整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » アレクサンダーテクニーク・グループレッスン

アレクサンダーテクニーク・グループレッスン

読了までの目安時間:約 5分

今日は月例のアレクサンダーテクニーク・グループレッスンでした。
いつもは6名の参加で行われているんですが、新型コロナウィルス感染症の広がりもあり、今日の参加は2名でした。
それぞれの事情があり考え方がある中、2名参加されるとのことでしたので、開催することにしました。
ちょうど3名位までであれば、ソーシャルディスタンスも取れますから。
てあて整体スクールの部屋は夏の午前中は日が当たらず涼しいので、窓を開け扇風機をかけっぱなしで風の通る状態にし、換気を取りながらやりました。


今月から拙著「『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)」を使ってのレッスンです。
第1章から第3章まで話をしたり、確認をしたり、少し触れたりしながら行いました。
どうしてこの本を書こうと思ったのかが第1章です。
誰しも目から入る情報を元に日々生活しています。
自分の体についても、見た目から判断した認識や常識と思っていることを元に動かしています。
指や腕は、手のひらや胴体から出た細い部分に名前がついているし、見た目も細くなっています。
言葉でも分けられ、見た目からも別ものとみえると、そこが別々に動くように思います。
それはまあ当然のことです。
でも、手指はどこから曲がるかというと、手指の付け根ではなく、手のひらから曲がるように出来ています。
指の第三関節は手のひらの中にありますから。
腕も同じで、肩から先だけが腕として動くと思いがちですが、実際には胸の中央にある胸鎖関節から動くように出来ています。
ただし、見た目はそうは見えないですけど。
そんな勘違いというか認識の違いを確認するだけで、動かし方を変えようと思わなくても、動きが変わる。
ということを伝えたくて書きました。
この本に書かれていることはほんの一部です。
自分でも動きが気になる場所があれば、調べてみて動かしてみて確認するだけで、動きが変わるかもしれない。
そんな話をしました。


第2章・第3章は、首から頭と胴体の話。
ここはハンズオンワークなどしながら、自分の体を確認して行きました。
(ハンズオンワークはアレクサンダーテクニークの手法の一つで、触れることで自分に気づいてもらったりします。)
今日の体はやはり少し緊張があるように感じました。
コロナのこともあるんだろうと思います。
気が付いていないけれど、硬くなったり動かなくなったりしています。
そのことを何とかしよう、ということではなく、自分がやっていることに自分の体が気が付くように。
観察をしながら動きに注目する練習をしました。


反った姿勢

頭と首の話をしながらハンズオンをし、首の自由さをイメージしてもらい、首頭からつながる背中のことを想ってもらいました。
あれ~これだと反っている感じがします。
というのが写真の座り方になった時の感想でした。
自分のイメージと感覚とがどんな関係になっているか知ってもらいたくて、写真を撮ってみてもらいました。
あれっ反ってないですね。
へ~そうなんですね。
という感想。
そうなんです。
自分の感覚がそのまま正しいという訳でもないかもしれませんね。
という話をしました。
かと言って、反るぐらいにすると、こんな風に真っすぐになる、というのではないので、そこのところは確認が必要です。


ライダウン

最後にライダウンという手法をしてみました。
家に帰っても出来る、自分を感じる方法です。
何度かやったことはありますが、つい忘れがち。
たまに確認のためにやってみると、自分の状態が分かることが分かりました。
今日は2時間ゆっくりと体の状態を観察したり、動いたりしてみたので、横になると背中の広がりが分かりやすいとのことでした。


来月は9月6日(日)です。
情況がどうなっているか分かりません。
ひょっとしてまたオンラインレッスンにするかもしれません。
いずれにしても、たまに自分のことを観察し感じる時間が必要ですね。
ということで終わりにしました。
お疲れさまでした。


このグループレッスンに興味のある方は問い合わせ下さい。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019