整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 東日本大震災10年

東日本大震災10年

読了までの目安時間:約 2分

震災から10年が経ちました。
初めてボランティアに行ったのは、2012年3月7日・8日でした。
福島県にある浪江町の方々が住んでいた仮設住宅でした。
そこでクラニオ(頭蓋仙骨療法)をやりました。


浪江町仮設1203071

二人一組になって一人の人に対して15分から20分位のクラニオをやりました。
一日で5人から10人位やった記憶があります。
それから1年ほどの間に数回、福島にボランティアに行きました。
クラニオを一緒に学んだ方の実家が福島にあった関係で、仮設住宅の集会所などをお借りして行いました。
そこで触れる仮設に暮らす方々の身体は、毎回毎回どんどん変わって行きました。
疲れは当然ですが、身体の奥底に様々なことを抱えているのが分かりました。
もちろん、そんなこと話したりしませんけど。
ただ、触れてゆっくりしてもらって、楽になってもらえたらラッキー。
そんなことを繰り返しました。
このボランティアまでの一年は毎月、チャリティーセミナーをやって参加費は全て募金をしました。


毎度思いだしますが、福島にある原子力発電で作った電気は関東で使っていました。
その原子力発電所が地震で壊れ、故郷に帰ることが出来ない方々が今も沢山います。
なのに自分は関東で遠いところで作った電気を使ってのうのうと生活している。
ということを、毎年毎年思いだします。
何も出来ないですけど。
思いだします。
ボランティア以降、福島や栃木に整体や解剖学のワークショップをしに行くようになりました。
一緒にボランティアをしたクラニオ仲間から依頼をされて行くようになりました。
福島やその周りの方々の力になることがあれば、なんて偉そうなことを、少し頭の底によぎらせて始めました。
今月も行きます。
10年経ったんですが、あの時の事は忘れません。


浪江町仮設1203082

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019