整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体あるある » 整体の料金設定。

整体の料金設定。

読了までの目安時間:約 3分

整体の料金設定の話です。
これから卒業する生徒さんが、出張で少しずつ始めると言うので聞いてみました。
料金はいくらにするんですか?

5,000円

それはやめたほうが良い。
絶対にやめたほうが良い。
安すぎる。

彼は現在、揉み解し系のチェーンでアルバイトをしています。
そのチェーンの料金は60分3,000円程度。
そこよりも高く。
でも、1時間6,000円までにはしない。
だから5、000円にすると考えたようです。
揉み解しの整体ではなく、指針整体と骨格や筋肉を調整して症状に対して施述する整体を考えています。
とは言え6、000円以上になると高いのではないか、自分の技量でそこまでは頂けないんじゃないか。
そんな風に思ってもいるようです。

整体の料金は施術の対価です。
そしてこれから来院される患者さんに対して、自分の所はこれくらいの価値のある整体をやっていると言う宣言でもあります。
出張でわざわざ行くのに5、000円なら、それくらいのことしか出来ないと宣言しているようなものです。
ボランティアでやるなら別です。
もしそうなら無料でやれば良い。
揉み解しでチェーン店のように流作業ではなく、一人一人の症状や状態に合わせて施述をするのなら全く別です。

自分に自信があるとかないとか、そんなことは関係ありません。
もし本当に自信がないのであれば、まだ整体はやらない方が良い。

お金を頂いてやるなら、自信のあるなしに関係なく、料金はやっている事の価値に合わせないといけません。
マーケッティング的な側面もあります。
マーケティング的には10、000円なら、60分3、000円とは別の何かだと認識されます。
同じように整体に分類されてはいるけど、揉み解しだけではない何かと認識されやすい。
そして患者さんに与える期待もあります。
10、000円だから大丈夫だという安心感もあります。
それに答えようとする整体師側の気持ちや心構えの問題もあります。
極端に言えば、そのほうが治りやすいこともあるかも知れない。

だから 10,000円くらいで始めてはどうかと提案しました。

少し考えますと言うことでした。
ここまで書いてなんですけど、良かったです。
例え結果として、5,000円になったとしても、上に書いたようなことを考えてから料金設定するのは良いことだと思います。
5、000円にする理由が、自信がないからと言うことではなく、別の理由であれば問題はないと思います。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019