整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体スクール » 強押し強揉み

強押し強揉み

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールの在校生が整体サロンで仕事を始めることになりました。
スクール卒業後の開業に向けて、患者さんに触れる機会を増やすこと、様々な体を施術することで経験を積んでいくこと、サロンの経営的なことを学ぶこと、サロンの運営的なことを学ぶこと、などが目的です。
仕事を始めるに当たって、そのサロンで使っている手技の簡単な説明があったそうです。


強押し
強揉み


とにかく徹底的に強く、グイグイ押すことを求められたそうです。
もっと指に力を入れて。
もっと深く。
もっと強く。
まだまだそれじゃ弱い。
そんな風に言われて、一日の練習で指が痛くなってどうしようかと思っているとのことでした。


強押しや強揉みと呼ばれるようなやり方があります。
セラピストや整体師にそれを求めるサロンがけっこうあります。
以前はもっとあったと思いますが、最近もまだまだけっこう残っているようです。
とにかく深く。
とにかく強く。
とにかくグイグイ。
来ているお客さんもそれを求めているということで指導されます。


少し時間を取って生徒さんに強押し強揉みの体の使い方を教えました。
指で押そう指に力を入れようとすると失敗します。
患者さん(お客さん)の体にも良くないし、やっている整体師も体を壊します。
一言で言えば体全体を使う。
指だけや手だけや腕だけで押すのではなく、体全体を使います。
その上で手指の使い方にも注意が必要です。
上手く体を使えば、指を壊すことはありません。
体を使って出来れば、強い刺激や圧が入ります。
例えば、ピッチャーが投げたボールをバッター打つ時のことを考えてみて下さい。
同じ150キロのボールを打つとして、バットスイングが同じでも飛距離は人によって違います。
タイミング(打点)やスィング角度が違えば、ボールに伝わる力が変わって来るからです。
同じように整体などでも、指を当てる場所、角度、体の使い方で全く伝わる力が変わります。


強押し強揉みは良くないという声を聞きます。
一概に言えないと思っています。
強く押されても強く揉まれても、揉み返しがない先生はいます。
上手な先生はどんなに受けている時に強くても、後に残らない。
そういう手技があります。
でも、むやみに強くしてしまうと、筋繊維や毛細血管に損傷を与えてしまう可能性があります。


てあて整体スクールで教えている指針整体やMETは、全く強い力を使いません。
弱い力で軽くやっています。
ただ、軽くやっていても、芯に届く方法があります。
むやみに弱いだけでは効果がありません。
きちんとした刺激が伝わるように練習する必要があります。
手技は奥が深いです。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019