東京の整体スクール・学校をお探しなら「てあて整体スクール」 » 院長ブログ » アレクサンダー・テクニーク » 

コーディネーションに興味がある。

読了までの目安時間:約 3分

ピラティスの指導者とアレクサンダーテクニーク教師を長年続けている、スーザンシンクレアさんのワークショップを受けて来ました。
今日は動きの質を上げるためのワークショップ。
荒木のアレクサンダーテクニークの師匠・石坪佐季子さん主催の会でした。
参加者はピラティス・インストラクターやアレクサンダーテクニーク教師ばかりでした。

コーディネーションに興味がある。
今日、スーザンのWSを受けていて一番印象に残っている事です。

最初の短めのハンズオンワーク(手で体に触れていくレッスン)からそうでした。
ハンズオンワークはアレクサンダーテクニークで使われるレッスン方法です。
受ける人の体に手で触れていきます。
触れる事で受けている人が自分自身に気がついたり、知らずにやっている事から解放されたりします。
操作をしている訳でもマッサージでもありませんが、手で触れる事でその人自身の感覚にアクセスするような事になります。

10数人いる参加者の体に少しずつ触れて行きますが、彼女が興味を持って見て感じているのはコーディネーションのようでした。
受けている人全体のコーディネーションが繋がったり一体になったり、どどこおるところがなくなったり、動きが出たりしたタイミングで終わっていました。
自分自身が受けた時もそうで、触れられる事で、自分が忘れていた動いていない滞っている流れていない部分に、自分の意識にない自分が気がついたところで、全体が動きを思い出して、終わった印象です。
そして、スーザンと佐季子さんは最初から、コーディネーションが見えていました。
どこも止まっていない止めていない、滞っていない流れがある。

佐季子さんの使うホールボディ(体全体)という言葉が意図しているのは、全体のコーディネーションが見えるということなのかと思いました。
スーザンのワークはいつもシンプルで分かりやすいもので、はっきりと意図が見えるものです。
何かをしている訳ではなく、意図がぶれない印象かな。

コーディネーションに興味がある。

興味があるというところが良いなと思いました。
コーディネーションを見ているでも、注意しているでもなく、興味がある。
ありがとうございました。

スタジオプラスA

感じる”姿勢” 〜アレクサンダーテクニークで見直す自分の体

読了までの目安時間:約 3分

姿勢をテーマにしたアレクサンダーテクニークのレッスンでした。

今日は初めてアレクサンダーテクニークを受けるという方がいらっしゃいました。
会社員をされながら、体の事やセラピーに興味があり、さまざまなセラピーを受けたり学んだりしている方でした。
アレクサンダーテクニークは本を数冊読んでみて、興味深いと思われたようでした。
今日は一人の参加だったので、アレクサンダーテクニークについて解説するところから始めました。

アレクサンダーテクニークは体験学習と言われます。
また、ノンドゥーイングアプローチとも言われます。
治療でも施述(セラピー)でもなく、マッサージやストレッチでもありません。
エネルギーワークでも宗教でもない。
何となく難しそうなのは、ジャンル分けすると当てはまりにくいからだと思います。
ジャンル分けされた何かに属していれば分かりやすいんですが、他ににた事をするものがあまりないので、分かりずらいと思われるのかもしれません。

あえて、教育と言ったりしますが、一般的な教育とも違います。
何かについて知っている熟知している先生が、まだそれを知らない生徒さんに教える、という形ではありません。
生徒自身が自分で体験しながら、はっはぁん自分の場合はこんな感じなのね、と進めていく方法です。

今日はハンズオンワークという手で触れる方法と、ライダウンという床に寝る方法をやってみました。
いろいろ話をしましたが、話だけでは体験が少ないので、話た事を思い起こせるような体験をしてみてもらいました。

体が楽になり
力が抜けているのはこんな感じだったんだ
と分かりましたとのことでした。

感じる”姿勢”は不定期に続けていこうと思います。
同じような内容になるかもしれませんが、整体師・セラピストのための体の使い方という講座も始めようと思います。
自分の体を感じる時間が減っていると思います。
頭でばかり考える習慣がついているように思います。
自分に戻って、自分を感じて、そこから始めると、無駄な力や習慣にも気づいて止めることが出来るかもしれません。


AT1

ATグループレッスンでした。

読了までの目安時間:約 2分

今日は月に一度のアレクサンダーテクニーク(AT)グループレッスンでした。

今月のテーマは「エンドゲイニング」と「上半身と下半身のマッピング」です。

エンドゲイニングは目的だけを手に取るように行動する、途中がない経過がないような行動や考えの事です。
アレクサンダーテクニークで良く使われる言葉で、そうならないようにしたいねと言われます。
また、マッピングは体の地図とも言われて、誤解して認識している体の仕組みや形や構造について、簡単な解剖学や触れたり動かしたりをして確認していく事です。
確認する事で、実際の仕組みや形や構造を使った動きが出来て、動きやすくなったりします。

今日は四つ這いになったり、階段を登ったり降りたり、床に寝て膝を立てて感じてみたり。
いろいろなことをしながら試していきました。

毎月一回、第一日曜の午前中に大泉学園の整体スクールでやっています。
次回はゴールデンウィークを避けて5月12日の10時から行います。
興味のある方はいつからでも参加出来ます。
参加費3000円です。

AT1
AT2

知らないうちに入っている力を抜くのは難しい

読了までの目安時間:約 3分

入っている力を抜くのはそんなに難しくはないと思います。
でも、知らないうちに入っている力を抜くのは難しい。
知らないうちに入っているんだから、そもそも力が入っているから抜こうと思わないですよね。

自分がやっていないと思っている事をやめるのは難しい。
という趣旨のことをFMアレクサンダーさんが言ったと言われています。
アレクサンダー・テクニークを発見した方です。
そりゃそうです。
自分ではやっていないんだから、やめて下さいと言われても、やってもいないことをやめるなんて、ってなりますね。

先ず気が付く事から始めます。
自分を観察して、気が付く。
何かやっているのかいないのか。
知らないうちにやっている事は意外に沢山あると思います。
でも、それがやっていることなのか、そうなっているものなのかの判別が難しいと思ってしまう。

仰向けに寝て力が抜けているか確認してみて下さい。
意外に抜けていません。
寝ているので力を抜くのは比較的簡単です。
抜けても倒れないので、安心して抜く事が出来る。
ところが、意外に入っている力があります。

確認方法にコツがあります。
部分部分で確認して行きます。
仰向けに寝たら、頭と床がくっついている所、首、肩甲骨、腕のあたり、肘、手の甲、背中の上の方、腰、お尻、腿の裏、ふくらはぎ、踵。
後ろ側は床とくっついているので少し分かりやすいです。
あまり感じられなかったら、力が入っているのかもしれません。
それが出来たら、床とついていない部分に行きます。
そこは自分の体だけ。
首や肩の前や胸や腹、太ももの前だったりです。

そうやって体を部分に分けて確認していくと、あれちょっと力がという部分が出てくるかもしれません。
そこに気がついたら力を抜いてみて下さい。
意外に難しいかもしれません。
でも、根気よくやってれば必ず出来ます。
だって、何かをするのではなく、やってることをやめるだけですから。

少しずつ脱力が出来るようになると、脱力している時の感覚がわかるようになります。
そしたら、日常的に少しずつ気がついて、力を抜いてみるようにしてみて下さい。
少しずつ体が解放されて行きます。

それでも難しかったら、アレクサンダーテクニークを受けにきて下さい。
脱力や無駄な力を抜くお手伝いをします。

https://teate.co.jp/alexandertec

感じる”姿勢” 〜 アレクサンダーテクニークで見直す自分の体 〜

読了までの目安時間:約 2分

姿勢が気になる人にワークショップを開催します。

反り腰、巻肩、ストレートネック
猫背、顎前 などなど

姿勢は自分の使い方の結果です。
そうは思っていないと思いますが、自分がそうやっている自分の使い方が、今の姿勢を作っています。
気になる姿勢をどうするか。

自分の姿勢を感じる事から始めましょう。

アレクサンダーテクニークは自身の使い方のワーク、メソッドです。
自分の使い方を考える時、まずは自分を観察して、自分が何をやっているか、今どんな感じなのかを識ることから始めます。
90分の講座でアレクサンダーテクニークのアプローチ方法を知り、実際にハンズオンワークを受けて自分を観察する練習をしましょう。
自分が何をやっているかを感じられたら、そこが始まりです。

姿勢が気になる人、アレクサンダーテクニークが気になる人は来て下さい。
初めての方歓迎です。


感じる”姿勢”
〜 アレクサンダーテクニークで見直す自分の体 〜

日時:4月14日(日)10:30-12:00
場所:てあて整体スクール(西武池袋線大泉学園8分)
   東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
料金:9,000円
問合:mail. teate@nifty.com
LINE. https://lin.ee/H5NyjYT
LINE QR

スタジオボディM2・てあて整体スクール
姿勢ビフォーアフター

アレクサンダーテクニークが腰痛に効果があるという話

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダーテクニークを受けると腰痛に効果があるという論文があります。
実際に読んでいないので、これに対して何か言う事は出来ませんが、少なくともアレクサンダーテクニークを受けて、その後に腰痛が改善した人がいたというのは事実だと思います。

どうしてアレクサンダーテクニークが腰痛に効果があったのか。

ものすごく簡単に言えば、体に使い方が変わったからだと思います。
長年、整体師をやって来たので、たくさんの患者さんを見ました。
腰痛になる原因はさまざまですが、それぞれに原因があって腰痛になっています。
原因の多くは体の使い方です。
椅子に座っている姿勢だったり、しゃがむ時の動作や立ち上がる動作。
歩き方や物の持ち方なども原因になる事があります。
くしゃみや重い物を持った時になるぎっくり腰は、それが原因と言うよりきっかけになっている印象です。

その体の使い方を変えれば、痛みは出なくなる事があります。

もちろん別の原因の場合は、痛みが変わらないこともあります。
でも、多くは体の使い方を変えて、疲れを抜けば痛みは改善します。
一言で言えば、無理無駄な使い方をやめるということです。
自分では気がついていませんが、無理な力が入っていたり、無駄な力が入っている事があります。
それに気がついてやめる。
そうすると無理無駄な力が抜けた分、無理のないなめらかなスムーズな使い方になって痛みが消える。
そういうことだろうと思います。

腰痛や肩こりや日々の疲れに、アレクサンダーテクニークを受けるという方法もあります。

体を痛める使い方

読了までの目安時間:約 3分

腰痛や肩こり、膝が痛いといった患者さんを見ていて、どうしてそんな体を痛める使い方するんだろう、と思う事があります。

整体院を開業して暫くして、痛みやさまざまな症状に対応できるようになって。
患者さんは治っていくんだけど、また同じようなことで来院される方がけっこういる事に気がつきました。

なんでだろう。
なんでまた同じような痛みで来院されるんだろう。
気をつければ良いのに。
そう言えば使い方が間違ってるのか。

腰痛や肩こりや膝痛で来院される方の原因を考えていると、腰痛や肩こりや膝痛になるような使い方をしています。
だったらそうならないような使い方を教えれば、同じような痛みにならなくて済む。
そう思っていろいろ探して行き着いたのがアレクサンダーテクニークでした。
アレクサンダーテクニークを学べば自分の使い方を教えられると思ったんですね。
確かにアレクサンダーテクニークを受けると、腰痛が改善するという論文があるようです。
でも学んでみると腰痛にならないような使い方を教える、というわけではありません。
その人の癖や習慣から解放された、その人自身の使い方を思い出してもらう。
それが痛みの出にくい使い方になっている、ということなんでしょう。

体を痛めるような使い方をしている人が増えています。

でも自分では分かりません。
普段の使い方は、いつもの使い方ですから、馴染みが深く、違和感がない使い方です。
この、今の、何でもない使い方が、体に悪いなんて感じないものです。
猫背でも反り腰でも、肩に力が入っていても、息が止まっていても、そんなに違和感なく生活していると思います。
だから難しい。
難しいんですけど、分からない訳ではありません。
いろいろ方法はあります。
アレクサンダーテクニークもその方法の一つです。

気になったら連絡ください。
荒木はアレクサンダーテクニーク教師です。

アレクサンダーテクニークのページ >>>

アレクサンダーテクニーク @NHK文化センターさいたまアリーナ教室

読了までの目安時間:約 3分

昨夜は月に一回NHK文化センターさいたまアリーナ教室で行っている、アレクサンダーテクニーク・グループレッスンでした。

この教室では1年半くらい前にお声掛けを頂いて講座を始めました。
「アレクサンダーテクニークで探求する”自分の使い方”」という、何とも仰々しい題名の講座です。
いろいろとキャッチーな謳い文句で人を集めるようなことはやめて、ド直球で勝負してみようとこの題名にしましたが、4名の方が応募して頂いてずっと継続してもらっています。
( https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1260952.html )

実は先月は実家案件もあって代講をお願いしました。
トレーニー(勉強中)からお世話になっている先輩で、自分とは違うスタイルで憧れもし尊敬している方です。
ちょっと失礼かなと思いましたが、感想を聞きました。

終わってみると体が楽になっている感じ。
膝にふれてもらったら安心して歩きやすくなった。
説明はないのに、体が変わる感じ。

みたいな感想でした。
そうなんです。
そこが自分と一番違うところなんです。
私の場合はどうしても説明的になってしまう。
体感を大切にしたいと思いつつ、どうしても解説を�たくなる。
それで安心するんでしょう。

でも、アレクサンダーテクニークは体感や体験がとても大切です。

今年のテーマとして説明よりも、体感や体験で変化を感じてもらう。
と思っていたので、それを思い出しました。
解説して安心するんじゃなく、体感して変化を楽しんでもらう。

昨日はそれもあってストレッチをやりました。
ストレッチと言っても普通とは少し違います。
床の上でゴロゴロしながら体を動かします。
脱力をしながら動くのは意外に難しく、息が止まったり肩周りに力が入ったりします。
それを、やりながら感じてもらう。
終わって歩いてみると、ストレッチ前とは体の感覚が変わります。

4月から新たなにまた始まります。
NHK文化センターさいたまアリーナ教室はさいたまアリーナに隣接した施設です。
さいたま新都心駅から徒歩で5分くらい。
さいたまアリーナの入口左の広い階段を上がって、エレベーターに乗って6階です。
受講お待ちしています。


NHK文化センターさいたまアリーナ教室
埼玉県さいたま市中央区
新都心8番地
さいたまスーパーアリーナ内6階

春の講座案内 >>> チラシ2枚目、健康中段下
https://www.nhk-cul.co.jp/information/school/3300/c27b8a0270086864bfa6a32ca1101f29ecf9136e.pdf

こんな広い部屋を使わせてもらっています。
NHKさいたまアリーナ

アレクサンダー・テクニーク

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダー・テクニークは心身の使い方(のレッスン法)と言われます。

荒木は整体師の他にアレクサンダー・テクニーク教師としても10年ほど活動していて、NHK文化センターさいたまアリーナ教室では『アレクサンダーテクニークで探求する”自分の使い方”』という講座を続けています。
ちょっと難しそうな題をつけてしまいましたが、日頃の動作や姿勢などをもうちょっと楽に出来たら良いなと、いろいろな事を試しながら続けています。
実際にはハンズオンワークと言って、手で体に触れるワークだったり、さまざまなゲーム的な事を通じて、自分に気が付く事を行っています。
自分に気づく?って感じだと思いますが、普段は意外に自分のことを忘れて行動したり姿勢を取ったりしています。
それを思い出す作業ですね。
そして、やらなくても良いことをやめてみて、そしたら自分がどんな感じになるかを確認していく。

普段の何気ない動作に、やらなくても良い癖が含まれて居るとしたら。
それをやめてみる。
新しく正しい事や上手くいく事を練習するのではなく、今やっているやらなくても良い事に気がついてやめる。
どんどんプラスするんじゃなくて、引き算で楽な自分に戻る。
そんな感じです。

たまに自分のやっていることを言葉にするようにしようと思います。
アレクサンダーテクニークもまた解説を何度もすると思います。
今回は動画も撮りました。
ご覧ください。


アレクサンダーテクニーク・グループレッスン 毎月やってます。

読了までの目安時間:約 3分

AT1
自分の体の使い方を見直したり、姿勢や立ち方・座り方を考えたり。
月に一度、てあて整体スクールでアレクサンダーテクニーク・グループレッスンを行なっています。
今年は基本に帰ろうという事で、月毎にテーマを決めて進めることにしました。

1月はアレクサンダーさんが発見した事についてと、頭と首のボディマッピングについてでした。
で、上の写真のように実際に触れてみたりをしました。
アレクサンダーさんの話はもう何度も聞いていると思うんですが、聞くごとに発見があることもあり、何度も話をするようにしています。
話をしていて気が付くこともありますから。

来月はインヒビション(抑制)というアレクサンダーテクニークの中でも、本当によく言われる事について考えてみたいと思っています。
ボデイマッピングは肩と腕について。
アレクサンダーテクニークは本当にいろいろな言い方をされます。
自分でも考えては話をする時の言葉を考えます。

自分の使い方。
心身の使い方。
知らず知らずやっている事に気がついてやめてみて、自分の在り方を思う事。
習慣的な心身の使い方から一旦離れてみる。
習慣を脱ぎ捨てると出てくる自分。
いまここ。

ま、いろいろです。
少なくとも「何かをする方法」ではなくて、「何かをやめるアプローチ」ではあると思います。
いろいろと試しているうちに出会う事が出来た自分自身の在り方だったりもします。

月に一度くらい自分と向き合う時間は楽しいものです。
いつからでも参加出来ます。
問い合わせお待ちしています。
アレクサンダー・グループレッスン詳細 >>>

てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市千種区今池 2-1-16-408
teate@nifty.com
https://lin.ee/H5NyjYT

AT2

1 2 3 21
てあて整体スクールLPバナー
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
mail teate@nifty.com
LINE https://lin.ee/H5NyjYT

院長ブログ

カテゴリー
おもてなし規格認証2019