。
そうは見えないと言われますが、見えないだけで老年は老年です。
ただし、厄年が信じられ始めた平安期とは、青年・壮年・老年の捉え方や意味合いが随分と違っているとは思います。
イメージとしては、青年=少年、壮年=青年、老年=壮年。
後期高齢者になって始めて最近は老年て感じなんじゃないかと思っております。
なので個人的には壮年期のイメージで生きておりますが・・・

馴染まないんです。
自分の年齢が。
自分自身が自分の年齢に馴染まない。
それと社会や周りが見ている私に対する年齢と、自分の中の年齢感覚が馴染まない。
子供ですね。
いい年してと思います。

でも、そろそろ馴染んで来たような気がします。
変な感じは一昨年の前厄あたりから始まっているので、3年かかって抜け出せるのかもしれません。
なんだか年末みたいになりました。
でもまあ覚えている時に書いておこうかと。
直ぐに忘れますからね。
何しろ後厄ですから。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019