東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » 院長ブログ » 整体あるある » 整体院と接骨院の違い

整体院と接骨院の違い

読了までの目安時間:約 4分

たまに聞かれる事があります。


整体院と接骨院や整骨院て何が違うんですか?


公的な違いは整体院は民間資格で開業していて、接骨院や整骨院は国家資格で開業しているということです。
接骨院や整骨院をやっているのは、柔道整復師という国家資格を持った先生で、整体院をやっている整体師は民間資格です。
では民間資格と国家資格の違いは何か。
民間資格についてはその仕事をするのに、特定の法律が出来ていない資格です。
整体師だけでなくカイロプラクターやアロマセラピスト、リフレクソロジストやパーソナルトレーナー、ピラティスやヨガのインストラクターなども含まれます。
国家資格はその仕事をするのに必要な資格が法律で決められているものです。
手技療法と比較的近しいものだと、柔道整復師、鍼灸あんまマッサージ指圧、理学療法士、作業療法士、看護師、介護士、救急救命士などがあります。
一番大きな違いはたぶん、国家資格になっている資格は、資格を取るための学校も規定されているので、勉強時間や内容が規定されていることと、国家資格に合格していることから、ある一定以上のスキルと知識などが担保されることだと思います。
民間療法はその規定がなく、極端に言えば独学で手技療法を始める事も出来ます。


でも整体師と接骨院などでやっていることが殆ど違わないと思っている人もいると思います。
整体院でやっていることは、接骨院や鍼灸あんまマッサージ指圧院でやっていることとは、目的が違います。
整体院などの手技療法の多くは、脊椎の不全(歪み)やアンバランスを整えることで、患者さんの症状に対応しようとしています。
あんまマッサージなどを目的とはしていないというのが違いだろうと思います。
でも、違いが分かりにくいですよね。
国家資格と民間資格については、てあて整体スクールでも授業の一環として解説しています。


患者さんとして整体院と接骨院・整骨院のどっちが良いのか分からないという声も聞きます。
実態としてはそれぞれの整体院や整骨院には得意分野があることが殆どです。
今ならインターネットでホームページなど確認して、何が得意なのかを確認すると良いと思います。
料金的には接骨院や整骨院は健康保険が適用出来ることがあるので、安く受けられる可能性が高いと思います。
反面、少し時間が短く、保健適用の場合は一人一人をじっくりとは行かないことがあるかもしれません。
逆に整体院は保健適用が効かない分、料金的には少し高めになっている所が多い分、時間はゆっくりと取れてじっくり話を聞いてくれることが多いと思います。


メールやラインで質問をして、返信を読んでみて考えるというのが良いのかと思います。
得意分野なら色々アドバイスもあるだろうし、そうでない場合は文面でわかるかもしれません。
てあて整体院はダンスやバレエの故障に強いというのが売りですが、最近はアレクサンダーテクニーク教師として心身の使い方についても得意としています。
ダンスは大人バレエから子供さんの柔軟性やテクニックの問題、体の使い方は姿勢や歩き方からバイオリンやピアノの弾き方、声楽の方の体の使い方などもみています。
何かあれば問い合わせ下さい。


てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT
※LINE登録で初診料無料
LINE2

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019