整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » プロ野球ドラフト会議

プロ野球ドラフト会議

読了までの目安時間:約 2分

今年もこの季節が来ました。
プロ野球ドラフト会議。
毎年同じことを言ってますが、ドラフト会議が嫌いです。
嫌いと言うより許せないというのが近いかもしれません。

整体業界では患者さんとは政治と野球の話はするなと言われます。
意見の違いがはっきりして喧嘩になるかもしれないからです。
荒木は野球にはあまり興味がありません。
会社員時代には話を合わせる程度には情報収集していましたが、今はもう全く気になりません。
クライマックスシリーズの話をたまに患者さんからされますが、どことどこが残っているのかさえ分らないしまつです。
ドラフト会議は違います。
昔のアメリカのテレビ番組の場面を思い出します。
白黒番組で西部劇でした。
奴隷を売買する場面を描いていたものだったと思います。
壁に売買される奴隷が並ばされます。
並んだ奴隷を白いテーブルクロスのかかった丸テーブルに座った白人が品定めしています。
奴隷の特徴や能力が説明され値段がついて落札されるような格好で売買されます。
奴隷は黒人が買うのは白人が演じていました。
白人の中には女性もいたと思います。

ドラフロトは高校生を売買しているようにしか見えません。
どんなに理由をつけようがそう見えます。
偏見だと言われるかもしれませんがそう見える。
このシステムは酷すぎると思います。
どうして職業選択の自由に抵触しないのか不思議です。
そこにはうまい説明があるんだろうと思います。
そして悲しいのは殆どの人がドラフトを受け入れていることです。
自分が行きたい会社の試験さえ受けられないんです。
そんなのアリでしょうか。

ま、そんなこと考える人はいないのかもしれませんけど。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019