東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » 院長ブログ » 整体あるある » 開業の時に考えなければいけない自分の属性について

開業の時に考えなければいけない自分の属性について

読了までの目安時間:約 2分

開業の時に特に気を付けること。
サラリーマン生活をしていたり別の仕事をしていたりした人が、整体師やセラピストとして仕事を始める時に考えておくべき事として。

自分の属性があります。

年齢
性別
身長・体重
外見・見た目
外に出せるキャリア

自分がこれをやるとどうなるかと考えるのではなく、確認したこの属性を持った人がこれをやるとどうなるのか。

極端な例で言うと、例えば脱サラ50代の普通の外見のおじさんが、30代40代女性専門のオイルマッサージをやろうとしても、たぶん無理です。
その属性の人が成功するとは思えない。
では、丸2年の間、腰痛専門整体院で経験を積んだ脱サラ男性が、会社員時代のキャリアを活かして収益のシミュレーションをし立地を選んで、若いキャストを使った、女性キャリア向けの短時間で疲労を抜くリラクゼーションサロンを立ち上げたとしたら、成功するかもしれないと思えます。

自分で自分のことは客観的にみられません。
まして開業や起業前は少なからず浮かれます。
大丈夫なんじゃないかとか、自分に都合の良いように解釈してしまいがちです。
そんな時、属性は裏切りません。
上に書いたことでもわかるように、属性はある程度変えられます。
変えられない属性(年齢・性別など)と違い、経験や見た目は変えられる部分があります。
そして、インターネット上ではそう見えるように表現することも出来ます。
嘘はつけないですよ。
すぐに見破られますから。
でも、変える努力をして変えられるものは、変えることが出来る。

⚪︎⚪︎という属性を持つ人が、この仕事をするにはどうすれば良いのか。

そんな風に考えてみる時間は必要です。
自分のやりたい事をやって、それで成功するために、主観ではなく客観(属性)を確認する必要があります。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019