整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 触診の授業

触診の授業

読了までの目安時間:約 4分

3月の土日は触診の授業から始まります。
今年から触診を授業として独立させて、時間を取って説明し練習の基本を教えることにしました。
触診自体は生徒さんが自分の体や手指で感じるもので、感覚を教えることは出来ませんが、どんなことを考え、どんな風にやるのか。
体の使い方や手指の使い方、患者さんの何を識ろうとして触れているのかなどを確認して行きます。





初めて人の体に触れ触診しても、最初は殆どなにも分かりません。
何となく触れている手指の下に骨的なものがあることは分かります。
ただそれが曲がっているのか歪んでいるのか、動きが良いのか悪いのかなんて分からなくて当然です。
今までやったことがなく、考えたこともなかったことは、自分の頭の中にそれを認識したりする領域が出来てませんから。
触れれば体の中の状態が分かる、と言うことを知ることが先ずは大切です。
触れてみて、手指の下に何かある。
ということが認識されれば、次が始まります。
その手指の下のものは何なのか。
何度も何度も触れていると、少しずつ違いに気が付くようになります。
その違いに気が付くことを、歪みを感じるなどと言うようになります。
違い(差異)は大きなものから気づき始め、だんだんと小さな違いにも気が付くようになります。
あれっひょっとして、これも違うの?
みたいなことです。
そうやって違いがあることを認めてあげることで、どんどんと違いに気づくことが定着して来ます。
解像度が上がる感じと良く言いますが、少しずつハッキリしてくるような感覚です。


違いにもいろいろとあります。
位置が真っすぐ並んでいない。
少し硬さが違う。
温かみが違う。
張り具合が違う。
動きのようなものを感じる。
などなど。
次には素材の違いも感じられるようになるかもしれません。
皮膚、皮下組織、脂肪、筋肉、筋膜、靭帯、腱などは全て違う素材です。
硬さも、柔らかさも、長さも、伸びる方向も、温かみも全部違います。
その違う素材が幾重にも重なっているのが体です。
重なり方も様々です。
するする動く関係もあるし、調子が悪い人なら癒着しているようなこともあります。
その違いもだんだんと分かるようになります。


大切なことはそれがどうなっているかを分かるということです。
けして、悪いところを探している訳ではありません。
今、どうなっているか。
それが分かるだけで良いんです。
どうなっているかが分かった後に、どうするかを考えます。
悪いところを捜そうとして、悪いところを見つけたと思ってしまうと、その後の整体の組み立てを間違うことがあります。
悪いところ、というイメージに引きずられてしまうことがありますから。
だから、あるがままをキャッチすることです。
面白い授業だと思っています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019