整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 営業自粛

営業自粛

読了までの目安時間:約 5分

パチンコ店が営業自粛要請に従わず営業を続けたり再開したりしている。
けしからん。
ええかげんにせい。
という声を聞く。
自分は自粛して大変なのに何なんだ。てのは分かる。
でもパチンコ店の側はどう思っているんだろうか。
飲み屋さんや個人で仕事をしている人は、仕事が出来なくなって上がったりだから補償をしてくれという。
それとこれとは違うんだろうか。
パチンコ店が開いていて、感染リスクが高まるのはパチンコ店で働いている従業員とパチンコに勤しむ方々だろうと思う。
他県から沢山の人が来るので感染リスクが増えると言う人もいるが、多くは車で直接来ているし、電車で来たとしても、避けていればそれほどリスクは高まらないのではないかと思う。
パチンコ店が開いていたら、その道を避けて通れば感染リスクは高くならないと思うがどうなんだろう。

もう一度。
パチンコ店の側はどう思っているんだろうか。
要請要請と言ったって、定義により自粛は「自ずから進んでつつしむ」ことでしょう。
自ずからというのは人に指図されず自分で解釈して決めるということでしょう。
パチンコ店の人が、自分らは営業自粛をしたら倒産してしまって従業員もろとも露頭に迷うんだけどどうしてくれるんだ、補償をしてくれ、それが出来ないから営業続けてるんだ、こっちだって出来れば感染リスクが高まるからやりたかないんだ。
と言ったらどうするんだろう。
んなの知るか、パチンコなんて遊興施設なんだからこんな時はやめて当然だ、ってことなら、飲み屋さんや個人で仕事をしている人も同じことを言われてしまうことにならないか。
天に向かってつばをはいているようなものにならないか。

じゃどうすれば良いんだろう。
一つ思うのはやっぱり、パチンコ店がやってて、ヤなら行かなきゃ良いし前を通らなきゃ良いんではないか。
問題は自分の感染リスクでしょう。
わざわざパチンコ店はけしからんと言ったところで問題は解決しないように思う。
彼らにだって思うところはあると思う。
人のことをとやかく言わない方が良い。
(この場合の人には国は含まれてないから、国にはとやかく言っても良いと思うけど。)
例えば自粛要請ではなく営業禁止だとか人権を制限するような罰則付きの規定のついた法律を作る方が良いなんて声も聞く。
でもそれ本当に良いのか?と思う。
個人的には人権を制限されるような法律は絶対に嫌だ。
国や人からとやかく言われたくない。
言われないように行動出来るようにしていたい。
そのために何かが起こった時に、自分で考えて行動や自粛が出来るような状態にし、とやかく言われる前に自粛したり行動したりするようにしたい。

国は自粛を要請するなら補償をすべき。
と思う。
パチンコ店だって出来れば営業自粛したいでしょう。
従業員だってお客さんだって感染して欲しくない。
それが出来ないのは、休んだら露頭に迷うからかもしれない。
本当は営業自粛しても一二か月くらいは持ちこたえられるだけの資金的な体力があれば良いんだろうけど、そこを手当していなかったんだとしたら、そこは考えてもらいたいとは思うけど。
そこは他の仕事でも言えることかと思う。

とは言え、もし何かが起こった時、自分のやっている仕事はどんな仕事で、こういう時はどうなるかということは考えておいて良いと思う。
お医者や食料品販売などのお仕事をしている人は、営業自粛はないでしょう。
それがなくなったら生きていけないから。
ではその次に何が来るのか。
芸術なのか文化なのか、飲み屋さんなのか癒しなのかギャンブルなのか。
順番によっては、非常事態には仕事が出来なくなる可能性があるかもしれないことは考えておくと良いと思う。
本当に必要なものと、行政や政治が必要と判断するかは別だけど。
自分としては人の生活にとって、どんな位置にあるのか。
今、また一度考えるのに良い時期かもしれないと思う。

パチンコ店が営業自粛しないのはけしからん。
という声を聞いて少し考えました。
パチンコ店にはパチンコ屋の考えもあると思うところです。
自粛すべきなのかどうかは、自分には分かりません。
自粛出来るならした方が八方収まるようにも思うけど、やっぱり何か考えがあってのことだろうとも思う。
今、どんな状況でそういう判断をしたのか、聞いてみたいと思っているところです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019