整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 内なるスペースの話 ~ アレクサンダーテクニーク

内なるスペースの話 ~ アレクサンダーテクニーク

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダーテクニークは自分の使い方の教育方です。
自分の使い方とは行動や動きと考えや思考のことです。
人は体だけでも心だけでも出来ていないので、その両方を扱っているのがアレクサンダーテクニークです。
何かが上手くいかない時、体はやらなくても良いことをやっていたり、それが変な習慣やクセのようになっていることがあります。
その習慣やクセから離れるために、イメージを使うこともあります。


内なるスペース


何だか大げさです。(笑)
体の中のスペース(空間)のことです。
例えば肩と胸の間、脇の下あたりのスペースの話を良くします。
上半身は逆三角形だとか四角だとか思っている人がいますが、実は違います。
肋骨は上がすぼまったドーム型のような格好をしています。
卵の半分みたいな形ですね。
肩とその卵の間が脇の下あたりになりますが、そこには大きなスペースがあります。
肋骨の外なので内蔵はありません。
背中側に肩甲骨がありますが、肩甲骨は薄い板のような骨です。
このスペースには表層に筋肉があって、中には血管や神経が少し走っているだけです。
脇の下に手を入れて確認すれば、大きなスペースが空いているのが分かります。


このスペースをイメージするだけで肩から肘にかけての腕の動きが変わりませんか?
何だか無理やりですけど。
ここは動いて良いんだ。
スペースがあるんだ。
固まった胴体ではないんだ。
ということを知るだけでも少し変わるかもしれません。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019