整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 整体あるある » 整体師を目指すなら治療系かケア系。

整体師を目指すなら治療系かケア系。

読了までの目安時間:約 5分

整体と言っても様々な形態があります。
治療系、癒し系、揉みほぐし系、など。
癒し系は整体ではないとか揉み解し系は整体ではないと言う方もいるかもしれませんが、受ける患者さんお客さんからしたら同じです。
そして、ケア系と言うのもあると考えています。


街を歩くと良く眼にするのは揉みほぐし系です。
60分3000円くらいでやっているところが多いと思います。
時間で区切る形態です。
ある程度の広さのあるサロンにベッドを何台か置いてやっている所が多いように思います。
治療系は個人でやられているイメージがあります。
こちらは料金は時間ではなく一回幾らで決まっていて、大体は60分7・8000円位からもっと上の料金体系のようです。
癒し系というのは揉みほぐし系と呼ばれる以前の呼ばれ方でしたが、アロマやリフレクソロジーやタイ式なども含まれていたと思います。
どれが良いということではありませんが、個人で整体師を目指し、独立開業・起業するなら治療系だろうと思います。
もしくはケア系。


揉みほぐし系なら人を雇って経営に回るか、プレイングマネージャーでやるということになるんだろうと思います。
40代なら大丈夫だと思いますが、50代60代以降になると個人で60分3000円では収益的に厳しいと思います。
1日5人出来たとして、25日で売上は375,000円です。(=5人×3000円×25日)
ここから賃借料や公共料金を差し引くと、アルバイト程度しか手元に残りません。
それに毎日5人の患者さんをみる事になります。
治療系で1日3人を7000円で出来たとして、25日で売上は525,000円です。(=3人×7000円×25日)
これなら賃借料や公共料金を支払っても、収益が計算出来る売り上げになると思います。
3人なら50代60代でも毎日出来ると思います。
もちろん、その3人や5人を集客するのが大変なんですけどね。


最初から収益的に成立しない計画を立てても意味がありません。


1日に何人やるつもりなのか。
料金は一人当たり平均して幾ら頂くのか。
月に何日営業するのか。
掛け算すれば月の売り上げは簡単に計算できます。
固定的にかかる費用(賃借料、公共料金など)は、家賃の大体二倍で計算してみて下さい。
5万円の賃貸物件なら、合計で10万円くらいが固定的に掛かる費用(賃料、水道光熱費、電話代等)となります。
それを売り上げから差し引けば、月に手元に幾ら残るか分かります。
それで成立するのかしないのか。
先ず計算してみる事です。


揉みほぐし系は個人では難しいと思います。
治療系なら整体だけでも成立します。
整体の営業日数を減らして別のことを考えても良いと思います。
ストレッチ教室や月一講座など。
あるいは整体は副業にしてプラスアルファで考えて行く。
最初は出張や自宅を使って、土日や夜の時間だけやってみる方法もあります。
経験を積んでカルテが増えたら、次の段階を考える。
レンタルサロンを使う方法もあります。


もう一つ
ケア系というのもあるんじゃないかと思っています。
パーソナルトレーナーやピラティスやヨガのインストラクターと被る部分です。
体の使い方やストレッチやトレーニング方法の指導、食事や日常生活の提案など、これに整体など手技療法で体の調整をプラスしていく。
患者さんは聞きたがっています。
アドバイスが欲しい。
でもどこに行って良いか分からない様子です。
てあて整体院でも整体だけでなく、ストレッチ方法や姿勢のこと歩き方など指導することが増えています。
アレクサンダーテクニークもやっているので、姿勢だけ見て欲しいとくる方もいます。


整体だけでなく、色々考えて開業に備えましょう。


てあて整体院

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019