整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体あるある » ストレッチして下さいでは何も変わりません。

ストレッチして下さいでは何も変わりません。

読了までの目安時間:約 4分

腰痛や肩こりで整体院に行くと、帰り際や施術が終わった後に言われることがあります。


ストレッチして下さいね。
アキレス腱伸ばして下さい。
一日二回はやりましょう。
肩回りのストレッチが大事ですね。


みたいなことを言われます。
これ全然効果ありません。
先ず患者さん側にとって。
アキレス腱のストレッチをしようと思って、自分の知っているアキレス腱ストレッチをするとします。
そのストレッチが整体師がやって欲しいストレッチと違っているかもしれません。
そのストレッチで伸びているのはアキレス腱ではないかもしれません。
どれくらいの時間伸ばせば良いのか分かりません。
そして実際は、やろうやろうと思っているのに、時間がないことに気が付きます。
朝は忙しいし、帰ってきたら疲れているし、やらないうちに布団に入っていたりします。
一日やらないと次の日も忘れがちです。
結局、やらない。
やったとしても間違っていたりします。
整体師にとってはどうでしょう。
上に書いたように、患者さんは結局やってくれません。
やったとしても間違っていることがあります。
一番良くないのは、患者さんにはストレッチの指導をしたと自分で満足してしまっている。
結果が出ていないのに。
そうなると次には来てくれなくなります。
教えられたストレッチをやったのに、良くならなかったから。


どうすれば良いんでしょう。


簡単です。


どんなストレッチをするか実際にやってみせます。
次に患者さんに同じように実際にやってもらいます。
やり方が違っていたら、ここで確認アドバイスします。
これで確実にやってもらいたいストレッチを伝えることが出来ます。
次はこのストレッチを実際にやってもらうための確認です。
一日のうちのいつやるのかを決めます。
朝、歯磨きをしている時なのか、通勤電車の中でなのか、会社についてからなのか、家に帰って来てからなのか、帰って来た後ならお風呂の前なのか後なのかご飯の後なのか前なのか、それとも寝る直前の布団の中なのか。
そしたら場所も確認します。
洗面所とか布団の中だとか電車の中とか。
そして回数や時間を言います。
これでOK。
もう患者さんは逃げられませんね。(笑)
一日のうち、いつ、どこで、何を、どんな風に、どれくらい(回数・時間)やるか、確認されてしまった訳ですから。
ひゃ~怖い。
だから出来ない設定はしません。
時間がないのにやるなんて言っても出来ませんから。
本当に絶対出来なさそうなら、別の方法や場所や時間を考えます。
出来ることで、ちゃんと続けてもらうことで、効果を出すことが目的ですから。
そして次に来院された時には確認するからねと伝えておけば。。。。ね。


ストレッチやっといて下さいね。
というのは調子が悪いのなら体に気を付けて下さいねという、挨拶と同じくらいの効果しかありません。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019