整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 体が軋み息が上がる。

体が軋み息が上がる。

読了までの目安時間:約 3分

毎週1回はダンスレッスンに行くようにしています。
いつも行くのは神楽坂セッションハウスの松本大樹さんクラス。
コンテンポラリーダンスというジャンルのダンスです。
どんなダンス?と聞かれますが、答えようがありません。
だってダンスを知らない人にダンスの種類を説明しても分からなくて普通です。
あえて言うなら創作ダンス。
初めて見る人は良くわからないと言います。
良くわからないと言うのは、一般的なダンスはこう言うものだという常識のようなものがあって、それとはかけ離れているからです。
ストーリーはあまり感じられません。
衣装も意味があるようなないようなものです。
だから何だか動いている。
たまに踊っているのか蠢いているのかわからないようなこともあるので尚更です。


最近、気がついたことがあります。
1時間半のレッスンの後半になると、息が上がっている。
息が上がるというのはハアハアするってことです。
レッスンの最初30分くらいは基礎的な体の使い方の練習をします。
殆どは床の上でフロアワークと呼ばれるような内容です。
その後1時間くらいは振り付けをもらって踊ります。
2つか3つのパートに分かれていて、全く違う振り付けを2つくらいやったり、繋げて一つにしたりいろいろです。
その後半部分になると息がハアハアします。
振り付けを踊った後に肩を上下させながら壁に手をついたりしています。
最近のことだと思います。
たぶん50代前半までは息が上がることはなかったと思います。
歳だな。
と思いますが、いやいやレッスン不足だろうと思うようにしています。
どっちでも良いんですが、年のせいにすると気分が悪いんで。


終わって帰り道で体が軋み出します。
軋むというのはたぶん50代以上のダンサーには分かると思いますが、筋肉がスジばって来て全体に微妙に収縮を始める感じです。
あの大リーグボール養成ギブスみたいなもんですね。
通じないか。(笑)
そして体が歪みます。
10年位前から左腰部に脊椎の変形があるので、筋疲労がたまると体が歪みます。
歪みながら軋んだ体を引きずって帰ってきます。
ナニヤッテンデショウ!?
そして翌日は体が重く、翌々日位になると筋肉痛が少し出てくると言う。
ま、しょうがないですね。
アレですから。
まだまだ続ける予定です。
この分だとあと10年は平気で踊りそうです。
そうなると70です。
どうでしょう。
70で踊ってるおじいさん。
それはそれで面白いと最近は思うようになって来ました。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019