整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » ストレッチの授業では筋繊維の話から始めます。

ストレッチの授業では筋繊維の話から始めます。

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールにはストレッチの授業があります。
ストレッチの方法を学ぶ授業ではなく、ストレッチの方法を患者さんに教えるための授業です。
そしてストレッチは筋繊維の話から始めます。
たまに患者さんから「ストレッチってしないとダメですか?」とか、「ストレッチってどうやってするんですか?」とか、「どんな効果があるんですか?」などと聞かれることがあります。
ストレッチの効果を説明するのに、筋肉ってどんなものなのかということから知っておくと、説明もしやすくなるからです。
筋繊維や筋膜や腱のことなども知っておいて、その上で腰痛や肩こりにすると良いストレッチの説明をします。
説明だけでなく実際にやってみて効果も実感してもらいます。
いつもやっているのは、ストレッチで前屈がどれくらい改善するのかを、ビフォーアフターの写真を撮って確認します。


左:ビフォー 右:アフター
前屈1

上:ビフォー 下:アフター
前屈2

写真で見ても一目瞭然ですが、本人たちはすぐに体感できます。
これ、ストレッチボードに2分乗ってアキレス腱(腓腹筋・ヒラメ筋)をストレッチしただけです。
腰痛に効果があるストレッチですが、簡単すぎて信じてもらえなかったりするので、体で感じてもらうために、患者さんにもその場でやってもらっているストレッチです。


ストレッチボード

ストレッチボードには本当に乗っているだけ。
ただ乗っているだけなのに、前屈が劇的に変わります。
もちろんそのままずっと前屈が柔らかいままではありません。
暫くすると元に戻ります。
でも、元に戻るまでの間は柔らかいままです。
前屈がしやすいということは、股関節が動きやすくなっているという事です。
股関節が動きやすくなっているということは、骨盤が動きやすくなっているという事。
骨盤が動きやすい、スムーズに動くということは、骨盤の上に繋がっている腰(胸腰筋膜)当たりが動きやすなっているという事。
ということは、腰の辺りが血流が良く軟らかくなっているという事で、つまり痛みが軽減しやすくなっているという事です。
他にもいろいろなストレッチをやってます。


ハムストレッチ

殿筋ストレッチ

てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019