整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » アレクサンダー・テクニーク » 

姿勢について ~ アレクサンダー・テクニークからのアプローチ ~

読了までの目安時間:約 3分

左:ビフォー  右:アフター
姿勢

アレクサンダー・テクニークの個人レッスンの前後の写真です。
左ビフォーで右アフター。
毎月、整体とアレクサンダー・テクニークの個人レッスンを受けていかれるベリーダンサーです。
いつもはベリーダンスの動きの質問が多いんですが、今日はそれが終わった後に姿勢をテーマにしました。
最初に座ってもらった左の状態の時、本人のイメージや感覚はいつも通りで特に違和感はなく、苦しくも大変でもないということでした。
レッスンが終わって座って右の状態の時、本人的には腰のツッパリがなくなって、首周りがナンデモナイ(!?)感じになったそうです。
前の状態でも特に何をやっていたとか緊張があるという感覚はなかった訳ですが、終わってみたら緊張やツッパリがあったことに気がついたということです。
写真を見てもらって確認。
あれ~最初は反ってたんですね。
全然、気がつかなかった、分からなかったです。
とのこと。
面白いですね。
自分の今の状態がどんなものなのか、どこか緊張しているのかツッパッテはいないのか。
これ意外に分かりにくいものです。
緊張や力やツッパリが抜けてみて分かることがあります。
終わって話をしました。


「やったことは大変なことじゃないんです。
簡単ではないし難しいかもしれないけど、やったことは結局はやってたことをやめただけなので、難しいけど大変なことをする訳ではないんですよね。」


アレクサンダー・テクニークはやってることをやめてみると言うアプローチでもあります。
何かを新しくやるのではないので、知らないことをやる訳でも出来ないことをやる訳でもありません。
出来てたことが出来なくなる原因をやめてみると、出来てたことが出来るようになるかもしれない。
そんな感じです。
ややこしい書き方ですみません。(笑)
出来ないなら何かをやらなければ、というのが大変になったら、一度全く別のアプローチをしてみるというのもありだと思います。
シンプルで混じりっけのない動きや考え方は、心もとない感じがすることもありますが、何かこう潔い気持ちにもなります。

ATI年次総会

読了までの目安時間:約 5分

ATIはAlexander Technique Internationalと言うアレクサンダー・テクニークの国際団体のことで、その年次総会が先週末から京都で開かれていました。
( ATI Japan >>>  )
今回は私のアレクサンダー・テクニーク教師としての先生にあたる石坪さんがメインとなって開催されたので、時間が許す限り参加しようと京都まで行ってきました。
お手伝いボランティアも募集されていたので、少しでも何かできればと思っていました。
そしてもう一つ。
ATIはアレクサンダー教師の国際認定団体でもあります。
今回はそのアセスメント(評価)を受けるためと言う目的もありました。
ATIに入会するにはスポンサーと呼ばれるベテランのアレクサンダー教師3人からのアセスメント(評価)が必要です。
アレクサンダー・テクニークの知識や技術やそしてアレクサンダー教師としての倫理について、実際にワークをしたり話をしたりしながら評価してもらえます。
昨年春にカナダの先生から一人評価を受けOKをもらっていたので、今回はスイスの先生から評価を受けOKを頂きました。
何人かの評価を連続して受けている先生が多いので、私のように長期間に渡って評価を受けるのは珍しいのかもしれません。
次はいつにするのか。
来年になるのか再来年になるのか。
評価を受けるといろいろなことを考えます。
技術や知識のことだけでなく、自分にとってのアレクサンダー・テクニークについてや今後のことについてなど。


なんとなくすぐに受けるのは勿体ないなぁなんて思います。
アセスメント(評価)は少し緊張もするし準備もします。
でもそれ以上に学ぶことの多い時間だったと思っています。
今回のスイスの先生・ローザルイザさんとも色々な話をすることが出来ました。
また、個人レッスンを受けていただいた生徒さん役の方とも色々と話をすることが出来、自分にとっては大きな時間になりました。


総会なのでATIのことを話をする時間もありましたが、ワークショップも多くやっていました。
私はNYで活動しているYOCOさん(日本人)のWSとカナダで活動しているスーザンさん、そして日本人の川上さんのWSに参加しました。
YOCOさんとスーザンさんのWSは個人に対するアクティビティを多く見ることが出来ました。
二人に共通するのはとてもシンプルなアプローチをしていると言うところでした。
つい頭で考えてしまう自分のことを思って、イカンナァと。(笑)
生徒さん役の方を信じ、自分を信じ、手で触れていく。
何かをしたりしようとするのではなく、やらなくても良いことをやめていく。
シンプルに考えてシンプルに動く。
すっきりとしたクリアで透明な感じのする動きを見ることが出来ました。
川上さんのWSでは多重迷走神経の話があり、これは勉強してみたいテーマになりました。


アレクサンダー・テクニークは今やってしまっている何かをやめることで、本来の動きが見えてくる。
今までの自分が変わるワークです。
習慣的になってしまった行動や考え方から一旦離れてみる。
習慣に引きずられないクリアな動きをする。
スイスの先生・ローザルイザさんと話をしていて、整体や手技療法はこちらからすること、でもアレクサンダー・テクニークは相手自身が変わるところを見られると言うようなことを聞きました。
整体や手技の良さとは全く違う方向からの良さがあると思います。
もっと多くの生徒さんにアレクサンダー・テクニークのワークをしたくなりました。

荒木がアレクサンダー・テクニークを学んだのは、アレクサンダー・テクニーク東京スクールと言う目黒(西小山)にある教室です。
興味のある方は問い合わせ下さい。
アレクサンダー・テクニーク東京スクール >>>

※確認をとっていなくて写真掲載出来ず申し訳ありません。

NHK文化センター光が丘教室での講座

読了までの目安時間:約 3分

NHK文化センター・てあて整体スクール

10月14日(日)NHK文化センター光が丘教室のアレクサンダー・テクニーク講座が始まりました。
この講座は2015年春から担当している講座で、毎月1回アレクサンダー・テクニークのグループレッスンを行うと言うものです。
11月からでも参加出来るので、興味のある方はNHK文化センターへ直接お問い合わせ下さい。
次回は11月4日(日)10:00からです。


NHK文化センター 光が丘教室 >>> アレクサンダー・テクニーク


講座の副題は「感じる姿勢と使い方」と言うもので、毎回毎回いろいろなテーマを持ってレッスンを進めています。
今回始めて受けに来られた方は、単身赴任で月に1回くらい自分の体のことを何か考えるような講座を受けてみようと言う方や、緊張がなかなか抜けないので面白そうだから来てみたと言う方でした。
リピーターの方も多く、肩こりや腰痛を感じなくなったとか、緊張した時に少し和らぐようになった、椅子に長く座っていてもそんなに大変ではなくなって来たと言うような変化があると仰っています。
自分には効果は感じられないけど、皆さんの体に対する反応が面白くて続いていると言う方もいます。


今月は始めての方もいたので、導入のような解説のようなことも含め、自分の体に気が付くようなことを幾つかやってみました。
それだけでも緊張が抜けることがあるとのことでした。
11月は「呼吸」をテーマにやることになっています。
呼吸は全ての基本ですが、分かっているようで分からないことも多いものです。
どんな呼吸が楽に感じるのか、いろいろと試しながら勧めていく予定です。


アレクサンダー・テクニークはまとわりついてしまったクセや習慣を手放して、素の自分の動きや使い方を見つけるワークです。
そのためにクセになった動きだけでなく、クセになった感覚にもフォーカスします。
月に一度、自分の体や自分を見つめる時間も楽しいと思います。

自分に居る。

読了までの目安時間:約 2分

先日、宇都宮ここからいふ広場でクラニオを勉強中の人たちにアレクサンダー・テクニークのワークショップをやって来ました。
手を使う方々でセラピストを目指す方々だったので、セラピーをしている時をアクティビティとして取り上げました。


自分に居る。


「自分で居る。」とも言ったかもしれません。
全く違う言い方もいくつかしました。
いつもの通りに触れる時と、自分に居て触れる時。
それとは違う触れ方をした時の違いを感じてもらいました。
セラピストの側だけでなく、受けている患者さん役の方の感想も聞きました。
手を使う仕事をしている人やセラピストには分かると思いますが、全然違うんです。
手をどんなにコントロールしても変わってしまいます。


自分に居るってちょっと分かりにくい表現ですね。
どういうことでしょうか。
自分の手や顔や頭だけに意識があって触れているというのではなく、自分の体全部、自分の足も脚も腰もお尻もお腹も背中も胸も首も頭も、手先も足先も皮膚も内蔵も筋肉も。
全部を分かっている。
全部が消えていない。
意識が一部に集中しているのではなく、全てに存在している。
分散ではなく全部に存在というイメージです。


そうするだけで変わります。
触れている側は相手から感じるものが変わります。
受けている側は触れられている手の感覚が変わります。


セラピストは相手のことを考える人が多い。
それはとても良いことです。
でも相手のことだけを考えて触れているのでは限界があります。
自分のことも考える。
自分を感じることも大切です。
必要な人はやってみて下さい。


てあて整体塾@ここからいふ広場3

チャコット名古屋スタジオで夏休み特別講座をやります!

読了までの目安時間:約 3分

昨年に続き今年も夏休みにチャコット名古屋スタジオさんで特別講座をすることになりました。
今年も二日間でマッピング(簡単な解剖学)とアレクサンダー・テクニークを行います。

バレエやダンスをやっていて困ることや悩みがありますね。
特に立ち方・姿勢だったり様々な動きだったり。
自分の体が上手く使えないような、やってるつもりで出来てなかったり。
無駄な力が入っていたり。
そんな悩みが解消出来るかもしれません。

【カラダの座学】は体の地図帳とも呼ばれ、頭の中にある自分の体のイメージを書き換えたり見直したりする講座です。
実際に曲がったり動いたりする場所と、曲がりそうな場所や動きそうな所が違っていると、動きが上手くいかなかったりギクシャクしたりします。
また、今年のアレクサンダー・テクニークは伸びやかな姿勢・立ち姿をテーマに講座をやろうと思っています。
バレエだけでなく様々なダンスをされている方に受けてもらいたい講座です。
小学生や中学生のバレエ娘も歓迎します。


【カラダの座学】

日時 : 8月22日(水)15:45~17:45
場所 : チャコット名古屋スタジオ
料金 : 会員:2,800円(税込)【オープンクラスチケット+500円】
     非会員(ビジター):3,500円(税込)
申込 : 予約制です。 直接チャコット名古屋スタジオにお願いします。
詳細 : https://www.chacott-jp.com/lesson/studio/nagoya/schedule/detail005374.html

【アレクサンダー・テクニーク】

日時 : 8月23日(木)15:45~17:15
場所 : チャコット名古屋スタジオ
料金 : 会員:2,300円(税込)【オープンクラスチケット利用可能】
     非会員(ビジター):3,000円(税込)
申込 : 予約制です。 直接チャコット名古屋スタジオにお願いします。
詳細 : https://www.chacott-jp.com/lesson/studio/nagoya/schedule/detail005375.html


チャコット・セミナー

バレエレッスン・てあて整体スクール

アレクサンダー教師が集まりました。

読了までの目安時間:約 3分

AGM2018・てあて整体スクール

神戸で6月2日と3日にアレクサンダー教師の集まりがありました。
このところ数年は毎年一回集まっているので、時間を作って行ってきました。
全員がアレクサンダー教師!と言うちょっとあまりない集まりです。
毎年、いろいろなことを考えます。
集まり自体で話し合われたことは、別にご報告することがあるかもしれませんが、個人的に感じたことなどを書いておこうと思います。

2年前京都で集まりがあった時に、アレクサンダー・テクニークってと言う話をしたことがありました。
どなたが言ったのか忘れてしまいましたが、「習慣的になってしまった考え方や動き方から一旦離れてみるトレーニングをしてきた。」と言うような話がありました。
なるほどなぁと。
うまいこと言うなぁと。
思いましたね。

習慣的なるものから離れる。

この離れるって表現が好きでした。
なかなか難しいことです。
人は習慣の中に生きています。
習慣自体は悪いと決まった訳ではない。
それがないと困ることもある。
でも習慣的になってしまって困ることもある。

話し合いをしていて思ったことがありました。

自分の言葉で話している。

皆さんそうでした。
凄いことだと思います。
自分の言葉、は意外に難しいものです。
厳密に言えば言葉も習慣ですから、そこから離れることは出来ない。
情報に流されたり常識に流されたり。
そこを一旦立ち止まって自分自身の頭で考える。
いつもならそうだけど本当にそうなのか。
出来そうで出来ないのが自分の頭で考えると言うことです。
それが皆さん本当に自分の頭で考え自分の言葉を使おうとしている。
時間がかかったり手間だったりしますね。
なぜならいつもと同じにはならないからです。
こう言う場合はこうです、とはならない。
いやなるかもしれないけど、こう言う場合は本当にこうなの?と一旦考える。
そこなんですよね。

とても気持ちの良い時間でした。

ついでに、と言うのはなんですがエクスチェンジと言うのをやりました。
アレクサンダー・テクニークのレッスンの交換です。
ハンズオンワークと言う方法があるので、それをやったりやられたりしました。
関西で活躍されている先生の手を受けました。
いつも自分がやっているのとは違う感覚で、違う触れ方をしていました。
あああそうなんだぁ。
こう言う方法もあるんだなぁ。
と。
そして自分は自分で自分の方法でやりました。
あああそうなんですねぁ。
こう言う方法もあるんですねぇ。
と。

とても楽しく素敵な時間でした。

アレクサンダー・テクニークとコンタクト・インプロビゼーション

読了までの目安時間:約 3分

CINN・てあて整体スクール

連休の中の二日間。
東京コンタクトインプロ・フェスティバルに参加して来ました。
参加したのはコンタクト・インプロビゼーションのクラスとアレクサンダー・テクニークのクラスです。
コンタクトは参加者として、アレクサンダーは講師の石坪さんのアシスタントとしての参加でした。
アシスタントと言っても押しかけと言うか押し売りと言うか、アレクサンダー・テクニークとコンタクト・インプロビゼーションのコラボに参加したかったので、講師役の石坪さん(あら木のアレクサンダーの師匠)にお願いをして出ることになりました。
実はこれで二回目。
コンタクトの方もダンスの知り合いが企画してやっていることなので、ダンスをするものとして参加しました。

コンタクト・インプロビゼーションはダンスの即興形式で、相手と触れたり体重のやりとりをしながら動きや流れにまかせて動いていくものです。
ダンスの一つのジャンルになったのはまだ数十年の歴史で、今でも様々な方法や考え方で研究や実践がされているようです。
日本人は人に触れることが少なく、一般的には臆病な方が多いように思いますが、コンタクトの場に来ると一変します。
触れ合うことで分かることや感じあえることもあることが、実体験として分かります。
テクニック的には相手に体を任せることや、相手の体を受けること。
そこに起きるコミュニケーション。

アレクサンダー・テクニークは自分を感じ全体を使うことなどをすることから、コンタクト・インプロビゼーションとは相性が良いように思いました。
アレクサンダーのクラスでは体の構造の話をしたり、イメージや方向性を話をすることで、自分の感じ方が変わったり動きが変わったりする経験をすることが出来ました。
触れることで人は大きく変わります。
整体師もアレクサンダー教師も人に触れます。
そういう意味でも良い経験をさせて頂きました。

参加者の中に15年くらい前からの知り合いで、しばらく会っていないダンサーが来ていました。
彼女もコンタクト・インプロビゼーションのWSなど企画しています。
今度一緒に何かやろう!と意気投合して帰ってきました。

コンタクトに興味のある方は今回主催していたCINNに連絡してみて下さい。
CINN >>> http://contactimprov-nn.com/

力が抜けない

読了までの目安時間:約 4分

3年ほど前からNHK文化センター光が丘教室でアレクサンダー・テクニークの講座を教えています。
先日、参加している生徒さん達にどうしてアレクサンダー・テクニークを受けたいと思ったのか聞いてみました。
「力を抜きたいと思って来た。」と言う人が大半でした。
ちょっと驚きました。
講座の副題を「感じる姿勢と使い方」としたので、姿勢や歩き方や歪みなどが気になっている人が多いのかと思っていました。


力が抜けなくて受けに来たが、力が抜けすぎるようになった。
ダンスで力を抜きたいと思って来たが、抜くところは抜いて必要なところは入れるがまだできていない。
力が入ることが困っていた。
緊張を抜くために来た。


力を抜くのが難しいのは、先ずは力が入っているのが分からないからです。
ある時気が付くと力が入っている。
知らないうちに固まっている。
息が止まっている。
いつ力が入るのか、どんな時に入るのか、どうやって入るのか。
それが分からないので対処の仕様がない。
もう一つ。
力をどこまで抜けば良いのか分からない。
全部抜いてしまうと、立っていられない。
かと言って途中まで抜いていると、力は入ったままだったり。
そこの塩梅と言うか加減と言うかが難しい。
そんなことのようです。


アレクサンダー・テクニークにも様々な手法がありますが、僕の場合、先ずは力が入っているのに気がつかないと言うところにポイントを当てます。
自分を観察する。
入っているのかいないのか。
いつ入るのか。
そんなことを感じながら動いてみたり立ったり座ったり。
そんなことを繰り返します。
ハンズオンといって体に触れて気づきやすくする手法を使ったりもします。
先ずはそこから。
気が付くことから始めます。
気がつかなかったらどうするか。
それでも構いません。
自分に気が付く練習をする、時間を作ることも大切だと思っています。


力を抜くことは出来るけど、どこまで抜けば良いか分からない。
これにはイメージを使ったりします。
体は元々の状態や動きを持っています。
それを言葉にして話をします。
頭に思い浮かべるイメージは体の動きを補助するような働きがある。
家電製品で説明することもあります。
テレビにしろ炊飯器にしろ、コンセントが入った状態が力を抜いた状態。
スイッチを入れればすぐに画面に映像が映ったり、お米を炊ける状態になる前の状態です。
いつもいつも画面を表示していたり米を炊く状態では疲れてしまいます。
体だとそれはどんな感じなのか。
それが力を抜いた状態で、立つための必要最小限の筋力や筋肉の緊張は使っている。


すぐに出来る人もいますけど、多くの方は少し時間がかかります。
誰かにやってもらうのではなく、自分で出来るようになるために、アレクサンダー・テクニークなどの講座をしています。

【カラダの座学】とアレクサンダー・テクニーク @ 神戸(6/1)

読了までの目安時間:約 4分

6月1日(金)に神戸で【カラダの座学】とアレクサンダー・テクニークのWSを行います。
特に踊る人や大人からバレエやダンスを始めた人に来てもらいたいと思います。


本当はカラダはどこから動くのか、どんな形になっているのか。
外から見た形とカラダの中身は違います。
自分の体を知って触れて動かして確認する。
ほんのちょっとの違いかもしれないし、大きな勘違いがあるかもしれない。
解剖学的な体の使い方にも繋がるワークショップです。
この【カラダの座学】とアレクサンダー・テクニークのイントロ(導入)を組み合わせたワークショップをやります。
質問タイムも作るので、今まで聞けなかったテクニック的なことや先生が言っていることを聞いてみて下さい。


ワークショップの後の時間には、アレクサンダー・テクニークの個人レッスンやグループレッスンも受け付けます。
個人レッスンは30分単位、グループレッスンは2人以上で1時間単位で受け付けます。
お待ちしています!


【カラダの座学】とアレクサンダー・テクニーク

日時 : 6月1日(金)14:00~17:00
場所 : 神戸市産業振興センター 会議室 903
     神戸市中央区東川崎町 1-8-4(神戸ハーバーランド内)
     ※JR神戸駅 徒歩5分、阪神電鉄「西元町」駅 徒歩6分
      神戸高速鉄道「高速神戸」駅 徒歩8分
      市営地下鉄海岸線「ハーバーランド」駅 徒歩5分
料金 : 9,000円(当日精算)
問合 : teate@nifty.com 03-3922-7230
備考 : 2018年5月19日現在 残り6名の申込枠があります。


アレクサンダー・テクニーク レッスン

日時 : 6月1日(金)17:30~18:30
場所 : 神戸市産業振興センター 会議室 903
     神戸市中央区東川崎町 1-8-4(神戸ハーバーランド内)
料金 : 個人レッスン 4,000円(30分)
     グループレッスン 3,000円/人(50分)
問合 : teate@nifty.com 03-3922-7230
持物 : 着替え、持っていたらヨガマット
備考 :
2018年5月19日現在 個人レッスンは満席となりました。
また、グループレッスンは18:00からと19:30からに空きがあります。
それぞれの時間帯に3名ずつ先行予約があるので、残り2名ずつ入ることが出来ます。
お申し込みは1名でも大丈夫です。



【カラダの座学】やアレクサンダー・テクニークは、チャコット名古屋スタジオさんや神楽坂セッションハウスさん、studio RADAさんでも開催し人気のワークショップです。
ダンサーから大人バレエの人、小中学生のバレエから趣味でダンスをやっている男性まで、幅広い方々に参加頂きました。
知っているようで実は知らないカラダの構造を、目で見て触れて動かして感じるワークショップ。
受けると体の動きが変わります。
変わらないまでも楽にスムーズになります。
一度受けてみて下さい。


RADA2・てあて整体スクール

RADA3・てあて整体スクール

RADA1・てあて整体スクール

名古屋チャコット1608252・てあて整体スクール

名古屋チャコット1608254・てあて整体スクール

名古屋チャコット1608251・てあて整体スクール

名古屋チャコット1608257・てあて整体スクール

セッション4・てあて整体スクール

セション1・てあて整体スクール

やる気が出ない時にどうするか。

読了までの目安時間:約 3分

アレウサンダー・テクニークのレッスンをしている時に聞かれました。
今月は何かトピックのようなものありますか?と聞いた時のことです。
このところ少しやる気が出ない。
何か上がってこない、と言うことでした。
なるほどそうですね、と言うことで考えてみました。

上大岡トメさんというイラストレーターがいます。
可愛いというよりさっぱりした細い女性を描いている方です。
その方が何かに描いて書いていました。
気分が上がってこない時のポーズです。

片手を腰に。
反対の手を天井に突き上げる。

これだけです。
これでどうなるか。
微妙に気分が上がります。
上がらずとも下がりません。
いや、下がりにくくなります。

何故でしょう。

アレクサンダー・テクニークでは習慣的な考えや行動から離れてみると言うアプローチをすることがあります。
いつもこうなる、と言うところから離れてみる。
そうすると、いつもこうなる、と言うループから離れられるかもしれない。
どうしても出来ないとか、どうしてもこうなってしまう、から離れるために、習慣的な行動や考えから離れる。
簡単ではないですね。
でも今回の場合はちょっとすぐに出来そうなこともある。

気分が上がらない時どうなるか。
いろいろと下向きになります。
上がらないっていう言葉にも象徴されているように、いろいろと下がります。
猫背になったり。
視線が下がったり。
肩が落ちたり。
歩幅が狭くなったり。
全体的に小さくなっていく方向性ですね。
それが習慣的な反応だとしたら、それをやめてみる。
自然にやめられる方法もあると思いますが、ここは一つ思い切って自分でやってみる。

片手を腰に。
反対の手を天井に突き上げる。

ほら。
ね。
なんとなく。
下がりにくい。
このポーズで落ち込む方が難しい。
まあ、アレクサンダー・テクニークのアプローチとはちょっと違いますけど、似ていなくもない。
そんなことをやってみました。
もちろん普通のこともやりますけど。

脳科学的にも説明されていると思います。
試しにどうですか。


気分を上げる・てあて整体スクール

生徒さんに促されてやってみました。
気分は微妙に上がります。
どうでしょう。