整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 箸とフォークに感じる違和感とスプーンの不思議について

箸とフォークに感じる違和感とスプーンの不思議について

読了までの目安時間:約 2分

先日、カップラーメンのコマーシャルを見ていて違和感を覚えました。
ナンダナンダ?
何が違和感なんだ?
と思ってゆっくり見ていると、わかりました。

カップラーメンを啜っている学生服の子らが、フォークで麺を持ち上げて啜っているではありませんか。

カップラーメンてフォークで食べるものなの?
個人的には箸を使いますけど、フォークなの?
と思いました。
それが違和感。
確かに麺だってフォークで食べます。
パスタはフォークですよね。
最初からフォークでした。
逆に最近はパスタを箸で食べる人を見て違和感を覚えたことがあるくらい。
でも、ラーメンは箸。
だと思っていました。
いや、箸以外では食べたことがない。
自分が食べないからってオカシイと思うはおかしいんでしょうど。
でも違和感はしょうがないでしょう。
だって違和しか感じないんだから。

ラーメンをフォークで食べます?

そしたら別の先日。
お茶漬けをスプーンで食べている映像に遭遇。
これは何というんだろう、違和感ではなく不思議な感じでした。
どうしてスプーンで食べる?
お茶漬けだぞお茶漬け。
と思いました。
すまぬすまぬ。
だめって訳じゃないんだけどね。
不思議にしか見えない。
あの、そう言えば親子丼をレンゲで食べるのも不思議です。
あれはいつくらいからですか?
昔は箸だったと思うんです。
お茶漬けも親子丼も。
親子丼は玉子がやけにフワトロとかで、半熟状態でどろっとしだした頃からなんでしょうか。

どうもおじさんはついていけません。
いや、ついて行かなくても良いんだろうけど。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019