整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体あるある » 整体師の仕事

整体師の仕事

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールでは整体師を育成しています。
将来、整体師として開業するために学んでいる人もいるし、家族や身近な人のために勉強している人もいます。
中には生涯学ぶことの出来ることとして勉強を始めた人もいます。


整体師の仕事はどんなものでしょう。
患者さんが来て整体をする。
それだけだと思っている人もいるかもしれません。
でも、どんな仕事でもそうですけど、業務が名前になっている仕事でも、それだけをやっているのは限られた人です。
魚屋さんだって八百屋さんだって、売るためには仕入れをしなければいけないし、店舗を運営しなければいけない。
人を雇っていたら、その管理もしなきゃいけないし、お金の出入りも管理します。
お店のある場所や競合が沢山いるようなら宣伝もしなければいけません。
整体師も同じです。


例えば開業したとします。
開業して一人で整体院をやっていくのなら、考えられることは全て自分ですることになります。
お金の管理、宣伝広告、掃除や洗濯、予約や顧客名簿の管理、そして整体です。
実際に整体をするのは、全体の仕事の半分にも満たないかもしれません。
ちょっとイメージと違うかもしれないですね。
人を雇うのなら、募集や人の管理も必要になります。
給料の振り込みなんかも増えますね。
そして教育。
これが大変かもしれません。
自分とは価値観が違う人と仕事をする訳ですから。


では整体師がやっている整体ってどんなことをしているんでしょう。
体の調整をしている。
筋肉を緩め動きやすくしている。
物理的にはそういうことだと思います。
でも、相手は人です。
物理的にだけ操作しても良くなるとは限りません。
話をします。
全くしない先生もいますが、基本的には話をする。
問診で質問をしなければいけないし、整体をしている間は世間話もするかもしれない。
これに加えて、患者さんの体の状況を説明し、今後の治療方針の話もします。
終わったらストレッチや日常生活で気を付けることなどもアドバイスします。
これ全部、整体をやりながら、頭の中で同時に動いています。
手を動かして整体をしながら、世間話をし、患者さんの体の状態を触知しながら、次に何をするかを考える。
同時にストレッチや生活する上で気をつける事に何をアドバイスするか考える。
そんな感じです。


大変そうですか?
いや、とっても面白いですよ。
何気なくそういうことが出来るようになると、とっても面白い仕事です。


空

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019