整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 散歩の功罪

散歩の功罪

読了までの目安時間:約 6分

河野書店・てあて整体スクール

昨日は散歩。
午前中に「グッドライヤー」を観にミッドタウン日比谷まで出かけた。
ヘレンミレンとイアンマッケランという老優二人のミステリーということだった。
最近はやっぱり暗く重いものを選んでしまうのか、面白くはあったんですがちょっとアレでした。
ミッドタウン日比谷は初めてで、歩く姿は明らかにお上りさん。
それにしても丸の内辺りは何だかNYのどこかみたいですね。
ちょっと場違い感があったので散歩は渋谷・下北コースにすることにしました。
そう言えば地下鉄銀座線の渋谷駅が新しくなったとのことだったので、少し遠回りして銀座線で向かうことにした。


渋谷駅前をそそくさと抜けて、東急本店の左を文化村の方に歩いていくと、神泉の駅に向かう道になる。
昼ごはんどうしようかと思いつつ、どこかでトマト味のパスタがあったら食べようと歩き続けました。
途中に松涛美術館を右に見ながら、ゆるやかな坂を上ると山手通りに出る。
そこを反対側に渡って、今度は坂を下りていくと、もう駒場につく。
日差しが強くなって来たのでセーターを脱いで鞄に入れる。
駒場の静かな道を歩いていると、左にアゴラ劇場。
そこを過ぎて駅に近づくと、右手に写真の「河野書店」がある。
見た通りの古本屋さん。
とても静かで散歩のときはいつもここで時間をつぶしてから下北沢に向かうことになる。
昨日もそう。
中は専門書のようなものが多く、しかも他の古本屋さんと違ってとても整然としている。
本が新しいのか状態が良いのか、埃や紙が陽にやけた感じが全くない。
で、外のラックを見ることになる。
池田清彦さんの本が目に留まった。
池田さんはTVでたまにコンメンテーターとして見る。
意外に辛辣なことを言っているが、人が好さそうにニコニコしているので嫌な感じがしない。
ツィッターをフォローしてみると、辛辣というより強い口調で意見を言っていて図太い芯が通った方だと分かった。
200円ということもあり、まだ本を読んだことがなかったこともありで、「科学は錯覚である」を購入。
なんか良い買い物とか思いつつ、駒場東大前の駅を通り過ぎる。


駅を反対側に抜けてしばらくしたら、すぐにまた踏み切りを渡る。
少し坂を上ると住宅街に入る。
入り組んだ道の割に、何度も通っているので、なんとなく下北沢方面に歩いていく。
いったん坂をぐぐっと下がり、ちょっと谷のようになったところを過ぎて上ると、池ノ上の駅のそばに出る。
そこからまた今度はゆるやかな坂が下北沢方面につながっていく。
井の頭線を右手にイメージしながらなんとなく降りていくと、下北沢の端に出る。
以前とここも少し変わってビルが増えたような印象。
そのまま下北の街に入るのも何だな、そう言えばトマト味のパスタはないかな、と思いつつ、下北駅を左手にイメージしながら、少し下北沢タウンホールの方に向かう。


そうだ「ほん吉」に行こう。


ほん吉は10年くらい前に見つけた古本屋さんで、確か女性が一人で起業して始めた店だったと思う。
以前、日本庭園の本や「THE HUMAN FIGURE IN MOTION」という1955年出版の写真集を購入したことがある。
HUMAN FIGUREは歩いているところや走っているところ運動しているところの連続写真で、昔は動作分析や解析に使われていたものだろうと思う。
昨日は河野書店で買ったし、なんとなく冷やかしのつもりで入っていきました。
中に入って左手、奥の床の上に置かれた箱の中に、「へたも絵のうち」という熊谷守一さんの本があったので手に取った。
熊谷守一さんは昨年「モリのいる場所」で映画になった画家で、高齢になるまで現役で素敵な絵を描かれていた方でした。
箱に入っていたので中の本を取り出してめくると、絵葉書になった年賀状が3枚と封書と新聞切り抜きが挟まっていた。
宛名は知らない人だが、絵葉書を出したのは署名から見て熊谷守一さん本人のよう。
何度見ても本人のサイン。
そして本の表紙の裏にも熊谷守一さんのサインがある。
ありゃりゃこれは。
と思いましたね。
で、値段を見た。
うっう~ん、どうしよう。
高額ではない。
単行本数冊分の金額。
ちょっと呑んだなぁ・・・ってくらいの金額です。


買いました。
よ~く見ると熊谷さんの絵は印刷のようでしたが、サインは全て本人の肉筆です。
宛名の人を調べてみると、熊谷さんの作品のほか、岸田劉生さんや梅原龍三郎さんのコレクションも所有していた方のようでした。
封書の中身は「へたも絵のうち」の出版に際して、宛名の方が尽力されたようで、日経新聞社からの手紙でした。
絵葉書を額装してどこかに飾ろうかと思いましたが、宛名の方のコレクションを展示する美術館があるそうなので、そちらに寄贈した方がよいのかとものかとも思ったり。
とは言え購入金額くらいで買ってくれないかなぁ、なんて思ったりして。
どうもせこいねと思ったりしております。
でまだ決めかねている。


散歩は時に面白いことが起きるものです。
てことは功罪ってことはないか。
でもたまにこうやって出費がかさむことはあるわな。
ということで、トマト味のパスタは本に替わり、空腹で帰って来ることになりました。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019