整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 自分を信じて良いんですね。

自分を信じて良いんですね。

読了までの目安時間:約 4分

先日、アレクサンダーテクニークを受けた方の言葉です。


今を信じて良いですね。
自分を信じて良いんですね。


人生相談をした訳でも、特にそんな話をした訳でもありません。
身体の使い方のレッスン(アレクサンダーテクニーク)をしただけでした。
荒木のアレクサンダーテクニークのレッスンでは、「観察」「気づき」「インヒビション(抑制)」「ディレクション(方向性・指示)」といった手順を踏むことをします。
全てではありませんが、殆どの生徒さん(受ける方)にそんな話をします。
先ずは自分がやっていることを観察する。
知らず知らずのうちにやっていること、習慣的になってしまって気づいていないことに気づくために。
観察します。
これがなかなか難しいことがあります。
習慣ですから、知らないうちにそうなっている。
それが前提のようになっていたりする。
他の方法や道筋や手順は、ないように感じてしまうこともある。
これ以外出来ない。
”これ”は習慣ではなく、必然で、どうやってやってもこうなる。
そんな風に思ってしまう。
でも、先ずは、そこに気づくために観察します。


観察することで気が付きます。
上に書いたように、知らないうちにやっている。
習慣的になっていて、これしか方法はないようになっていて、動いていても違和感がある訳ではないので気が付きにくい。
それでも気が付くように観察します。
観察しているうちに気が付きます。
あるいは、気が付かないうちに、身体が反応して変化が起きる。
やっていることに気が付くこともありますが、変化に気が付くこともあります。
変化があるということは、事前に何かやっていたということ。
と、変化から元々のやっていることを探ることもあったりします。


やっていることが分かったらやめてみる。
やってしまってからでは遅いこともあるので、やりそうになったらやめる。
やめるためには、ソレが始まる、やっていることが起きる予兆を感じます。
何かをしようとすると、ソレが起きそうになる。
上手くやろうとすると、そうなりそうになる。
そんなことがあるかもしれません。
そこでやめてみる。
荒木の言葉で言えば、諦める。
ソレが起きる前の、元のままにしておく。
ホッタラカシにする。


その上で方向性を思います。
元々、人が持っているものなので、思うだけでOK。
首が自由。
頭は首の上でバランスしている。
背骨が長く、背中が広く。
膝は前に。
そんな方向性(ディレクション)を思う。
思うだけで良いです。
習慣的な動きや考えから離れた状態で、自分が自由になって。


で、やってみる。


そんなことをレッスンでやりました。
そうしたら、「信じて良いんですね。」という言葉が出てきました。
じっくりと自分に向き合った結果なんだろうかと思います。
いつものように、普通にしていることも楽ですが、時間を取って自分と向き合うのも良い時間だなと思いました。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019