東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » 院長ブログ » 体力とか毛量とか

体力とか毛量とか

読了までの目安時間:約 3分

髪を短くして4年近く経ちます。
荒木は短髪(坊主)だと最近は思われていると思います。
確かに坊主です。
もう昔から坊主だったような顔をして生活しています。
でも、坊主にしたのはほんの数年前です。
それまでも短髪ではありました。
大して長い訳ではなく、短い髪のおじさんでした。
でも、昔は違います。
大学生時代などはフッサフッサして、髪をかきあげたりもしていました。

それが今や。
坊主です。

髪が薄くなって来たんですよね。
60の手前くらいから。
いや正直言うともっと以前から嫌な予感はしていました。
なんとなく頭のテッペンに手をやると、ピシャって感じで手が当たる。
ピシャってのは直接地肌に手が当たるような感覚です。
その時は直接ではなかったですけどね。
それが60前後になると、見た目にも確認出来るようになって来た。
短髪から少しでも髪が伸びると、鏡の前の顔の上に”盆地”が出来る。
たぶん5センチくらいの長さになると盆地が現れます。

盆地が嫌で切りました。

坊主にしてからは自分で刈っています。
もうこうなると髪を切るというより、髪を刈るという感じです。
さっぱりはしますけど。

体力の衰えを感じます。

突然ですね。
体力の衰えは30代中盤くらいから感じ始めました。
実際にはそれほどでもなかったんでしょうが、感じ始めてはいました。
ところが同年輩や若干年上の方でも、衰えはまだ感じていないという人がいました。
40くらいでもまだまだ全然なんて言っていました。

日常的に体を動かしている程、衰えを感じやすいようです。

体を動かしていない人は、衰えを感じるほど動きませんから。
歩いたりしているくらいでは感じない。
別にドッテコトナイということです。
実際には体を動かしていない人の方が、衰えは激しいはずです。
動かしていませんから。
動かしている人の方が衰えていないにも関わらず、衰えを感じる。
面白いですね。

坊主にした当初は見られるのが少し気になりました。
なんせ坊主ですから。
見慣れない髪型です。
でも、実際は全く見られていません。
他人の髪型なんて3%くらいしか気にしていないでしょう。
その人はその人です。
3%の中身が少し変わったからと言って、全体の印象は変わりません。
だから、そもそも見られているのが気になる程、見られてはいません。
面白いですね。

体力も髪型も衰えているのか単に変化しているのか。
いずれにしても人様からはあまり関係のない話です。

今日は髪を刈ります。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019