東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » 院長ブログ » コミュニケーション

コミュニケーション

読了までの目安時間:約 3分

人の自律神経系は交感神経と副交感神経で構成されている。
でもその副交感神経は古い副交感神経と新しい副交感神経があるということはあまり知られたいない。
ポリヴェーガル理論によると、進化の過程で自律神経は、古い副交感神経、交感神経、新しい副交感神経という順に生まれて来たようだ。
これはまあ解剖学的にも進化解剖学的にもそうらしい。

自律神経系は外的や外からの刺激に対して、体が反応する仕方を司っている。
古い副交感神経では死んだふりみたいな反応をすることもあり、次に出来た交感神経では闘争逃走反応(戦うか逃げるか)をする。
で、新しい副交感神経ではコミュニケーションを取ることがある。
というようなことが理論には書かれている。(と自分には読めた。)

哺乳類などは他者とコミュニケーションをすることで生存確率を上げている可能性がある。

人は長い時間一緒にいる人のことを、好きになってしまうことがある。
また、哺乳類にとって圧迫刺激や接触刺激はだ。
と聞いたことがある。
コミュニケーションすることが生存確率を上げるとしたら、当然そういうことになるんだろうと思う。
全部ではない。
人みたいに思考を持ってしまうと、それだけでは行動しない事があるので、全部ではないだろうけど。
コミュニケーションが上手く行くと、人は体の中で成長や治癒が起こるとも書かれていた。

先日、3年以上ぶりに人と飲んだ。
今年に入って2回、ダンスの打ち上げがあって大人数で飲んだことはあったが、サシ飲みは3年以上ぶり。
というかサシで飲むのは多分5年以上ぶりになるかも知れない。
そもそもサシで人と飲むことはサラリーマンを辞めてから殆どない。

良いものだなと思った。
何がという訳ではない。
他愛ない話しかしていない。
生産性のある話もしていない。
近況報告の様な話。
人の噂。(悪い噂ではないよ。)
世の中の話。

でも、何だか良いなと思いました。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019