東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » 院長ブログ » 整体スクール » 整体師として開業するとは

整体師として開業するとは

読了までの目安時間:約 2分

整体スクールの卒業生や在校生に聞く事があります。

開業はしますか?

はい考えています。
と言う人もいますが、多くは「いやいやまだ考えていません。」
と答えます。
そして次に「身の回りの人から」とか「友人知人から」などと続きます。
無料でやるんですか?と聞くと。
家族からはアレですけど、知人などからは交通費くらいはとか、2・3000円くらいはと答える人もいます。

整体師として開業と考えると、店舗契約をして看板を出しホームページやチラシで宣伝広告して、と考えているようです。
でもそれ少し違います。

誰かに整体してお金を頂いたら「開業」です。

金額の多寡ではありません。
対価を頂いて整体をしたかセラピーをしたかと言うのが開業です。
たぶん、開業していないと思うことで、少し気分が楽になるのかもしれないと思います。
まだ開業はしていない、失敗も成功もしない。
開業していないんだから結果が出ない事もある。
みたいなね。

無料でやったりボランティアでやると言う時に、同じような気分を感じてしまう事もあります。

無料なんだから上手くいかなくても、まあ仕方がない部分もあるかもな。無料だし。
ボランティアも同じです。

それ良くないです。
無料でやろうがボランティアでやろうが、整体をすると言うことは、人に触れて変化を起こすと言う事です。
結果はやった人の責任です。
お金を頂くのなら尚更です。
500円でも交通費だけでも同じです。

開業前には自分に言い訳をしたくなる事があります。
それはでも良い結果に進む方向ではありません。
無料でもボランティアでも少額でも、卒業したらプロの仕事です。
プロとしてやってもらいたいと思います。
(少額でも積み上がれば申告の必要が出てくる事もありますし。)

整体

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT
カテゴリー
おもてなし規格認証2019