整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » カリキュラム・授業料などの変更について

カリキュラム・授業料などの変更について

読了までの目安時間:約 5分

こんにちは。
てあて整体スクール 荒木です。


てあて整体スクールは現在(2020年6月)、新規の生徒さんの募集を止めております。
新型コロナウィルス感染症の影響で4月5月は募集を中止しておりましたが、その後の6月も募集をやめているのには理由があります。
カリキュラムや授業の受け方や授業時間、授業料などの見直しを考えています。
少し前にこのブログに書いた時には、見直しを考えているがそのままになるかもしれないと書きましたが、たぶん変更になると思います。
授業内容はそれほど大きな変更にはなりませんが、授業の受け方についてはかなり大きな変更になると思います。
今のところ6ヶ月のカリキュラムを12ヶ月(実質10ヶ月)にしようと思っています。
倍ですね。
期間が倍になります。
替わりに1日当たりの授業時間を4時間から3時間に変更する予定にしています。
とは言えこれまで通り、授業の無料リピート制は継続する予定です。


ここのところ3年位の卒業生の在籍日数を計算してみました。
驚くことに約2年(24ヶ月)在籍されていました。
基本のカリキュラムは6ヶ月なので、平均して4クール受講していることになります。
同じことを4回も受けてから卒業される方が殆どだったということになります。
(3年前に特に長い期間在籍される方が多かったので、直近2年だともう少し短い期間になります。)
驚きました。
ちょっと本当に驚きました。
ここ5年くらいはそういう傾向があると思っていました。
スクールを始めた15年前は平均して、8ヶ月から10ヶ月くらいで殆どの方が卒業されていました。
それが最近は2年近くになっていたことになります。
そして基本カリキュラムは6か月です。
こうなると、荒木の指導法や心構えが実情と合っていないことになります。
半年から1年の間に卒業してもらおうと思って指導しているのと、(結果的にではありますが)2年近くをかけて卒業している生徒さんとでは、一回当たりの授業に求めるものも違います。
ゆっくり勉強しようと思っている人に、今日、覚えてもらおうと指導している訳ですから。
リピート受講はきちんと出来るようになってから卒業するためには必要なシステムだと思っていますが、それが逆に長期間いることが出来るための甘えになっていないかという気持ちもあります。


今回、基本的なカリキュラムを1年(12ヶ月)にしようと計画しているのは、その溝を埋めようと思ったことが一つです。
1年位をかけて手技や整体師・セラピストとしての考え方を体に染み込ませるように指導するように、指導方針を変えます。
そのために入学してすぐの時期には指針整体を受けてもらえるようなカリキュラムにする。
そうなると、入学時期がいつでもOKというのは難しくなります。
現状では年に4回の入学時期に変更して、それ以外の月には入学が出来なくすることになると思います。
その上で時間がやっぱり足りない人にはリピート受講をしてもらえるようにリピート制は残します。


もう一つは必要最小限だけでなく、プラスアルファを身に着けて貰いたいと思います。
半年間6か月で整体師に必要な最小限の技術知識を身に着けてもらうということを目的に指導して来ましたが、必要最小限の技術・知識では心配がぬぐい切れない人が増えました。
10年前と違い慎重になっている人が多いということだと思います。
大丈夫だよ。
心配しないで。
やってみれば良い。
というのは簡単です。
だってやってみれば出来し、それだけの技術・知識は身についているから。
でも、心配があってはそれが出来ません。
心配を減らすためには、臨床経験が必要です。
それをカリキュラムやカリキュラム以外にも組み込んでいくことを考えています。


もう暫くしたら新たな体制で募集を始めようと思います。
入学を考えている人で何か疑問や質問があれば、いつでも連絡下さい。
お待ちしています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019