東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » 院長ブログ » バレエの人はどうして足音がしないのか。

バレエの人はどうして足音がしないのか。

読了までの目安時間:約 2分

「バレエの人はどうしてあんなに足音もせずに歩けるんですかねぇ」とアレクサンダーテクニーク・グルー プレッスンの時に聞かれました。
たぶん気がついているんです、という話をしました。

自分の全部に気がついて動いている。

そう言う意味ではアレクサンダーテクニークのアプローチと似ているかもしれないですね、とも話しました。
普段、人は気がついてないで動いてます。
いつもと同じように動く時に、いちいち何かに気がついていなくても動けるようにプログラミングされているようなものです。
歩く時にいちいち右足を出したらどっちの手だっけ?とは思わなくて済むような事です。

でもバレエの人は全部に気がついている。
背中が真っ直ぐなことだけでなく、脚の向きやつま先の形、顔の向きや表情、腕や肩の状態まで気がついている。
気がついて動いている。
気がついてないところがないように訓練されている。
だから隅々まで美しいんだろうと思います。

歩く時には足裏からドンと床に足を置くことなく、足裏が順番に床から離れて、つま先から順番に床に降りていく。
歩いている途中、踵をついて足裏が順に床に置かれ、足指に力が加わって踵が上がり、膝が伸び股関節が・・・
みたいに、一つ一つというより、瞬間瞬間、動きのどのタイミングも気がついている。
だからドンと突然足を置くようなことがない。

普通に歩く時も同じだと思います。
自分の体がどんな風になっているか、気がついて歩いてみて下さい。
今、足はどんな風に床から離れましたか。
腕には力は入っていませんか。
顎は上がっていませんか。
視線は遠くにありますか。
呼吸は出来ていますか。

それだけで楽に美しく歩けるかもしれません。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019