東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » 院長ブログ » 楽な階段の登り方

楽な階段の登り方

読了までの目安時間:約 2分

階段を楽に登る方法ってありますか?

階段登り
階段を登る運動って、だいたいは上に登る運動というイメージです。
確かに結果的に上に上がっていくことになるんですが、やっている運動は登るというイメージとは違います。
そこで階段を登る運動をこんな風に言い換えてみました。

階段を登るのは
上の段に乗せた脚の膝を伸ばす運動。
上の段に乗せた足を下に踏む運動。

そうやって階段を登ってみると、ずいぶん違う感じで登ることが出来ました。
上に上がる登るってイメージとは違って、階段の面を下に押す感じなんですねとも言われました。
そうなんです。
イメージしている動きと実際の動きが違う時には、そのイメージを変えるだけで動きが変わることがあります。
階段の場合はたぶん、いつもと違う筋肉”も”使っていたのかもしれません。

人が体を動かす時、いろいろな方法があります。
骨は200くらい筋肉は600くらいありますから、歩く時に膝を前に持ち上げる方法もあるし、脚を後ろからぶらんと振って前に出す(出る)方法もあります。
結果的に同じようなことになるにしても、違う方法で同じ結果になることもあります。
WBCが終わったばかりなので野球に例えると、ピッチャーには上から投げる人も横から投げる人も下から投げる人もいます。
どれも球を前に投げるという意味では同じですが、使っている筋肉は違います。
上から投げる人でも少しずつ違ったりしますから。

階段は足を下に踏むとか、膝を伸ばすと考えると、いつもと違った動きが出来るかもしれません。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019