整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » TOKYO そらの下で

TOKYO そらの下で

読了までの目安時間:約 2分

TOKYO 空の下で

神楽坂セッっションハウスでダンスブリッジ2021伊藤直子監修公演 マドモアゼル・シネマ【TOKYO そらの下で】をみて来ました。
いや圧倒されました。
マドモアゼル・シネマはセッションハウスの座付きダンスカンパニーのようなもので、女性ばかりのダンスグループです。
何度か拝見したことがありますが、今回はとくに圧倒されてしまいました。
観た直後のツィートとフェイスブックに殴り書いたのを書いておきます。


苦しそうなのに楽しそうで
生き生きして力強く
後ろを振り向く時も前に進み
心を握り締めながら笑っている。
女子には勝てない。


繊細でか弱くて抜け抜けと力強く可憐で妖しく一生懸命で素敵な女性たち。
勝てない。


どちらも勝てないで締められています。
マドモアゼル・シネマは女性にしか表現出来ない事を表現していて、ホント勝てないと思います。
可憐なのに大胆で力強いとか。
繊細なのに大雑把だとか。
清楚なのに大人びているとか。
無骨なのに、妖しい色気があるとか。
さまざまな事の両面を併せ持ち、それが一つの魅力になっている。
男には難しい芸当だと思っているんです。
大胆で力強いとか。
スマートで紳士だとか。
洗練されて大人だとか。
男性は同じような側面は表現できると思うんです。
でも違う側面を同時に併せ持つのは本当に難しい。


例えば70を超えて老齢期に差し掛かった男性ダンサーの動きに、繊細で大胆、洗練されてスマートなのに子供のような何かを感じることがたまにある。
でも壮年期のおじさん年代のダンサーにはあまり感じたことがありません。
偏見なんですかね。
でも、こういうところがダンスの面白さでもあると思います。


TOKYOそらの下で

※写真は許可のあったカーテンコールとその後です。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019