整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » マッスルエナジー・テクニック(MET)ってどんな手技ですか。

マッスルエナジー・テクニック(MET)ってどんな手技ですか。

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールでは骨格調整と筋肉調整の手技として、マッスルエナジーテクニック(MET)を使っています。
マッスルエナジーテクニックは関節モビライゼーションとPNFを合わせた手技などと言われます。
荒木の言葉で言えば、テコの原理と筋肉の持っている独特の性質を使った調整法です。


特徴は力を使わないこと。


患者さんに動いてもらって、それに抵抗を加えることで関節の歪みや筋肉の硬さをとります。
ボキボキもしないし、強く押したりもしません。
なのに調整される。
ちょっと不思議に感じるかもしれません。
調整されていても、調整されている感じがたぶんしません。
でも終わって立ち上がってみると、体が整っている。
その実感は受けている患者さんにはあります。


骨がズレているとか歪んでいるというのは、実際には関節が本来の位置とは違う位置で止まってしまっている状態です。
背骨(脊椎)は上下に殆どは真っすぐに並んでいますが、そのうちのどれか一つだけが横を向いたままという状態。
ダルマ落としのどれか一つの台が横に少しズレたままみたいな感じです。
(背骨の場合は実際は横にズレるよりも、回転してしまうことが殆どです。)
関節なので動くことは全く問題がありません。
でも、動いたところから戻らなくなると問題です。
骨がズレたままだと、周りの組織(筋肉・腱・筋膜等)が引っ張られてしまいます。
それが故障や痛みの原因になったり、動きが制限されたりする原因になったりします。
だから、ズレた骨を動かす。
そのズレている骨だけを選択的に動かすことが目的でポイントです。
それが出来ればボキボキする必要もないし、強い力を使う必要もありません。


筋肉の調整も同じように、狙った筋肉だけを選択的に緩めたい。
全体を緩めるのなら筋肉を揉んだり押したりすれば出来ます。
でも、ある動きをする筋肉だったり、ある場所の筋肉だけを緩めるのは、意外に難しい。
それが出来るのがMETです。


てあて整体スクールの骨格調整・筋肉調整の手技はマッスルエナジーテクニックです。(他にも少しだけありますけど。)
ボキボキしないい、強い力を使わないので、安心して使う事が出来ます。
ボキボキが悪い訳ではありませんが、心配される患者さんもいます。
そういう人には受けてもらいやすい調整法だと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
033922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019