整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 男の料理

男の料理

読了までの目安時間:約 3分

訳あって2月くらいから月の半分くらいカミサンが家におらず、息子の分も合わせて料理を作っております。
仲が悪いって訳じゃないですよ。(笑)
週に3・4日作ってるんですが、面白くなって途中から先月くらいから写真を撮りだしました。
ネタに使える!?なんて思った訳ですね。
とは言え、おじさんの料理です。
基本的に焼くか炒めるだけです。
でも参考になるかと思って何作ったか書いておきます。
夕食分だけです。
この他に朝飯とお昼の弁当も食べるときは作ってます。
まあ、朝昼はこの夕食に比べてさえ、かな~り~適当なので写真なんて撮れません。
写真の上の左から右、中段の左から右、下段の左から右の順に書きます。


男の料理1・てあて整体スクール

・ブリカマ焼き+ほうれん草卵(煮物的)+キムチ
・チャーハン
・豚肉とホウレン草とキムチ炒め
・赤魚焼き+ほうれん草卵豆腐(煮物的)+鳥手羽先焼き
・焼うどん
・レトルトカレー+えのきベーコンバター炒め+無限ピーマン
・豚肉とセロリ炒め+ソラマメとエビのフライ(惣菜を買ってきた)

この中では豚肉とセロリ炒めが旨かったかな。
豚肉にちょっと片栗粉着けて炒めたりして。


男の料理2・てあて整体スクール

・アジの開き焼き+茄子炒め
・豚肉とホウレン草とニラのキムチ炒め
・豚肉チャーハン+水餃子(買ってきた)
・大根と豚肉のオイスターソース炒め+タケノコ煮(惣菜を買ってきた)
・さんまの開き焼き+ほうれん草卵豆腐(煮物的)
・チャーハン+豚肉キムチ炒め
・もやし炒め+餃子(買ってきた)
・ゴーヤチャンプルー+ひじきとレンコン煮(これはカミサン作)

この中だと大根と豚肉のオイスターソース炒めが旨かった。
そして豚キムチとホウレン草卵が多いね。
ま、いいか。
男二人の食卓だから。
参考になる?

ところで整体師は料理が出来ないとダメだと、昔、整体を教えてくれた先生から言われたことがある。
あの手を超える先生は20年経ってもいない。
その先生が言ってたんだから、間違いないのかなと思いながら料理をしたりする。
授業中に餃子を焼いてくれて、教室で食べたことがある。
面白い先生だった。
男性で整体師になりたかったら、この機に料理でもしてみて下さい。
何か見つかるものがあるかもしれない。
いや、ないかもしれない。(笑)

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019