東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » 院長ブログ » やり方ではなく在り方

やり方ではなく在り方

読了までの目安時間:約 2分

やり方ではなく在り方
" How to do " ではなく " How to be "
荒木がアレクサンダーテクニークを説明する時に使う言葉です。
これが正確なのかどうかは分かりませんが、そんな風に捉えています。

やり方・ハウツー・手順などではないと言う事です。
具体的に何かをこうするということではなく、自分の在り方。
状態のようなもの。
状態というだけではなく、自分の状態を自分でどんな風に扱っているか。
そんな事です。

なので、やり方やハウツーや手順を知りたいと思っている人は、最初、全く種類の違う話をする事になるので、いろいろ注意しながら話をします。
だからつい、回りくどくなってしまったりします。
申し訳ないなぁと思います。
だからというのもあって、手で触れて感じてもらうようにします。
感じる事があれば、言葉で説明もしやすくなります。
説明しなくても、ああこんな感じと思ってもらえることもあります。

実は姿勢や歩き方や呼吸など、基本的な事はみなこれです。
在り方。
なんです。

立っている時にどう在るか、が姿勢です。
歩いている時にどう在るか、が歩き方です。
息が出入りしている時にどう在るか、が呼吸法です。

難しいようでもあり、とても簡単なようでもあります。
子供のようだと思うこともあり、仙人のようだと思うこともあります。
でも、みんなやって来たことです。
何も考えずに出来ていた時代(時期)があります。

在り方が変わると全てが変わることもあります。
面白いですよ。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019