整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 予防

予防

読了までの目安時間:約 4分

最近聞いて驚いた話がある。


熱が出るのを予防するために薬を飲む。
子供が社内で泣かないように風邪薬など眠たくなる薬を飲ませる。


えっ!
えっえっ!?
そうなんですか?
最近は。
そう言うことなんですか!?
とまあ一瞬かなり驚きました。
でもよくよく考えてみると、驚くほどのことではないのかとも思いました。
いや、予防と称してこういうことで薬を飲むことについては、驚くべきことです。
でも、そういうことで薬を飲もうと思う人が増え飲む人が増えてくる現代という時代の風潮については、驚いても仕方がないし、最近はそう言う傾向になって来ているんだろうとも思います。
いややっぱり驚きますけど。


さて、どうして荒木が驚いているのか理解出来ない人がいると思います。
予防のために薬を飲むのは普通ではないのか。
子供が社内で泣いて周りに迷惑をかけないために寝しつけるために薬を飲むことは仕方がないじゃないか。
そう思っている人たち、あるいはこれに似た考えの方々です。
非難している訳ではありません。
非難したいと思っている訳でもありません。
そうなんだ。
今はそう言う時代なんだと少し肩を落としてしまったということなんです。
個人的に。


薬は症状を消したり無くしたりするために飲みます。
対症療法と言われる通り、症状に対応するためのものです。
主にですよ。
全てではない。
だから症状が分かっていれば飲む。
でも。
まだ症状が出ていない。
熱が出ていない状況で飲むのは、早いんじゃないか!?と個人的には思います。
自分で対処出来ることがあるかもしれないのに。
面倒だってことでしょうか。
あるいは不安だということでしょうか。
どちらもあるかもと思いますね。
で、そこでです。
やっぱり整体師などやっていますと、そこを啓蒙出来ない自分というのもある訳です。


薬、飲まなくても出来ることあるよ。と。


そこを知らせるのも自分の仕事だったなと。
なのに薬飲む人増えていると。
だから、忸怩たる思いというか。
ね。
赤ん坊はどうでしょうか。
社内で寝かしつけるために薬。
これはつい最近聞きました。
どうなんでしょう。
子供に。
まだ完成せれていない人間です。
赤ん坊は泣くものです。
泣くのが仕事。
泣かせてあげても良いと個人的には思っています。
聖人君子ではないので、社内で泣いているとオヤッ!とは思います。
しかし、ノイズとは聞かず、子供の声だぁ(笑)と口角を上げて聞くようにしています。
すると、なんとなくのどかな気持ちになります。
あああ、泣いてるなぁ。
腹減ったのかなぁ。
おしめ気持ち悪いかな。
もうちょっとダゼ。
頑張ろう。
みたいな。


予防というのは予め(あらかじめ)防ぐという意味ですね。
そのために薬を使わない方法を知ると、お金使わなくてすみますよ。おと~さん。
熱が出そうだったら、服を多めに着るとか、レグウォーマー履くとか、耳あてするとか、生姜食べるとか飲むとか、少し体を動かしてみるとか。
子供は泣かせても良いけど、あらかじめ授乳するとかね。
いやたぶん薬を考えるお母さんはしてますね。
やっぱり周りかな。
せめて生暖かい目くらいで見てあげましょう。
つんけんしないで。
イラッとしたって子供は泣き止みません。
それより。
ニコっとする方が泣き止んだりします。
子供は皆の宝なんだから。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019