整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » アレクサンダー・テクニーク » 

アレクサンダーテクニーク グループレッスンでした。

読了までの目安時間:約 4分

アレクサンダーテクニーク

なんでしょうね。
これ。
先日行ったアレクサンダーテクニーク・グループレッスンの一コマです。
荒木は毎月1回大泉学園でアレクサンダーテクニーク・グループレッスンを行っています。
毎回、テーマを決めてやっています。
最初はNHK文化センター光が丘教室でやっていたんですが、その教室自体がクローズになった関係で、大泉学園まで来ていただいて続けることになりました。
もう7年以上通って来てくれている生徒さんもいます。
少しずつ少しずつ気づくことがあったり、何となく調子が変わって良くなったり。
悪くなる程度が酷くなくなったり。
劇的な変化はごくたまにしかありませんが、日々の中で少しずつ変化に気づけるようになるのは良いことだなと思っています。


今月は床で何かやりたいと思い、近所の施設を借りて行うことにしました。
最初に少しストレッチもやったりして、四つ這いで動くワークを行いました。
四つ這いは荒木のアレクサンダーテクニークの師匠である石坪さんがよくやっていました。
体の感覚を得たり感じたりするのに、面白いワークだと思って荒木も取り入れています。
この時は体の中を通っている上下の方向性がどんな風に感じられるかと思って、頭をつけて動くことをしてみました。
頭を付け合ったら、片方が頭で押して下さいと言うと、それに応じて、反対側の人は後退りします。
押されるんだから当然ですね。
次に片方の方は骨盤を意識して押してみて下さいと言うと、おおおぉと少しどよめきがありました。
かなり大きな違いがあったようです。
どう違うんでしょう。
言葉では上手く言えないけど、全然違うと言うことでした。


体の使い方は、思いを変えるだけで変わります。
それは思いが変わると、使い方が変わるからです。
動作として全く同じことでも、やろうとすることが違うと違う筋肉を使うことがあります。
例えば椅子に座っていて、お尻に乗っている体重を、全部足裏に移します。(お尻が浮いて足に乗ります。)
そしたら、膝と股関節と足首を伸ばしてもらいます。
結果的には「立つ」ことになります。
でも、立って下さい、と言われてする動作とは違う人が殆どです。
どっちが良いかという話ではなく、どちらでも同じ結果になることがあると言うことです。


選択肢は沢山ある。(かもしれない。)


一つしか方法がないと、それが出来ないと全部できなくなってしまいます。
でも選択肢があれば、他の方法を試してみることも出来る。
そんな話もアレクサンダーテクニークでしたりします。
(アレクサンダーテクニークがそう言うことをやっていると言うことではなく、アレクサンダーテクニークの説明の一環としてそんな話もしたりします。)


自分の体がどうなっているか。
どんな風にそれを感じられるか。
もしくは感じられないのか。
自分の使い方を考える時間はなかなか面白いものです。
月に1回やってます。
興味のある方は問い合わせ下さい。

入門アレクサンダーテクニーク 無料イントロワークショップ

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダーテクニーク入門のワークショップです。
そもそもアレクサンダーテクニークって何?的なことから話します。
無料です。
アレクサンダーテクニークはまだまだメジャーではありません。
音楽業界やダンス業界など、プロの世界では知られて来ていますが、一般にはまだまだ全然。
なんとなく聞いたことはあると言う人がパラパラ見え始めたという状況です。
そこで。
どんな事をするのか。
そもそも何なのか。
体が使いやすくなるとか、脱力するとか。
聞いてみたいことを聞ける場にしたいと思います。
気軽に参加して下さい。


◆内容◆
・アレクサンダーテクニークって何?
・アレクサンダーテクニークの考え方
(インヒビション、ディレクション)
・ハンズオンワークを受けてみる。
・何に応用出来るのか。
・質疑応答


入門 アレクサンダーテクニーク 無料イントロワークショップ
日時 : 4月29日(金祝) 11:00〜12:00
場所 : てあて整体スクール(西武池袋線大泉学園7分)
     東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
料金 : 無料
定員 : 5名
申込 : teate@nifty.com
備考 : お名前と東京で参加する旨、メールにご記入下さい。


アレクサンダー2・てあて整体スクール

スタジオボディM2・てあて整体スクール

姿勢のアレクサンダー

月に一度のアレクサンダーテクニーク・グループレッスンでした。

読了までの目安時間:約 3分

アレクサンダーテクニーク・グループレッスンでした。


ATグループ

毎月一回、てあて整体スクールでやっているグループレッスン。
今月は初めての方がいらっしゃいました。
先輩、アレクサンダー教師からの紹介だったので、何となく責任重大と思ってしまいそうになります。
でもそう思ったところでどうしようもないので、思わないことにして始めました。
いつものようなレッスンです。
このクラスは数年前まではNHK文化センター光が丘教室でやっていたものです。
センターが閉まってクラスも無くなってしまったので、てあて整体で継続することにしました。
なので皆さん数年以上継続してレッスンを受けてくれている方々です。
昨年秋くらいまでは毎回別のテーマを決めてやっていましたが、話をしてみると毎回同じで良いという事を言われました。
月に一度のグループレッスンなので、同じことを思い出す事も楽しいという事でした。


そんなことで昨年末くらいからはずっとモンキーというのをテーマにやっています。
アレクサンダーテクニークを使った体の使い方の練習のようなものなんですが、これが深い。
いや、何度やっても発見があったり、違ったりします。
最近はそれをベースに組み立てをしています。
今回は初めての人がいたので、アレクサンダーテクニークの解説から入ってハンズオンワークを受けてもらいました。


終わってみると初めての方の感想は、なんかフワフワしているというものでした。
フワフワは体がフワフワ不安定というのとは違って、捉え所がないようなあるような感じだそうです。
でもそのフワフワ感が楽しいと。
なんかワクワクするとも仰っていました。
捉え所がないと、私には分からないと思って離れていく人もいますが、今回参加された方は逆に興味が強くなったようです。
個人レッスンも受けることにして、これから少しずつ始めます。


毎月のグループレッスンは月初の第一日曜午前にやっています。
興味のある方は問い合わせください。
3,000円で2時間のクラスです。
アレクサンダーテクニーク・グループレッスン >>>

【 超入門 アレクサンダーテクニークって何 無料イントロワークショップ 】やります。

読了までの目安時間:約 3分

【 超入門 アレクサンダーテクニークって何 無料イントロワークショップ 】やります。


超入門なのでアレクサンダーテクニークってそもそも何?的なことから話をします。
そして無料でやります。
実は昨年、荒木が起業してからちょうど20年でした。
周年企画として何かやろうやろうと考えているうちに年が明けてしまい、このままだと結局何もやらないままに過ぎていってしまうと思い、そうだアレクサンダーテクニークの周知を企画としてやろうと思いました。


アレクサンダーテクニークは何となく聞いたことはあるけど、どんなものなのかイマイチ分からない。
昔、聞いたことはあるけど受けたことはない。
どんな事をするのか聞いてみたい。
そんな人は参加して下さい。
参加してみて良かったら、個人レッスンなど考えてみてもらえたらと思います。
東京と名古屋でやります。
東京は状況によりオンライン(ZOOM)になるかも知れません。
オンラインにするかどうかは、直前になったらお知らせします。


◆内容◆
・アレクサンダーテクニークって何?
・アレクサンダーテクニークの考え方
(インヒビション、ディレクション)
・ハンズオンワークを受けてみる。
・何に応用出来るのか。
・質疑応答


超入門 アレクサンダーテクニークって何 無料イントロワークショップ@名古屋
日時 : 2月23日(水祝)14:30〜16:00
場所 : てあて整体スクール(地下鉄・JR 千種駅5分)
     愛知県名古屋市千種区今池 2-1-16-408
料金 : 無料
定員 : 5名
申込 : teate@nifty.com
備考 : お名前と名古屋で参加する旨、メールにご記入下さい。


超入門 アレクサンダーテクニークって何 無料イントロワークショップ@東京
日時 : 2月11日(金祝) → 終了しました。
場所 : てあて整体スクール(西武池袋線大泉学園7分)
     東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
料金 : 無料
定員 : 5名
申込 : teate@nifty.com
備考 : お名前と東京で参加する旨、メールにご記入下さい。


アレクサンダー2・てあて整体スクール

スタジオボディM2・てあて整体スクール

姿勢のアレクサンダー

無料ZOOM事前相談 〜アレクサンダーテクニーク

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダーテクニークを受けてみたいけど、ちょっと初めてだしどうしようか考えているという方に。
無料ZOOM事前相談を始めています。
ZOOMはオンライン通信アプリで無料でどなたでも使うことが出来ます。
ちょっと気になっているんだけど。


どんな内容か知りたい。
何をやるか教えて欲しい。
自分の悩みは関係あるか聞きたい。
どんな人なのか見てみたい。


そんな時は連絡下さい。
メールで希望日時など連絡いただければ、予定を決目ます。
こちらでZOOMの設定をしたら、当日のリンクを送ります。
当日はリンクをクリックしてモニターでお話をしましょう。
スマホやPCにZOOMのアプリをダウンロードしておいて下さい。(無料)


アレクサンダーテクニーク 無料ZOOM事前相談
問合:teate@nifty.com
内容:希望日時を記入してメールください。
   こちらでZOOMの設定をしたら、リンクを送ります。
   当日はリンクをクリックしたら始まります。


こちらはグループでZOOMを使った時。
オンライン説明会・てあて整体スクール

モンキーという方法 〜 アレクサンダーテクニーク

読了までの目安時間:約 3分

今日は月に一回のアレクサンダーテクニーク・グループレッスンでした。
今年のテーマは基本に戻る。
ということでモンキーをやりました。

モンキー

なんだか分からないですね。
説明してみます。
アレクサンダーテクニークは心身の使い方を学ぶ方法です。
でも、こういう時はこうやって下さいというような、やり方や方法やハウツーみたいなことを教えるという方法ではありません。
今、自分がやっている「やらなくても良いかも知れないこと」を一旦やめてみて、その後にヒト本来の体のあり方を頭に思っておく、というような方法です。
さまざまな説明をされたり言い方をされたりしますが、およそそんな感じだと思います。
具体的にコレというようなやり方ではないので、何だか少しぼんやりしている感じがすることもあるかも知れません。
また、日常的にすぐにやりたい時に、思い出すのに時間がかかったりします。

そんな時、アレクサンダーテクニークのアプローチ方法を思い出すための幾つかの練習法があり、その一つがモンキーと呼ばれている方法です。
アレクサンダーテクニークを使うための練習法の一つです。

モンキーはお猿さんのモンキー。
膝・股関節が少し曲がった状態で、でも背骨は背骨の長さがあることを頭に置いておきます。
それだけ。
でもそれは、形を求めるものではありません。
首が楽で、背中は元々の長さがあって、という前提がイメージされ実践されている状態です。
首や背中のことがあって、その上で膝が曲り股関節も曲がっています。

どこかが曲がったり力が入ったりしていることがなく、首のことや背中のことがあって、結果、そうなっている。
形ではなく状態です。
いや、形はそうだけど、やりたいのは状態です。

モンキーは色々な場面で出てきます。

椅子に座る途中
椅子に座っている時。
歩いている時。
何かものを取ろうとしている時。
立っている時。
歯磨きしている時。
料理している時。
スマホを見ている時。
パソコンを売っているとき。
ご飯を食べているとき。

色々な場面で、実はモンキーを通過していたり、モンキーの状態だったりします。
その通過や状態の時に、首や背中がどうなっているか。
首にグッと力が入ったり、背中が丸かったり腰が反っていたり。
そうなる前にモンキーを思い出す。

そんな感じです。

何度やっても発見があるんですよね。
そうだったそうだったと思うこともあるし。
あれこんなだったっけと思うこともある。
つい忘れちゃうよねと思うこともあります。
たまにやると、初心に戻るような感覚があり、発見もあって面白いと思います。

アレクサンダーテクニーク・カレンダー 2022

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダーテクニーク・カレンダー

今年も恒例のアレクサンダーテクニーク・カレンダーが出来上がりました。
毎年、荒木の卒業したアレクサンダーテクニーク東京スクールで作っているカレンダーです。
アレクサンダーテクニークをなるべく分かりやすく、日常生活に使えるように作ってあります。
数年前までは荒木もアイディアを出していましたが、最近は出来上がったものを頂くようにしています。
今年も面白い。
そして分かりやすく見やすい内容になっています。
アレクサンダーテクニークって何?という方は、コチラのページをご覧ください。
アレクサンダーテクニーク >>>


てあて整体スクールの生徒さん卒業生と整体院の患者さんには先着順でお渡ししています。
今月から来月にかけていらっしゃる方はお楽しみに。
面白そう!買いたい!という方は、アレクサンダーテクニーク東京スクールに直接連絡ください。
もう暫くしたら2022カレンダーの購入ページも出来ると思います。

アレクサンダーテクニーク東京スクール >>>

普通のことは普通でない。

読了までの目安時間:約 4分

毎月1回、第一日曜日の午前中にアレクサンダーテクニーク・グループレッスンを開催しています。
長い人はかれこれ6年以上続いているレッスンです。
今月のレッスンのテーマはプロシージャ。
プロシージャはアレクサンダーテクニークを使うための練習で、FMアレクサンダーさんもやっていたものもあるようで、幾つか世界中で共通して指導されているものがあります。
荒木はそんなに頻繁にはやりませんが、基本を見直す時にやってみるようにしています。

この日はモンキーをテーマ、というか使って自分の使い方を見直す事をやりました。

モンキーは見た目はただ前屈みになって、背中が伸びているだけのようでもあります。
体が本来持っている方向性を思いながら、膝や股関節が緩んだ状態で立っています。
この形を作ることが目的ではなく、この時の自分を観察したり、何か変なことやりそうだったらそれをちょっとやめてみたり、背骨が長いこと背中が広い事を思ったり、膝は前に向かっていることを思ったりします。
状態というと言い方が違うのかもしれませんが、そうやって無駄なやらなくても良い事をやめたままにしておいて、体の持っている本来の姿に向かう(体の中の)方向性を思っている状態。
そうするとお猿さんのような形に見えるというだけです。

地味ですね。(笑)

でもなんか浮いたような感じがしたりします。
もちろん荒木個人の感覚なので、人によって違いますけど、膝が曲がっていて前屈みになっているのに辛くありません。
この格好は何かをする時の途中に見られます。
椅子に座る途中だったり、床に落ちているものを拾おうとする時。
パソコンの前に座っている時や電車の中で立っている時。
モンキーが上手く使えている時は、体が楽に使えていたりします。

考えてみると普通です。
至って普通です。

床に落ちているものを拾おうとする時、背中を丸くして膝を伸ばして取ることもできます。
でもゆっくりやってみると、膝と股関節を曲げれば背中の状態は変わらずにできます。
腰が痛くならない。
電車の中で座っていると、背中を丸くして座面に尾骨を当てるように骨盤を後ろに倒して座っている人が殆どです。
でも、骨盤を立てて坐骨が座面に当たるようにすれば、背中は伸びたまま腰は曲げずに座れます。
腰が痛くならない。

知らず知らずのうちにやっていて普通なんだけど、実は普通じゃないって感じですね。

習慣って恐ろしい。
アレクサンダーテクニークのテーマでもあります。
いや違うか。
テーマっていうより、習慣から離れてみるというのが、アレクサンダーテクニークの方法だったりします。

今月のグループレッスンを受講している生徒さんが言っていました。
「なんだか特別なことを教わっている気がします。でも人にはどういうことかなかなか伝えられないんですけどね。」
確かに説明は難しいかもしれません。
口で言うより体感するものだと思います。
そして実は特別な事ではないかもしれません。
普段やっている普通(と思っている・感じている)の事が普通じゃなくて、本来は普通の事が特別に感じてしまうだけかもしれません。

アレクサンダーテクニークは言葉で説明を聞くより、体感する方が良いかなと思います。
言葉で分かったと思っても、体感していないと使えないし、言葉で分からなければ、本当はすぐに体感出来るのに一生分からないって思ったりしてしまうかもしれないから。

丁寧な日常 ~ 楽な体の使い方 ~

読了までの目安時間:約 2分

患者さんと体の使い方の話になった。
呼吸のレッスンを荒木も信頼している先生から受けている方だ。
呼吸は誰でも日常的にしていることなのに、考え始めレッスンを始めると難しい。
意識的にも出来るし意識しなくても出来る。
意識しないでやっているし意識してもやることがある。

意識しないでやっている事を意識してコントロールする。

これアレクサンダーテクニークと相通じる部分があると思っている。
だからなのか、その呼吸の先生の言っていることが、アレクサンダーテクニークでも言われていることと重なる。
ま、それは良いとして。。。

体の使い方の話になりました。
そこで幾つかの提案というか参考になるかなと思った事を話しました。

体全体とアレクサンダーテクニークでは言ったりします。
私の場合は、200ある体中の骨を全部動かしましょうとか、体中の筋肉を少しずつ全部使いましょうとか言います。
使っている手や腕だけでなく、土台となっている脚や足、胴体なども動いていることをイメージしてと言ったりします。
体に備わっている骨や筋肉や関節を、一つ一つ忘れないで使ってあげる。
そうすると何となく丁寧な体の使い方に感じます。
コップを置く時に、ゴンッ!と音がしていたなら、音がしないようになります。
歩く時にバタバタ足音がしていたのが、足音がなく静かに歩けるようになります。
椅子に座る時に、ドンと座面に落ちるようにしていたのが、ゆっくりふんわり座れるようになります。
音をさせないようにとか、ふんわりとか思わなくても、体の関節を全部使ってみようというイメージだけで変わったりします。

やろうとしている目的だけに気を取られて、体の他の部分を忘れないように。
丁寧な日常になると、体も楽に使えるのかなと思います。

アレクサンダーテクニーク・グループレッスン東京 あと数名

読了までの目安時間:約 2分

アレクサンダーテクニーク教師・荒木が毎月一度、第一月曜に行っているグループレッスンがあります。
西武池袋線大泉学園から徒歩7分の整体スクールが会場です。
スクールと言っても普通の家をスタジオとして使っています。
毎月、少しずつテーマは違いますが、それほどテーマに囚われることなく、参加された方々の反応をみながら行っています。


参加されている方々は、肩こりや腰痛の原因が自分の体の使い方や姿勢から来ているのではないかと調べていて見つけたと言う方や、体になんとなく興味があるという方、特にこれと言って理由はなかったけど、毎月1回くらい何か習い事をしようと思って始めたと言う方(以前、NHK文化センターでやっていた時からの継続)、姿勢が悪くて気になっていると言う方などなど。
色々な理由で来られています。
アレクサンダーテクニークは「自分の使い方」と言われます。
使い方がどうなのか、それは受けてみないと分かりにくいですが、使い方を見つける方法だったりします。
知らないうちに入っている無駄な力や緊張を手放して、元々の自分の使い方になってみるとどうなるか。
そのために自分を感じることから始めます。


毎月、4名前後の方が参加されています。
あと数名は参加可能ですので、興味のある方は連絡ください。
お待ちしています。


アレクサンダーテクニーク・グループレッスン 東京
日時 : 毎月 第一日曜日
場所 : てあて整体スクール
     東京都練馬区東大泉 5−27−18ーA
料金 : 3,000円(当日精算)
申込 : teate@nifty.com


ATレッスン20121

神戸アレクサンダー2・てあて正地帯スクール

1 2 3 18
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
おもてなし規格認証2019