整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » ところで「塩分控えめ」はどうなってんの!?

ところで「塩分控えめ」はどうなってんの!?

読了までの目安時間:約 3分

塩分控えめ生活が続いています。
ケチャップに替えたと言ったものの、実は相変わらず朝の目玉焼き問題はありますが、しかしまあ塩分は控えています。
計算してみると1日6グラムというのは、これはかなり厳しい数字なんだと言うのが分かります。
そこまでやる必要があると言われている訳ではないので、控えるということで何とかやり過ごしたいと思っています。
で、です。
小さじ一杯分の調味料の塩分濃度を調べてみました。
はじめちょろちょろ【ひと目で分かる塩分表】より >>>


◆顆粒(塩・だしの素など)
食塩        6g
昆布茶       2g
コンソメ      1.3g
中華だしの素    1.23g
丸鶏がらスープ   1.2g
和風だしの素    1.2g

◆液体
薄口醤油      0.9g
濃口醤油      0.8g
ポン酢       0.4g
めんつゆ(2倍濃縮)0.4g
酢         0.0g

◆ソース
オイスターソース  0.7g
ウスターソース   0.5g
中濃ソース     0.3g
とんかつソース   0.3g
ケチャップ     0.2g
マヨネース      -

◆味噌・中華調味料
味噌        0.8g
味噌(だし入り)  0.7g
豆板醤       0.8g
コチュジャン    0.5g

はじめちょろちょろ【ひと目で分かる塩分表】より >>>


塩と比べると醤油やソースや味噌が塩分はかなり低いんですね。
小さじ一杯という量が料理の時にどれくらい使われるのか、それぞれの調味料で違うだろうから一概に比べられないとは思いますが、知っておくと良いものだと思います。
いや、今はこれくらい常識なんでしょう。
しかし昭和のおじさんとしては、あまり気にして来ませんでした。
しかし素早く対応して、最近は塩を野菜に振ったり目玉焼きに振ったりすることはありません。
酢とかポッカレモンとか胡椒を振ったりして食しております。
意外に上手いです。
意外に上手いということについては、また文章にしたいと思います。
今日は個人的な調味料の塩分濃度の覚え書ってことでした。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019