整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 呼吸

呼吸

読了までの目安時間:約 6分

呼吸は意外に難しい

最近、呼吸が浅い人が増えているように思います。
新型コロナウィルス感染症に関連して、自粛やリモートワークなど増えています。
感染の心配やストレスもあるし、外出の機会が減り体を動かすことが少なくなったこともあるかもしれません。
そんなこんなが影響しているのか、呼吸が浅い。

呼吸が浅いからと言って、すぐに何か直接的に調子が悪くなったり故障したりということはないと思います。
ただ、何となく調子が悪いとか気分が上がらないとか、疲れがちょっと抜けにくいとか、疲れやすいとか。
この暑さも相まって頭がはっきりしないとか。
そんなことが続くと、肩こりや首凝り、お腹の調子の悪さも始まったりして、夜寝付けないとか。
そうこうしていて、やっぱりだんだん調子が悪いなぁということになる。
ただ、原因の根本に呼吸があるとは考えていないので、原因不明。
どうしてなんだろう、コロナのストレスかな、運動不足かな。
というようなことになる。

呼吸は意外に難しい。

誰でも生きていればしていることなので、息を吸ったり吐いたりが難しい訳ではありません。
寝ていてもしているし、起きて歩いていても、仕事をしていても止まることはあまりありません。
なのに難しいとはどういうことでしょうか。



呼吸を難しくしているもの

世に呼吸法というのが沢山あります。
〇〇呼吸法。
こうやれば大丈夫。
いろいろな事が言われます。
荒木も昔は、「息を吸うから吸いにくい、先ずは吐くこと。ゆっくり息を吐けば、後はある程度勝手に入ってきます。」みたいなことを言っていました。
例えば肺の普段の容量を100とします。
そこに息を吸うと、20の空気が入ってくるとします。
そうすると、100が120になって20増えることになります。
出入りは20だけです。
ところが、先に20位息を吐いたとします。
この時点で肺の容量は80になっています。
80からから息を吸うと、120まで空気が入ることになります。
差は40。
40の空気が出入りすることになる。
先に吸うよりより多くの空気が出入りすることになります。
その上、息を吐く時に、横隔膜や肋間筋など呼吸筋を使います。
筋肉は使うと緩む(柔らかくなる)という性質があるので、呼吸筋が動きやすくなるという効果もある。
だから、呼吸は吸うよりも、先ずは吐くことだ。
なんて話をしました。

間違ってはいないと思います。
確かに呼吸はしやすくなります。


呼吸をどう捉えるか

ただ、ここで問題が出てきます。
呼吸には二種類あるということです。
寝ててもしている呼吸と、自分の意志で行う呼吸です。
自律的に行っている呼吸と、運動神経を使って行っている呼吸です。
息を吐いてから吸うことは出来ますが、常に意識的に寝ている間も、呼吸のことを考えていない時も、知らず知らずのうちに、吐いてから吸うということは出来ません。
知らず知らず自律的にする呼吸をコントロールする。
呼吸をどうしようと思っていない時の呼吸法をコントロールする、あるいはコントロールが出来ないのであれば、その自分の自律的な呼吸を本来的な呼吸に整える。
極端に言えば、意識的に行っていない自律的な呼吸を、意識的に改善したり変えたりするということ。
これはなかなか難しい。


どう呼吸するのか

難しいからと言って出来ない訳ではありません。
それを指導されている先生もいます。

個人的には呼吸は「自然に入ってくるものを止めない」ことだと思っています。
さっき吐くって言ったじゃないか!
いやいやすみません。
先に吐くのは、呼吸する器官としての肺や横隔膜や肋間筋やその周りの筋肉たちを、呼吸しやすくさせてあげることで、呼吸という自律運動を変えている訳ではありません。
息は吐くよりも、自律的には入って来ている、という感覚が最近はあります。
(これは変わるかもしれませんけどね。)
そして呼吸が上手くいかないとき、呼吸が止まっている時は、止まっている、のではなくて、止めている。
んです。
だから入ってくる呼吸を止めない。

止めないために大切なことは、柔らかくいること。
これも少し情緒的な表現ですが、物理的にも胸郭周りの関節や筋肉の柔らかさのことも含んでいます。
ただ、骨や筋肉だけではなく、生きている人間としての在り方として、柔らかくいる。
なんだか禅問答みたくなりましたが、けっこうかなり分かりやすい表現かと思います。
自然に起こっている、「息が入ってくる」という自律運動を、止めないようにする。
止めようとすることに気が付いて、止めるのをやめる。
そうすると自然に息は出入りしてくれるように思います。

また、少し考えます。
今現在考えている呼吸に対する印象です。

呼吸大切です。
肩こりくらいはすぐ直るかもしれない。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019