整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体あるある » 整体師は自分で自分を治せるか。

整体師は自分で自分を治せるか。

読了までの目安時間:約 3分

良く聞かれることがあります。

センセイは自分の腰が痛くなったら治せるんですか?
調子が悪くなったら自分で出来るんですか?

みたいな事です。
自分で自分に整体をする事は出来ませんが、自分の体の調子が悪くなった時には、ある程度まではなんとかなります。
というか何とかする。
患者さんにやっていることと同じことをします。
原因を考えてそれに対処する。

骨格調整や歪みの調整はできませんが、筋肉をストレッチして特定の場所を緩めたり、動きを良くしたりすることは出来ます。
故障や痛みは疲れがベースになっていることが殆どなので、疲れを抜く。
睡眠時間を取ったり、湯船にゆっくり使ったり、ストレッチをしたり、ウォーキングをしたりします。
気分転換に散歩に行ったり美術館や映画に行ったりもします。
疲れが抜けて来たら、少し体を動かします。
ウォーキング(散歩)が一番良いと思っていますが、歩くことで全身の筋肉が緩み、血流が改善します。
腰痛ならお風呂とウォーキングとアキレス腱ストレッチで、8割くらいは良くなってしまいます。

肩こりの場合は上半身の運動やストレッチ。
姿勢に気をつけて呼吸を考えたりもします。
腕や手をマッサージして上肢の筋膜を緩めることもします。
膝痛の場合は少し難しい部分もありますが、膝のストレッチと動ける範囲で動かすことなどします。

これらのことと、食事を一旦減らす。
お腹を空かせるようにします。
お腹が一杯だと、体の動きも制限されますし、肝臓や内臓の働きが制限されます。

テーピングは腰痛や膝痛、肩こりなどいろいろな場面で自分でやります。
自分で出来る対処はこんなものだと思います。
あそうだ、本当に痛みのある時はお酒は抜きます。

整体師は自分で自分に整体は出来ませんが、原因を考えていろいろ対処することで、8割くらいは何とかしていると思います。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019