整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 身体の使い方

身体の使い方

読了までの目安時間:約 3分

ダンスを初めて数年という大学生に「身体の使い方」の話をしました。
腰痛があって整体院に来たものの、話を聞いていると身体の使い方を聞きたいということだったのでそうなりました。
てあて整体院には個人セッションというコースがあるのでそれですね。


立った姿勢や腕を動かす動作を見て、これはボディマッピングの話から始めるのが良いかと思いそうしました。
ボディマッピングは身体の地図などとも言われ、ボディワークではよく使う手法です。
頭の中にある身体の地図を書き換えることで、身体が動き易くなるというもの。
身体の地図は頭の中に出来ている身体に対する認識のようなもので、身体はこんな形をしていてここから動く、というようなものが出来上がっているというものです。
出来上がった認識は習慣のようになって、身体をいつもそこから動かそうとします。
例えば首は顎から下だという地図を持って動かしていると、顎から上にある首の部分は動きにくくなります。
(首の骨は耳の間くらいまである)
セミナーなどでやっている内容を1時間くらいに凝縮して話をしました。
話をしながら少しずつ身体を動かしたりもしました。


最後の方には少し動きも変わりましたが、まだまだ納得の行くものではありません。
でも、考え方が変わり、感覚が変わる体験をしてもらえば、後は自分でもなんとかなっていくと思います。
コンテンポラリーダンスを踊りたい、仲間とパフォーマンスをしたいと言うことだったので、ダンスレッスンの進め方だとかダンスの種類の話だとか、発表のことだとかも話をしました。
ダンススタジオもあまり知らないようだったので、ジャンル別にいくつか紹介もしました。


「体の使い方」を知らない人が多そうです。
多かろうが少なかろうが、これから必要になってくることは間違いない。
学校で教えてもらっていない、と言うのは最近の人からよく聞く言葉です。
体の使い方が分からなければ、姿勢や歩き方が悪くなり、スタイルだけでなく健康にも影響が出てくることは目に見えています。
O脚や猫背や巻肩やストレートネックや腰痛や肩こりも、体の使い方の結果増えてきているように思います。
教えてもらうことだけが知ることではありませんが、知る機会が少なくなっていることも確かです。
何とかしろと言われているような気がします。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019