整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » アレクサンダー・テクニーク » 

アレクサンダー・テクニーク 宗教

読了までの目安時間:約 5分

アレクサンダー・テクニークは宗教なのか?と言う疑問に対し記事を書きました。


アレクサンダー・テクニークは宗教じゃないんですか? >>> https://teate.co.jp/blog/blog1604073.html


もちろん宗教ではありません。
エネルギーワークでもスピリチュアル・ワークでもセラピーでも整体などの手技療法でもありません。
そしてボディ・ワークでもない。
では何か、と言うことについては上の記事を読んで下さい。


上の記事に書いてなかったことがあるので、少し書いておきます。
そもそもどうして始まったかと言う話。
100年ほど前にFMアレクサンダー(1869-1955)さんという方がいました。
この方は若い頃にシェイクスピアの朗読劇の俳優をされていました。
ある時、舞台上で声が出にくくなると言うことがありました。
お医者さんに行くと、舞台を休んで声を出さないようにと言われました。
そうして暫く休んでいると、声はまた出るようになる。
でもまた暫くすると舞台上で声が出なくなる。
そこで、アレクサンダーさんは考えました。
舞台上で何かしているのではないか。
自分自身が何かしているのではと、自分自身を観察しはじめました。


ずいぶん長い期間がかかって、いくつかのことが分かりました。
頭を押し下げ、背が低くなっている時に上手く声が出ていない。
そこから自分の使い方についていろいろ工夫し試しているうちにたどり着いたのが、アレクサンダー・テクニークです。
(本人はアレクサンダー・テクニークとは言っていなかったようです。)
アレクサンダーさんが自分の使い方が上手く行くようになったことで、いろいろな人が見てもらいに来たそうです。
その中で頭を押し下げることや背が低くなることが、自分だけの特徴ではなく皆に共通だと言うことが分かったとのことです。
そうやって、いろいろな人の自分の使い方を指導しているうちに、出来上がってきたのがこのテクニークです。


以前の記事でも書きましたが、このテクニークはコレをこうするとか、この時にはこうやってと言うノウハウや手順を教えるものではありません。
また揉んだり押したりするようなものでもありません。
本人が自分のやっていることに気付いて、やっていることを止めていくことで、本来の自分の質のようなものを再獲得していく。
出来てしまうと何と簡単、と言うことになるんですが、出来るまではとても難しく感じることもあります。
一言で言えず色々な言い方をされるので、ぼんやりした感じがして宗教なの?なんて勘繰られることもあるようです。


何かをやっていた違和感を感じた時。
いつもは出来ていたのに上手くいかなくなった時。
苦手だなぁと思うこと。
もう少し楽にやりたいと思ったら。
今よりも優雅にスムーズにやりたいと思ったら。
アレクサンダー・テクニークはそんな時に使えます。


アレクサンダー・テクニークを教えられるのは、アレクサンダー教師として認められた人だけです。
国際的に認められた教育機関で約1600時間を基準とした教育を受け、教師として認められた人が教師として認定されます。
それぞれのスタイルは少しずつ違うことはありますが、基本はアレクサンダーさんの教えを伝えています。
いろいろな先生やいろいろなワークショップで受けると面白いと思います。
てあて整体院ではアレクサンダー・テクニークを受けることが出来ます。
てあて整体スクールではアレクサンダー・テクニークを授業の一環として取り入れています。
(アレクサンダー教師の育成ではなく、アレクサンダー・テクニークを受ける授業です。)




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >@>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

アレクサンダー・テクニーク

読了までの目安時間:約 4分

毎月1回、アレクサンダー・テクニークと整体を受けに来ている患者さんがいます。
ピアノの先生で子供にピアノを指導しています。
アレクサンダー・テクニークはピアノやバイオリンなど楽器演奏家や、ダンサーや俳優さんなど身体を使う職業の人が多く受けに来ます。
てあて整体スクールでは自分の身体を見直し整える一つの方法として、アレクサンダー・テクニークのグループレッスンを授業に取り入れています。


アレクサンダー教師がピアノあバイオリンを弾ける訳ではありません。
ダンスやお芝居が出来る訳でも声楽が出来るありません。
それなのにプロとして演奏やお芝居やダンスをする方々が来ます。
なぜでしょうか。


人の身体の使い方には二種類のことがあると思います。
一つは基本的な身体の使い方。


・指を曲げる。
・腕を回す。
・脚を動かす。
・胴体をひねる。
・首を曲げる・
・頭を回す。 などなど


そしもう一つが専門的な何かに特化した身体の使い方。


・ピアノの弾き方。
・踊り方。
・唄の歌い方。
・テニスのサーブの仕方。
・整体の手技。
・自転車の乗り方。
・卵焼きの焼き方。(フライパンの使い方)
・人前での話し方。 などなど


この二つの身体の使い方の、前者(基本的な身体の使い方)を扱うのがアレクサンダー・テクニークです。
厳密には”身体の”使い方だけでなく、自分の使い方なんですけどね。
(身体と心は切り離せないと言う考え方がアレクサンダーにはあります。)
だからアレクサンダー教師は様々な専門的な職業の身体の使い方を診ることが出来ます。


今日は指の使い方でした。
僕はピアノを弾くときの指の使い方を教えた訳ではありません。
その時の自分の使い方を一緒にやりました。
身体の使い方だけでなく、その時の考えやイメージなどの話をしました。
いつもはハンズオンワークと言う手で触れるワークをしますが、今日はハンズオンせずに自分自身で自分を感じてもらいながら進めてみました。
自分で感じることだけで変化があれば、帰ってからもやりやすいだろうと思ったからです。
結果、なかなか良かったみたいです。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

イメージで変わる動きと感覚 ~ アレクサンダー・テクニーク ~

読了までの目安時間:約 4分

今日はNHK文化センター光が丘教室で、月に一度のアレクサンダー・テクニーク・グループレッスンでした。
毎月、一つはテーマを決めてやっていますが、今月のテーマは「ステップバイ・ステップ・プロセス」。
先月来日していたマーサ・ファートマンさん(僕のアレクサンダーの師匠の一人)のワークショップで取り上げられたテーマです。
アレクサンダー・テクニークを使う時の、順番と言うか手順と言うか方法と言うか、道筋のようなものです。
詳しい話はグループレッスンや個人レッスンを受けてもらえば分かりますが、ようするに自分の状態を感じるところから始まって、やっていることを止めてみる、その時に体の方向性を思い出すと言うようなものです。
止めてみるとか方向性が少し分かりにくいと思いますが、そこはやっぱり直接受けてもらわないとね。(笑)
方向性は体の中にあって、本来の体の構造に戻る時の道筋のようなイメージ。
エネルギーではないだろうと思いますが、体が戻っていく向きのようなものです。
宇宙空間でギュッと小さくなって、力を抜いた時に体がほどけていく方向のようなものとも言えるかもしれません。


途中でゲームをしました。
四つん這いで歩くと言うゲームです。
最初は地面に着いている手と足を意識してもらいました。
一つずつ、片手が着いた、足が動いて着いた、次の手が動いて着いた、別の足が動いて着いた、と言う一つ一つの動きと着地に注目して歩いてもらいました。
次に肩関節と股関節に注目してイメージして歩いてもらいました。
肩関節が動くのを確認、股関節の下に脚がつながってぶら下がっているのを確認。
その後、肩関節・股関節が動いているのを味わいながら、四つん這いで歩いてもらいました。
最後は頭から背骨が繋がっていて、頭が動く方につながって背骨も動いていくと言うイメージで歩いてもらいました。(四つん這い)


四つん這い・てあて整体スクール

どれが一番スムーズだったかというと、参加者全員が最後の頭から背骨がつながっていくイメージの時に楽に動けていました。
爬虫類になったみたいだとか、動物的だとか話が出ました。
人はいろいろなイメージで体を使ったり自分を使ったりします。
そのイメージが変わるだけで、動きが変わり、動いている時の感覚も変わります。
心と体は一つだとアレクサンダーさんが言っていたことが、体感出来たかなかと思います。
今日はそんなクラスでした。


NHK文化センター光が丘教室で毎月1回、アレクサンダー・テクニークのレッスンをやっています。
見学や体験も出来ます。
ホームページでは見つけにくいんですが、大丈夫なので連絡ください。
興味があったら直接どうぞ。
待ってます!

NHK文化センター光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>


■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

アレクサンダー・テクニーク グループレッスン

読了までの目安時間:約 3分

先日も書きましたがアレクサンダー・テクニーク グループレッスンを連休最終日に行います。
サイトにページを作りましたので、再度お知らせします。


■アレクサンダー・テクニーク グループレッスン
 ~ 姿勢と身体の使い方 ~

日時 : 5月8日(日)10:00~12:00
場所 : てあて整体スクール・東京
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
     (西武池袋線 大泉学園6分)
料金 : 5,000円
問合 : 電話 03-3922-7230
     mail teate@nifty.com
備考 : 3名以上で開催します。
     内容はNHK文化センターでも行っているものです。
詳細 : http://homepage3.nifty.com/teate/alexWS.html


趣味や仕事で何かをやっていて、ちょっとぎこちないなぁと思ったことありませんか。
ウクレレを弾いている時、ギターを弾いている時。
ダンスやバレエを踊っている時。
パソコンに向かっていると肩の力が抜けないとか。
どうも人前で上手く話せないとか。
ひとそれぞれに上手くいかないことがあると思います。
そんな時の対処法、考え方としてアレクサンダー・テクニークを使ってみると言う方法もあります。
アレクサンダー・テクニークは、人の身体に元々備わっている使い方・動かし方を取り戻す過程を教えます。
無駄な動きや力を抜いて、本来の力を発揮して下さい。
欧米では音楽家やダンサーなどで必須のワークです。


初めての人でも大丈夫。
身体に少し触れますが、調整したり動かしたりはしません。
立ったり座ったり歩いたりしているうちに、身体の動きが軽くなる感覚を味わえるかもしれません。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

姿勢と身体の使い方 ~ アレクサンダー・テクニーク・グループレッスン ~

読了までの目安時間:約 3分

立った姿や仕事の姿勢が気になりませんか?
歩き方が変だと思ったことありませんか?
アレクサンダー・テクニークは自分の使い方のワークと言われています。
ダンサーや俳優さんや音楽家など身体を使うプロから広まっている、アレクサンダー・テクニークのグループレッスンを受けてみて下さい。


猫背が気になる方
身体が歪んでいると言われた方
歩き方が気になる方
どうも動きがギクシャクする方
どうやって直せば良いか分からない方


難しい方法を勉強するのではなく、自分を感じることから始めて、自分のクセや無駄な力を抜くことで、自分本来の動きや立ち方を見つけて下さい。
腰痛や肩凝りをセラピーで治すというものではありませんが、使い方が楽になることで結果として楽になるという声もあります。
自分と自分の使い方、動作、姿勢などが気になる方は問合せ下さい。


■姿勢と身体の使い方 ワークショップ

日時 : 5月8日(日)10:00~12:00
場所 : てあて整体スクール・東京
     東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
     (西武池袋線 大泉学園6分)
料金 : 5,000円
問合 : 電話 03-3922-7230
     mail teate@nifty.com
備考 : 3名以上で開催します。
     内容はNHK文化センターでも行っているものです。


アレクサンダー

■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

アレクサンダー・テクニークは宗教じゃないんですか?

読了までの目安時間:約 5分



『アレクサンダー・テクニークは宗教じゃないですよね?』
たまに聞かれることがあります。


アレクサンダー・テクニークは宗教ではありません。


アレクサンダーが何なのか一言でスパッと答えにくいってことも原因かもしれません。
ハンズオン・ワークと言って、受ける人の体に手で触れることがあるので、そんなふうに見えるのかもしれません。
沢山で集まってグループ・レッスンをする時に、いつもやっていることをいつもと違う設定でしたりするので、ちょっと怪しい感じがするのかもしれません。
でも、アレクサンダー・テクニークは宗教でもないし、エネルギー・ワークでもスピリチュアル・ワークでもありません。
それに整体やセラピーとも違います。
その、コレともアレとも違うと言うのも、宗教なのか?と勘ぐる原因かもしれませんね。


じゃあ何なのか。


誤解を恐れずに言うと、『基本的な体の使い方』です。
でも、ハウツーではない。
そこがまたアレですよね。(笑)
体の使い方と言えば、歩く時にはこう歩くとか、ピアノを弾く時にはこうするとか、ダンスを踊る時にはこうすれば上手く行くとか、そんな”やり方”を教えてくれるものです。
何かをどうすれば良いか。
でも、アレクサンダー・テクニークはやり方は教えてくれません。
何かをする方法ではなくて、何かをしている時についやってしまっている何かをしない方法です。


どんなことでも上手く行っている時は、問題ありません。
上手くいかなかった時に問題がある。
では、上手くいかなかった時には、何がどうなっているのか。
本来の使い方に何か不要なコトを、余計にやってしまっているのではないか。
やらなくても良いことを付け加えてしまっているのではないか。
例えば
椅子から立ち上がる時、必要もないのに上を向いてしまっているのではないか。
歩くとき頭が進行方向に出ているんじゃないか。
パソコンをする時、頭が胴体の上ではなくモニターの方に出ているんじゃないか。
人前に出る時、緊張だけなら問題ないのに肩に力が入ってしまっているんではないか。
そんな不要なことを付け加えているんじゃないか。
その不要なことを止めてみると、本来の使い方が勝手に現れてくる、と言うような考え方です。
(そのために先ずは自分を感じてもらう。)


ちょっと手間がかかりますね。
やりやすい方法を教えてくれれば早いのに。
そうではなく、やっていることに気がついて、それを止めるようにしてみる。
それを示唆するのがアレクサンダー・テクニークだったりします。


簡単に
直ぐに
手軽に
と言う時代の流れとは逆行しているのかもしれません。
でも
じっくり時間をかけて
きちんと
自分で分かって
一つ一つやっていく
と言うのも分かる人には分かっているようにも思います。


アレクサンダー・テクニークは宗教ではありません。
エネルギ・ワークでもスピリチュアルでもありません。
自分の本来のシンプルな使い方を思い出させてくれるものです。


てあて整体スクールでは整体師として自分の整え方を知ってほしいと思い、アレクサンダー・テクニークを授業の一環として取り入れています。
てあて整体院ではアレクサンダー・テクニークの個人レッスンを受けることが出来ます。
アレクサンダー教師・あら木からレッスンを受けたいという方はご連絡ください。

てあて整体院
東京 : 東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
名古屋 : 愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師の独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 >>>

アレクサンダー・テクニーク
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>
踊る人のためのアレクサンダー・テクニーク(チャコット名古屋スタジオ) >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>>>

股関節と坐骨の位置関係

読了までの目安時間:約 4分

アレクサンダー・テクニークの個人レッスンを受けてきました。
整体師が整体を受けるようなもんで、アレクサンダー教師もアレクサンダー・テクニークを受けます。
先生はマーサ・ファートマンさん。
僕の師匠でもあり師匠佐季子さんの師匠でもあるマスター・ティーチャーです。
彼女はとてもシンプル。
混じりっけのない手でアプローチしてくるように感じます。
今回はシンプルでベーシックなことを感じたいと思い、立つ座る・歩く、ことをしました。


知らない人には分かりにくいですね。


アレクサンダー・テクニークは自分の使い方。
元々持っている使い方を思い出すワークです。
立ってるところから歩くことや、立っているところから座ること、座っているところから立つことなど、とても基本的な感覚を再確認したいと思いました。
いつもやっていることで、自分がどんな風に立っているかとか、どんな風に座っているかなど、基本的なことは注意をして感じるようにはしていますが、なかなかレッスンを受けられなかったり、授業に参加出来なかったりすると、ちょっと違ってるんじゃないか?と疑問が出てきたりします。
それを確認するために、マーサのワークで基本を思い出そうと思いました。


ハンズオン・ワークをして歩く。
ハンズオン・ワークをして立つ。
ハンズオン・ワークをして止まる。
ハンズオン・ワークをして座る。


考えすぎてたなぁ。
こんなに簡単なことだったんだ。
もっとシンプルで軽いものだったんだ。
難しく考えすぎだったな。
そんな風に感じました。


股関節と坐骨の位置は?
と聞かれました。
知っていることを話をし、こことここですと指さしました。
そこだと思ってる?
そんな風に聞かれたような気がしました。


骨盤前面

姿勢・てあて整体スクール

場所は分かっていたし、自分の生徒さんや患者さんにも説明して感じてもらっていたつもりでした。
でも、ちょっと違っていた。
歩く時、膝は前に、股関節は相対的に後ろに。
その感覚もはっきりしました。
けっこうすっきりしましたね。
時間を作って自分を感じることは大切です。
やっぱり整体師にはアレクサンダー・テクニークのように自分の使い方を学ぶ必要があると思います。
(てあて整体スクールではだから取り入れたんですけどね。)


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

習慣的な身体の使い方 ~ アレクサンダー・テクニーク ~

読了までの目安時間:約 5分



Force of habit


FMアレクサンダーさんがよく言っていた言葉だそうです。
習慣は強い力を持っていて影響力があると言うようなことだろうと思います。
今日のNHK文化センターでもこのことを話題にグループ・レッスンをやりました。


普通に生活していると、殆どのことは習慣的な動きや行動だったりするかもしれません。

デスクの前に座るときの姿勢だったり。
疲れたと思って、机に突っ伏した時の格好だったり。
階段を登る時の足の使い方だったり。
人と話をする時のお互いの位置だったり。
何も考えずに何かを始めると、だいたいいつもと同じようにしていることが殆どです。
それが上手く行っていれば問題ありません。
でも、上手くいかなくなった時はちょっと考えても良いかもしれない。


NHK文化1604031・てあて整体スクール

いくつか身体に気づく練習をした後に、「いつもの座り方」をしてもらいました。
いつものと言っても座り始めではなく、会社で午後5時の設定です。
一日働いて少々疲れている。
もうすぐ仕事が終わって帰ることができそう。
でも、仕事はまだ残っている。
集中集中。
ってタイミングの姿勢です。


そこでアレクサンダー的なアプローチをしてみました。
まず、今の状態を観察してみる。
自分がどんなことをしているのか、どんな身体の状態になっているのか。
次にその状態を気づき感じます。
ああここが縮んでいる(縮めている)、ここが硬くなっている。

そして、その何かしていることを止めてみる。
アレクサンダー・テクニークでインヒビション(抑制と言ったりする)と言うもので、何かをするのではなく、今やっていることを止めてみると言う方法です。
縮めているなら縮めている力を抜くようなことです。
最後に方向性をイメージする。
方向性とは元々備わっている形に戻るような向きのことです。
例えば、背中は曲がっているのではなく、長く広くなっていく方向性があります。
それを思う。 (思うだけで、伸ばそうとはしません。)


していることを止めてみる。
方向性をイメージする。
この二つはとてもアレクサンダー・テクニーク的な手法だと思います。
思いを変えるだけで、身体を直そうとしている訳ではありません。
今やっていることをやめて、本来の向きを思い出すだけ。
それだけで、身体は習慣から開放される。(可能性があります。)


NHK文化・てあて整体スクール

ヤラセ!ではないですよ。(笑)
ゆっくり時間をかけて、自分の身体に気づき、やっていることを止めるとこんな感じになりました。
いつもの習慣的なデスク前のPC前の姿勢とは違い、背中が伸びたように見えます。

感想を聞くと面白い答えでした。
考え方が広くなって、視野が広くなった。
伸ばそうとしている訳ではないのに、胸が広がって楽になった。
呼吸がしやすい。
などです。
アレクサンダー・テクニークのアプローチはとてもユニークです。
てあて整体スクールでは授業の一環として、アレクサンダー・テクニークのグループレッスンを取り入れています。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

てあて整体塾@宇都宮

読了までの目安時間:約 3分

数ヶ月に一度、宇都宮でアレクサンダー・テクニークと整体のセミナー『てあて整体塾@宇都宮』を、宇都宮にある「ここからいふ広場」と言うセラピーや人の集まる場所でやっています。
「ここからいふ広場」主宰の上田さんとは以前からセラピスト仲間として付き合いがありましたが、東日本大震災のボランティアの後から整体塾を一緒に企画するようになりました。
3月22日にも行ってきました。
今回は午前中にアレクサンダー・テクニークを、午後から膝の症例についてをやりました。


てあて整体塾1603・てあて整体スクール

てあて整体塾16032・てあて整体スクール

始めての人がいたのでアレクサンダー・テクニークって何と言う話から始まって、ハンズオンワークをしながら自分の体がどんな感じか感じてもらうようにしました。
始めて受けると「何これ!」ってなりますが、実はそれが本来の自分の使い方に近かったりします。
いつもの使い方ややり方がちょっと不便になって来たら、いつもと違う使い方をしてみるのも良いものです。
セラピストの場合だと自分の体をある程度コントロール出来た方がセラピーがやりやすくなります。
そのためにもアレクサンダーは良いと思います。


てあて整体塾16033・てあて整体スクール

てあて整体塾16034・てあて整体スクール

てあて整体塾16035・てあて整体スクール

てあて整体塾16036・てあて整体スクール

午後は膝。
膝痛は痛みの大きさと関係なく辛いものです。
まずは構造の確認をしてから、原因について話をしました。
膝関節の構造から痛みの原因が見えてきます。
手技療法で出来ることで、かなりの効果が出るものと考えます。
位置関係やズレの問題、動きの問題を確認して、調整手技などやりました。
次回は6月10日(金)を予定しています。


てあて整体塾16037・てあて整体スクール

■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

体の使い方

読了までの目安時間:約 3分

整体院で働いているスクールの卒業生が来ました。
彼女はたまに整体を受けたりアレクサンダー・テクニーク個人レッスンを受けに来ます。
授業のリピート受講よりもうける事の方が多いかもしれない。
名古屋で卒業して今は東京赤坂で働いています。
アレクサンダー・テクニークを受けると施術がしやすくなったり、肩や腰が軽くなるというので今回もアレクサンダーを受けに来ました。
来るなり「センセイ今日は体がボロボロなので整体」と言います。
では整体をと思っていたら、その前に質問があると言ってホワイトボードに何やら描きました。


質問1603131・てあて整体スクール

「院長がやると右みたいなんですけど、私がやると左みたいなんです。」
それって整体をしている時の受けた感じってこと?
「そうです。」
院長ってのはお店の院長先生のこと?
「そうです。院長がやると体全体があって芯を感じるんだけど、私は腕とか肩とかばっかりになって。。。」
なるほど。。。。


そんな会話がありました。
アレクサンダーでするハンズオンワークをして、体の感覚を呼び戻し、体全体を使う感覚を感じてもらいました。
「まだあんまり分かんない。でも何となく分かる。」
そんな感じのようでした。
彼女は整体に真面目で患者さんのことを良く考えます。
そのことで自分のことを忘れてしまい、つい前のめりになってしまう感じです。
まずは自分に気づくことからです。


どこで見るか・てあて整体スクール

この絵はどこで見ているかの説明に描きました。
人が何かを見る時に、つい目の前面の角膜辺りで見ている印象がありますが、実際はその奥の網膜に映った映像を見ている。
と言うイメージにすると、頭と首の使い方が変わることがある、って話です。
これを見てたらクラクラして来たそうなので、その日は忘れてもらうことにしました。
それだけ違う筋肉を使っていたってことですね。


話はそこそこにその日は整体をやりました。



■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>


■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>


■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>


■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"