整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 

12月17日から20日までは名古屋で授業です。

読了までの目安時間:約 2分

こんにちは。
てあて整体スクール・荒木です。


押さない揉まない体重をかけない指針整体
ボキボキしない骨格調整のマッスルエナジーテクニック
姿勢や歩き方の見方と指導方法
症状別のストレッチ などなど
他にはないカリキュラムで患者さんに喜ばれる整体師を育てています。
東京練馬と愛知名古屋に教室のある整体学校です。
来週、12月17日(火)からは今年最後の名古屋での授業です。
一日体験入学、整体無料体験など受け付けています。
全く始めてからの整体学校です。


てあて整体スクール名古屋教室
場所:愛知県名古屋市東区葵 3-14-20-2F
日程:12月17~20日 10:00~14:00
申込:teate@nifty.com 03-3922-7230
詳細:
期間中はどの日も授業見学と整体体験が出来ます。
見学も体験も無料です。
場所はJR・地下鉄千種駅徒歩1分の水素ハスハナというサロンです。


関節7・てあて整体スク-ル

関節1・てあて整体スクール

名古屋3・てあて整体スクール

名古屋2・てあて整体スクール

患者さんに聞かれること。

読了までの目安時間:約 4分

整体院を開業したり整体師の仕事を始めると、患者さんに聞かれることがあります。


私の体曲がってますか。
どこかズレてますか。
どこが悪いんですか。
そこが悪いんですか。


その質問に答えます。
どうやって答えるか。
何を答えるか。
そこが問題です。


整体学校や整体スクールで授業を受けている時、生徒さんは先生に質問します。
答えるのは簡単です。
だってそれくらいの事は既に考えて来ました。
自分なりに答えられるようになるまで、調べたり考えたりしました。
だから答えるのは簡単です。
でも、答えることが生徒さんのためになっているのか。
そこが難しいところです。
日本の学生の読解力が落ちているという傾向があるようです。
主要国の学生の学力調査をしたところ、特に読解力が落ちている。
この原因をいろいろ言われていましたが、原因の一つにスマホでの検索があると聞きました。
スマホで検索をすると答えが直ぐに出てくる。
だから自分で考えることをしなくなったということです。


同じではないですが、少し気になる事があります。
聞かれたことに答え過ぎていると、自分で考えなくなってしまうのではないか。
何でもかんでも答えるのは良くないかもしれない。
そんな事を思います。
自分で考えてから質問して下さいなんて言ったりしますが、結局、質問に答えてしまうことがあります。
ちょっと考えものです。


生徒さんは卒業します。
卒業して開業したり仕事に就いたりしたら、患者さんと一体一の仕事になります。
手元にはテキストもなければスマホを見る訳にもいかないし、荒木もいません。
質問には自分で答えることになります。
知っていることなら自分で答えられますけど、知らなければ答えられないのか?
自分で考えるクセがついていれば、質問に対してもいろいろと考えることが出来ます。
考えた末に自分なりの仮説の話をすることが出来ます。
正解かどうかは問題ではありません。
そこで考えて答えられるかどうか。
そこが問題だと思っています。


もう20年以上前に小さなチェーン展開の整体院が増えた時期がありました。
その時に行った2店舗の整体師さんのことを思い出します。
一人は池袋のスポーツ系の整体院の人でした。
背中を触診していたら、「これだと腰が痛くなりますね、どうですか?」と聞かれました。
確かに腰が痛くて行ったので「はい」と答えたら、「院長だったら治せるんですけどねぇ。(笑)」と言われました。
もう一人は目白にある小さな整体院の人。
触診とモーションパルペーション(動的検査)をしていたら、「これだと右腰が痛いと思いますけどどうですか?」と聞かれました。
その時は特に痛みはなく筋肉を緩めて欲しいだけで行ったので、「いいえ痛くないです。」と言いました。
そしたら、「おかしいなぁ、学校ではそう習いました、痛いはずなんですけどね!?」と言われました。


最初の話と脈絡はありませんが、自分で考えないとこんな風になってしまう、と言う話です。
自分の頭で考える。
答えが間違っていても構いません。
自分の頭で考え続けていると、いろいろなことに整合性が取れるようになって来ます。
整合性がとれて来ると、考え方の軸のような芯のようなものが出来ると思います。
軸や芯が出来てくれば、自分の考えは正解に近くなって来るはずです。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

身体の使い方

読了までの目安時間:約 3分

ダンスを初めて数年という大学生に「身体の使い方」の話をしました。
腰痛があって整体院に来たものの、話を聞いていると身体の使い方を聞きたいということだったのでそうなりました。
てあて整体院には個人セッションというコースがあるのでそれですね。


立った姿勢や腕を動かす動作を見て、これはボディマッピングの話から始めるのが良いかと思いそうしました。
ボディマッピングは身体の地図などとも言われ、ボディワークではよく使う手法です。
頭の中にある身体の地図を書き換えることで、身体が動き易くなるというもの。
身体の地図は頭の中に出来ている身体に対する認識のようなもので、身体はこんな形をしていてここから動く、というようなものが出来上がっているというものです。
出来上がった認識は習慣のようになって、身体をいつもそこから動かそうとします。
例えば首は顎から下だという地図を持って動かしていると、顎から上にある首の部分は動きにくくなります。
(首の骨は耳の間くらいまである)
セミナーなどでやっている内容を1時間くらいに凝縮して話をしました。
話をしながら少しずつ身体を動かしたりもしました。


最後の方には少し動きも変わりましたが、まだまだ納得の行くものではありません。
でも、考え方が変わり、感覚が変わる体験をしてもらえば、後は自分でもなんとかなっていくと思います。
コンテンポラリーダンスを踊りたい、仲間とパフォーマンスをしたいと言うことだったので、ダンスレッスンの進め方だとかダンスの種類の話だとか、発表のことだとかも話をしました。
ダンススタジオもあまり知らないようだったので、ジャンル別にいくつか紹介もしました。


「体の使い方」を知らない人が多そうです。
多かろうが少なかろうが、これから必要になってくることは間違いない。
学校で教えてもらっていない、と言うのは最近の人からよく聞く言葉です。
体の使い方が分からなければ、姿勢や歩き方が悪くなり、スタイルだけでなく健康にも影響が出てくることは目に見えています。
O脚や猫背や巻肩やストレートネックや腰痛や肩こりも、体の使い方の結果増えてきているように思います。
教えてもらうことだけが知ることではありませんが、知る機会が少なくなっていることも確かです。
何とかしろと言われているような気がします。

アイリッシュマン

読了までの目安時間:約 2分

どうしようかと考えていた映画だったけれど観て良かったと思う。


アイリッシュマン
>>> https://www.netflix.com/jp/title/80175798


ロバード・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシという俳優陣に監督はマーティン・スコセッシ。
観たいなぁと思って調べたら209分もある作品。
それにネットフリックスってインターネットTVで見るものなのか?とちょっと思って躊躇していました。
でもまあ一日休みだったしということで吉祥寺まで観に行ってきました。
良かった。
最後までトイレに立たずに持つかなと思いましたが、なんとかそれは大丈夫。
それよりも最後までダレずに見ていられるかと思いましたが、それは全く大丈夫でした。
途中から不思議な感覚になって来ました。
とある男が青年から壮年になる時期にギャングになって一生を過ごしていく話。
たぶん40年くらいの時間が流れているんだろうと思います。
ネタバレになるのでいろいろ書けませんが、この209分という時間が良い部分もあったように思います。
ロバート・デ・ニーロもアル・パチーノもジョー・ペシも良い演技をします。
見ていて彼らの長い人生に移入してしまうような感覚になります。
行ったり来たりする時間、と今、そして少しずつ流れ動く時間。


自分が人生を述懐する時に、こんな風にいろいろなことが頭の中を流れ考え感じるのではないかと言うような感覚になりました。
年代によって全く見方が違うだろうと思います。
アラカンで見られて良かったと思う。
これが主人公に近い年齢だとどうなんだろうと思う。
20代30代だとどうなんだろうと思う。

大人の偏平足

読了までの目安時間:約 3分

ネットニュースで読んだ記事に「大人の偏平足」について書かれていました。
大人の偏平足とは中年期以降に起きる「成人期偏平足」という病気だということです。
原因は


・後脛骨筋腱の機能不全(うまく働かないこと)
・外傷(外から何らかの力が加わって傷つくこと、いわゆる怪我)
・関節リウマチ
・足の腫瘍  など


中でも最も多いのが後脛骨筋の機能不全ということです。
症状は


■初期症状
・足の内側や足裏が強く痛む
・内側のくるぶしから下辺りが腫れる
・土踏まずがなくなり平べったく変形する

■進行時症状
・片足でつま先立ちができなくなる
・足全体が硬くなって歩けなくなる


西洋医学も医師も否定するつもりは毛頭ありませんけど、こうやって病気を創るのはやめて欲しい。
病気を創って治療を促すということなんだろうと思いますが、これ、殆どは病気ではないと思います。
原因は


足指を使わない歩き方


です。
後脛骨筋群の機能不全はその結果出てきたものでしょう。
足指を使わない歩き方とは、前ももを使って膝を前に持ち上げ、足を前に進める歩き方です。
後ろ脚の足指を使わずに、膝を前に持ち上げることで先に進みます。
足指を使わないので、足首の曲げ伸ばしがありません。
歩く時の後ろ脚は、足裏全体が地面から離れるようになります。
足裏全体が地面を離れるので、足首は曲がったままです。
後ろ足の踵が持ち上がったとしても、足指が使われないと、足首は曲がったまま前に持って行かれます。
足首が曲がったままだと、後脛骨筋群は使われず機能不全になっていく可能性があります。
(後脛骨筋群を使うと土踏まずのドームを上から引っ張るように働いています。)


整体師として20年。
人の姿勢や歩き方を見てきて分かることは、前ももを使い膝を前に持ち上げて歩く人が増えていることです。
10年以上前には若い女性の内股が流行りました。
内股で歩くと前ももを使う歩き方になります。
それが日常的になり一般的になって来ている印象があります。
それだけでなく、以前よりも歩く歩数が減り運動が減っています。
そのことで歩き方に変化が出てきていても、はっきり分かるような症状や状態にはならないことから、前もも歩きが増えていると思っています。


歩き方を変えれば土踏まずは出来てきます。
患者さんで子供の頃から土踏まずがない人に指導したことがあります。
時間はかかりましたが、少しずつ土踏まずが出来てきています。
歩き方は変えられます。
病気だと思わず、自分の体を変えることを考えて欲しいと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

【 マダカラ 】 って何?

読了までの目安時間:約 3分

【マダカラ】という名前でストレッチのようなトレーニングのようなクラスをやっています。
東京と名古屋で月に1回ずつやっています。
ストレッチ教室をもう10年以上続けていますが、何か良い名称はないかと考えていて今年に入って変更しました。
まだ全く定着していません。(笑)


マダカラ


『まだまだ動けるカラダを創る』というのが名前の由来です。
元々は40歳以上の方を対象に考えていましたが、30歳代以下の方でも参加出来ます。
40歳代以上の方が対象なので、ゆるい感じかと言うとそうでもありません。
これくらいの年代の人が「まだまだ動けるぜ!」と思えるくらいの強度でやっています。
そもそも歳を取ると少しくらいのことでまだまだ動けるなんて言いません。
コケンに関わりますからね。


やっていることは主にコンテンポラリーダンスのフロアワークです。
床の上でゴロゴロしながらカラダのコアを動かして行きます。
筋肉をストレッチするよりも、骨を動かすことで副次的に筋肉が緩むことを狙ってます。
最初から床の上なので転ぶ心配がないというのがミソです。
とは言えやったことのない方にとっては、全く始めての動きばかりだと思います。
それでも、なんとなくやっているとカラダが緩みます。
ぎゅうぎゅう引っ張ることはなく、いろいろな動きをしているうちに床の上で捏ねられたようになります。
今月もあります。
名古屋と東京。
気になる方は問合せください。


マダカラ名古屋
12月17日(火)19:00~20:00
於 名古屋市短歌会館(伏見駅1分) 1500円

マダカラ東京
12月24日(火)18:30~19:30
於 ホールDOZ(六本木駅7分) 1500円

申込 teate@nifty.com
詳細 https://teate.co.jp/corestretch

タイミングは待っていても来ない。

読了までの目安時間:約 3分

整体スクールの学生さんや卒業生と話をしていて、たまに聞くことがあります。


タイミングが来たら開業しようと思う。


言い方は違うけれど同じようなことを言う人たちがいます。
タイミングが合えば開業したい。
実力がついたら開業しようと思う。
今ある問題が解決したら開業します。
こう思っている人は開業出来ないことが多い。
あるいは開業しても上手く行くのが難しいことが多いように思います。
上手く行かない訳ではないけれど、時間が掛かったり苦労したりします。
ニュアンスが違いますが、タイミングを自分で作ろうとする人は上手く行くことが多いように思います。
いついつまでに開業する。
今の問題を解決して開業する。
いついつまでに実力をつけて開業する。


心の持ち方なんだろうと思います。
タイミングが来たら開業したいという人は、基本的に自信がない人が多い。
自信がないので、自信がついたら開業しようと決める。
自信がつくにはこれこれの条件がある。
その条件が達成出来たら開業しようと思う。
ということ。
ところが。
条件は変わります。
当初考えていた条件が達成出来ると、また新たな条件を思いついてしまう。
何故なら自信がないから。
これ堂々巡りになるんですね。


根拠のない自信がある人は成功しやすいという傾向はあります。
どうしてそう思うのか分らないけど、なんとなく上手く行くと思っている。
だからタイミングは自分で創って開業する。


とこんなことを書きましたが、自分に自信があるかないかは成功には関係がないと思います。
根拠のない自信がある人は成功しやすいと思いますが、根拠のある自信のある人は成功まで時間がかかると途中で挫折してしまいそうになりがちです。
自信がない人が自信がないということを認識して受け止めていれば、成功しやすい場合もある。
でも、自信がないことを認識していても、受け入れていない場合は成功はなかなか難しい。
荒木は自信があるのかないのか。
これがなかなか難しいところで、捉えどころがありません。
信じられないほど楽観的なところもありますが、自信がない部分もある。
だから自信がない部分については、きちんと認識し受け止めるようにしています。
少なくとも失敗しないためには、そんなことも考えておかないといけません。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

アレクサンダーテクニークを一言で言うと。

読了までの目安時間:約 3分

アレクサンダーテクニークはFMアレクサンダーという人が発見した、人の自分の使い方とそのの指導法です。
アレクサンダーさんは約100年くらい前に活躍されていた方で、元々は朗読劇の俳優さんでした。
舞台上で声がかすれて最終的に出なくなってしまう経験から、自分がやっていることを探求して行きました。
声の出し方から始まった研究・探求でしたが、周りを見ると体の使い方が上手く行っていない人に共通のことがあることが分かりました。
そんなことから、自分以外の人に対しても使い方を指導するようになりました。
アレクサンダーさんが生きているうちは、アレクサンダーテクニークとは呼ばれていなかったようですが、彼にあなたがやっているこれは一言でいうと何ですか?と聞いた人がいたようです。


レディネス ( readiness )


答えはレディネスだったそうです。
英語が母国語ではないので正確にはイメージ出来ませんが、辞書をひくと「用意出来ていること」とあります。
アレクサンダーテクニークがいう自分の使い方とは、用意出来ていることと言えます。
ただし、何か特定のことに対して用意が出来ているということではありません。
何か特定のことに対して用意をすると、人は往々にして習慣的な動きにはまりこんでしまいます。
自分で考えることをせず、今までの習慣に身を任せてしまいます。
そう言う意味での用意ではなく、全てに開かれているというようなイメージです。
例えば、立っている姿勢から、歩くことも出来る、飛ぶことも出来る、座ることも出来る、振り返ることも出来る、声を出すことも出来る、そんな状態です。
そんな状態のようなことを、意識的にコントロールして行う。
自然な状態というと少し違うかもしれませんが、本来のその人の状態や使い方である、ということです。
何かが上手くいかない時に、その状態に意識的になれれば、上手くいかない何かが上手くいくかもしれません。


では一言ではなく二言だったらと聞いた人がいたそうです。
その時の答えは。
インヒビション ( inhibition )
ディレクション ( direction )
だったそうです。
こちらは少し話が長くなりそうなのでまた別の機会にしたいと思います。

開業は今までと全く違うことをするのではありません。

読了までの目安時間:約 2分

練馬区と名古屋で整体師を育成しています。
てあて整体スクール・荒木です。


開業をするのは、今までのことを捨てて全く新しい自分になるんだとか。
開業したら今までと全く違う仕事だから、今までの仕事や経験は活かせないだとか。
そんなことを思う人がいるようです。


違います。


開業してもあなたはあなたです。
今までの経験を活かさないでどうするんですか。
これまで積み上げてきた知見はあなただけのものです。
全く違う仕事だと言うのは、やっていることが違うだけです。
仕事に向き合う姿勢や考え方の道筋は活かせることばかりです。
逆に言えば。


今までの経験や知識が全く活かせないのなら、開業しても上手くいきません。


そりゃあそうでしょう。
今まで失敗してきたのなら、やることを変えても失敗します。
今まで何もしてこなかったのなら、これからも何もすることは出来ません。
目先を変えれば上手く行くなんてことはありません。
自分には能力があるのに、それを上手く活かせない上司や会社が良くなかったせいだと思っているなら、それも間違いです。
能力を出せないのも活かせないのも自分の能力です。
考えていることを活かせない表に出せないのは、活かせない表に出せないという能力しかないと言うことです。


転職や開業をしようと言うのなら、自分が出来たこと、上手く行ったこと、これまでやって来たこと、他の人にはない能力を思い出して下さい。
それを活かすことです。
それを活かすことが出来ます。
これからする仕事で、これまでの仕事を活かして下さい。
それは他の誰にも出来ないことです。
あなたにしか出来ないことです。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

肩甲骨はがし

読了までの目安時間:約 3分

「肩甲骨はがし」という言葉を聞くようになりました。
街を歩いていて写真を見たりすると、昔からあった手技だと分かります。
上手な先生が受ける人の状態見てやれば気持ち良いんだよね。
と思います。
でも、上手でない先生が、受ける人の状態に関係なくやると、気持ち良くないばかりか、調子が悪くなることもあります。
どんなことでもそうかもしれませんが、看板に「肩甲骨はがし」なんて書いてあると、ひょっとして入店者全員にするんだろうかと思ったりして気になります。


肩甲骨はよく動く骨です。
肋骨の上に乗っていて、肩甲胸郭関節で胸郭と繋がっていますが、肩甲胸郭関節は真の関節ではなく、筋肉で繋がれて胸郭(肋骨)の上にあるだけです。
筋肉で繋がっているので、胸郭の上を滑るように大きく動きます。
肩甲骨をつないでいる筋肉が硬くなると肩こりになりやすいので、肩甲骨を動かすことで肩こりなどを解消しよう、というのが肩甲骨はがしの目的だろうと思います。


肩甲骨周り
(左:僧帽筋、右:菱形筋等)


受ける人の状態ってどういうことでしょう。
肩甲骨を胸郭につないでいるのは、僧帽筋や肩甲挙筋・菱形筋・前鋸筋・小胸筋など沢山の筋肉があります。
その筋肉が硬い状態で動きづらい状態だったら。
まずは動きを出し緩め柔らかくしてからの方が安全だろうと思います。
もちろん上手な先生が慎重にすれば、そのままの状態でも出来る可能性はあります。
もう一つ気になることもあります。
殆どの肩甲骨はがしの写真は、肩甲骨と背骨の間の菱形筋あたりから、肩甲骨の内側に手指を入れています。
上手な先生なら別ですよ。
でも上手でない先生なら、菱形筋や僧帽筋の側ばかりがストレッチされます。
肩こりの多くは肩甲骨が前や下に引っ張られ、菱形筋や僧帽筋が伸ばされて起きています。
その僧帽筋や菱形筋を伸ばすと、肩こりは良くなりません。
気持ちは良いですけどね。


気持ちが良いからと言って、肩甲骨はがしで背中側ばっかりストレッチしたりするのは気をつけた方が良いと思います。
肩こりの施術は何に気をつけるべきか、てあて整体スクールでは症例別の授業で学びます。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019