整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » おすすめ本

おすすめ本

読了までの目安時間:約 3分

家にいる時間も多くなっていることと思います。
整体師になったばかりの皆さんやこれからセラピストを目指そうという方に向けて。
時間があったら読むと面白いと思うよという本たちです。
個人的に好きな本なのでお薦めします。


ポリヴェーガル理論入門 >>>
(ステファン・W・ポージェス著 春秋社刊 2500円+税)

自律神経系に対する新しい理論。
セラピストは知っていると良い内容だと思います。
かなり読みやすい。

脳の中の身体地図 >>>
(サンドラ・ブレイクスリー、マシュー・ブレクスリー著 インターシフト刊 2200円+税)

脳にある体の地図について解説された本です。
あああと思う人も多いと思いますが、思っている以上の内容になっています。

目の見えない人は世界をどう見ているのか >>>
(伊藤亜紗著 光文社文庫 760円+税)

少し変わった経歴を持つ著者
目の見えない人は、4本ある椅子の脚が一本ないのではなく三本足の椅子、というような表現があり、視点が変わった記憶がある。

動的平衡 >>>
(福岡伸一著 木楽舎刊 1524円+税)

分子生物学者の福岡伸一先生の本
人の命の営みは絶え間ない流れの中にある動的なものだ、というようなことが書かれていた。
これも発見でした。
他に「出来損ないの男たち」なども面白い

唯脳論 >>>
(養老孟子著 青土社刊 1600円+税)

養老先生の本
世界は脳が作った、脳化された社会、というような、バカの壁につながる原典のような本

胎児の世界 >>>
(三木成夫著 中公新書 700円+税)

個体発生は系統発生を繰り返す、ことを広めた三木先生
養老先生の師匠筋にもあたるらしく、系統解剖学や進化について面白く読める

疲れないカラダの使い方図鑑 >>>
(木野村朱美著 池田書店刊 1200円+税)

アレクサンダーテクニーク教師の木野村さんの書いた本
難しい理論や解説ではなく見やすく分かりやすい体の使い方の本になっている。


とりあえずこんな感じでどうでしょう。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019