整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » 

一歩踏み出す。

読了までの目安時間:約 3分

一点倒立

昨夜の六本木。
60歳11ヶ月と7日。
荒木靖博。
一点倒立してみた。
出来た。
坊主にすると出来るのか?
マッチ棒は逆さにすると回るのか?
意外に綺麗で驚いた。
しかしこんな先生の所に入学して整体師になりたいって人は居るんだろうか。
という事はこう言う写真は載せない方が良いんだろうか。。。


一歩踏み出す。


昨夜は【マダカラ】レッスンの日でした。
まだまだ動ける体を創るレッスン。
フロアワーク(床でゴロゴロ)と簡単ステップで動ける体を作っていく。
そんなクラスでしたが、開店休業。
実は一人で自主練習をしていました。
小一時間も動いた後に帰ろうと思って思い立ちました。
逆立ちしよう!
30年以上もダンスをやっていると若いダンサーに友達と言うか知り合いも多い。
そんな彼ら彼女らがインプロビゼーション(即興ダンス)や一点倒立などの写真をしているのを見ることがあります。
出来るのかなぁ。
昔は簡単に出来たけどな。
腕一本で逆立ちってのも出来たはずだけどな。
さすがに腕一本はすぐに出来ないか。
じゃあ頭だけで一点倒立はどうだろう。
そんな風に思ってやっていました。
出来た。
なら、と言うことで写真に撮りました。
どうする?
インスタグラムやFBに上げるのか。
イイ歳してどうなんだ。
客観的に見ればバカです。
あほかと思います。
でもまあ面白いじゃん。
最近の還暦は運動していればこんな感じと言うのを知ってもらってもいいか。
でインスタグラムとFBに上げました。
皆好きですねこう言うの。


一歩踏み出す。


どうも考えてばかりの人が多い。
いろいろと考えて考えて考えて。
考えすぎて動けない。
あるいは。
考えて考えて考えて。
考えすぎてやったつもりになる。
満腹。
満足してしまう。
でも何もやってないですよ。
ただ座って酒飲んでるだけだったり。
パソコンを眺めて読んでだだけで調べたつもりになって知ったつもりになって腕組んでいる。
それだけかもしれない。


行動。
動くこと。
連休は良いタイミングです。
今年は急に休みになった人が多らしいですね。
連休から何か始めましょう。


※ところでお約束ですが、一点倒立は一般的には危険です。
もしやるなら自己責任でお願いします。
荒木はダンス歴35年です。
一応、ぼちぼちですが継続してレッスン受けています。
それに整体師なので体も動かしています。

やってみたい人がいたら教えますよ。
連絡下さい。(笑)

連休どうします?

読了までの目安時間:約 5分

連休はどうしますか?
前の記事でも書きましたが私は仕事です。
と言うか営業をしています。
営業をしていても患者さんや生徒さんが来てくれないことには開店休業ってなことになりかねません。
当日でも良いので整体受けたいアレクサンダー受けてたい個人セッション受けたいと言う方は連絡下さい。
最近休みの話になりますね。
働き方改革。
有給休暇を取得させないと普通の会社は罰則がつくという。
有給休暇は本人の申告ではなく上司から話をするようになるとかならないとか。
だとすると今年の新入社員と上司の最初の打ち合わせで君はいつ有給取りたいいやこの日に有給とりなよてな話になっているんだろうか。
隔世の感があると言うよりは隔世です。
最近ブラック企業と言う言葉を聞きます。
パワハラやセクハラは別にして残業や休日については自分が入社した1980年代は殆どの会社が今で言うならブラックでしたね。
そんな話は良くします。
でもだから良いとか今は楽だねとか言いません。
有給は取って普通だし残業はないよう人員配置がされていないとおかしいでしょ。
と思っています。
それはまあ個人で仕事をするようになって10年くらい経ってから分かるようになったことですけどね。
そうだ。
話がそれた。

連休はどうしますか?
何度も言いますが私は仕事です。
とは言えそんなにぎゅうぎゅうに詰まっているなんてことはありませんん。
たぶんここに来てメールチェックをし数人の患者さんを見たり授業をやったりしたら時間が出来て昼寝してブログ更新をして連休明けにある講座の資料を作ってまた昼寝して帰るって感じでしょうか。
途中でストレッチもやったりします。
近くの公共施設を借りてちょっと体を動かします。
週に1回くらいしかダンスレッスンに言っていないので足りなくなって来ています。
本当はたぶん週に3回くらい動かさなければ体が劣化!?していく感じがしたりしてますから。
だから近くの公共施設の会議室なんか借りて動きます。
【フリーストレッチ】なんて言って告知しますから動きたい方は来て下さい。
誰か来たら動きながら何をやっているか喋ります。
タダ・無料だから教えたりはしません。
ただ動きたいと言う方がいたら来ていただいてもOKと言う。
そんな感じです。

5月は良い季節です。
風が良い。
年に数週間ですが窓を全開にして風を通して施術が出来る時があります。
それに何より私が生まれた月ですから。
ははは。
別に祝うような年齢ではないのでアレですけどね。
それでもまあ毎年ああこんな歳になったかと思うくらいはします。
今年は知り合いの舞台が見に行けると言うとても良い感じの日になりそうです。

このところアレクサンダー・テクニークを受けに来てくれる方が増えました。
これはどうしてなのか。
理由は分かりません。
世の中の流れなのかどうなのか。
流れは見える時もありますが見えない時もある。
どうしてアレクサンダーなのかは何か理由があるんでしょう。
皆自分に興味を持ち始めたのかもしれません。
自分のことだから当たり前と思っているとそうでもない人が以外に多いことに驚きますから。
自分の中で起きていることよりも自分の外にあることのほうが大切だったりする人が多いように思います。
何をどうすればこんな時は良いんだろうと考えるよりも何をどうすれば良いんですか?と人に聞くみたいな人が多い。
そう言えば最近は金を出せばなんでも教えてくれるやってくれるようになりました。
何しろやる気がなかったらやる気を出させてくれる会社まであるんですから。
モチベーションを上げるための薬まであったりして。
個人的にはモチベーションは生まれるもので作るものではないと思っていたりします。
自分の中のことは自分で何とかしたい。
そう思う人が増えてきたのなら良かったなぁと思います。
アレクサンダー・テクニークは自分が変わるワークです。
そこのところは整体などのセラピーとの一番の違いかなと思ったりします。
整体は自分を誰かに変えてもらえます。
柔らかくしたり曲がってるのを直してもらったり。
でもアレクサンダー・テクニークは自分が変わる。
面白いですね。

連休どうですかね。
今年は改元もあるし。
そう言えばこのタイミングで免許の書き換えが来ています。
平成36年までにするのか令和5年までにするのか。
あと一週間で考えます。

労働なんかしないで光合成だけで生きたい

読了までの目安時間:約 2分

スガシカオさんの新曲です。
「労働なんかしないで光合成だけで生きたい」
ハハハ。
面白い。
そんな気になることあります。
スガさんを初めて知ったのは「夜空ノムコウ」だったと思います。
サラリーマンを辞める時に同僚の女性が板橋区役所前のカラオケで歌ってくれました。
何故だか女性二人が歌っていたのを覚えています。
特に私のためにと言うことではなったようでしたけど。
SMAPのこの唄が売れていた後に会社を辞めました。

あの頃の未来に僕らは立っているのかな・・・ ♪♪♪

と言う歌詞をよく覚えています。
会社を辞めるにあたってはそんな気持ちがどこかにありました。
この人誰だろと思っていたらラジヲに出てきて話をしていました。
スガさんは新卒でサラリーマンになって5年くらいは営業職として働いていたとのことでした。
20代の最後にやっぱりどうしても一度は自分を試してみたいと、1年間だけ期間を区切って楽曲を作り、レコード会社に売り込んだというようなことを聞きました。
ああこの人も脱サラだったんだと思いました。

声が割れているのが好きです。
吉田拓郎もそうですけど、声が割れている。
そこがきっと好きなんだと思います。
歌詞はなんだか面白いけど。
なんかたまに聞くとしみじみしたりして。
この曲はまだじっくり聞いてません。
ハハハ。
どんな曲なんですかね。


整体師の時間

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体院には定休日がありません。
開業した時に決めず、そのままになっています。
何曜日でも良いようにも思うし、決めても良いようにも思います。
開業当初に決めなかったのは、何曜日に患者さんが来るのか来ないのかが分からなかったから。
例えば日曜定休にしたとして、開けていたら一番来院が多いのが日曜だとしたらどうでしょう。
困りますよね。
日曜の患者さんを逃してしまう
そんな風に考えました。
でも実際はそんな風に考えなくても良いのかもしれないと思います。
来る人は来る。
来ない人は来ない。
どうしても来たい人は時間を作って来ます。
それに全ての患者さんをターゲットにするという事は、誰もターゲットにしていないという事でもありますから。


休みはあります。
最初の頃は週が始まった時に予約が入っていない日を休みに決めました。
それでも予約の連絡が来たら仕事です。
その人一人だけ整体して、あとの時間は休みにする。
それがその内週の始めじゃなくナントナクこの日は休み、みたいになって来ました。
事前に決める事もあります。
旅行に行くだとか、何もしないけど休む日だとか。
午前中は仕事で午後は休みとか、昼間を休みにして映画に行くみたいなこともあります。
毎日が日曜日みたいでもあり、月月火水木金金みたいでもあります。


本当は事前に予定がない人生になりたかったんですけど。
なかなかそうは行きません。
スクールは毎週あるし、セミナーやワークショップも予定がある。
そうしないと募集もかけられないですからね。
でもまあ基本的には自分で決められます。
そこはサラリーマンと違うところだと思います。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

力を使わないで体を動かす。

読了までの目安時間:約 2分

何かの動きがやりにくい時。
必要以上の力や使わなくても良い力を使ったりしています。
そんな時。


必要最小限の力だけ使って動かす。


と考えて体をコントロールすると上手くいかない。
それより。


「力」を使わないで動かす。


と考えると上手く行くことがある。
それはつまり、「力を使う」という指令で中枢からの指令を出すのか、「力を使わない」という指令で中枢からの指令を出すのかの違いではないかと思っている。
「力」を使うという指令では「使う」が前提になっているが、「力」を使わないという指令では「使わない」が前提になっている。
もちろん「力」は使う。
体を動かす時に全く筋力を使わずに動かすことは出来ないし動かない。
ただ、感覚に登ってくる「力(の感覚)」とそうでない「力」(感覚に登らない)がある場合、またはいつも使っていない「力」が使われている場合、力は使っていないという感覚になる。
そういう使い方をしたいのなら、「使わない」が前提になっている方が使いやすいという訳の分からないことになるのかもしれない。
いや、書いている自分としてはとても良く分かるが、言葉としては訳が分からない。
「使わない」前提で使っている筋肉を使うということですね。




力の使い方について。
思いついたことの走り書き。
もう少し言葉を選んで分かりやすく書けるように。
先ずはこのまま掲載してみる。

助かりました。

読了までの目安時間:約 2分

お茶・てあて整体スクール

てあて整体院では整体が終わるとお茶を出します。
昔の整体院はどこもそうでした。
そうじゃないところもありましたけど、多くの整体院がそうやってお茶を出して、終わった後に話をしました。
痛みがあったり症状があったりして通い始めのころは、今日の状態、何をやったか、これからの推移の予測、どれくらい通えば良いか、次の予約、など話をします。
暫くするとそうでない話もするようになります。
リラックスしてもらうためだったり、患者さんの今置かれている状況を知るためであったり。


助かりました。


患者さんが帰り際におっしゃった言葉です。
いろいろな話をばばばばば~っとされて、整体が終わって。
体もスムーズになり心も少しスムーズになったと言うことのようでした。
あぁ~
あははははははは
へへへ
みたいになります。
荒木がです。
もう20年もやっているのにです。
なるべく顔には出さないようにします。
ま、嬉しい訳です。
助かったなんて言われる訳ですから。
そりゃ嬉しい。
でも助けようとしている訳ではありません。
普通にやっています。

痛みが取れれば。
硬さが取れれば。
引っかかりが取れれば。
楽になったら。

そんな風に思ってやっています。
整体師は3日やったらやめられない。

意外に踊れる整体師

読了までの目安時間:約 5分

勉強会1・てあて整体スクール

昨日は本当に久しぶりに一日整体のことを考えない休みでした。
休みとは言っても朝から勉強会。
なんだ仕事じゃん。
いやいやちがいます。
勉強会と言っても今回はアロマの講座でした。
講座ってやっぱり仕事じゃん。
いやいやそうじゃないんです。
アロマをネタに集まって話をして花見的なお昼にしましょうということでした。
講師は整体仲間性でもう15年も心理療法やカウンセリングを中心にアロマセラピーや整体も織り交ぜたセラピーをやっている素敵な女性です。
原宿のオフィスに伺って5人ほどでスキンクリームを作りました。
今回は男性が多かったので肌に良いものということで、マカデミアナッツオイルと甘草水を乳化剤で合わせ、精油を数滴垂らしました。
精油は当然、肌の老化やらたるんだ肌を引き締める効果のあるものなど。
フランキンセンスと檜の葉と言えば分かる人には分かるかもしれません。


勉強会2・てあて整体スクール

勉強会4・てあて整体スクール

精油選びは効用はもちろんですけど、香りがポイントです。
何十種類もの精油の香りを選んでいるとナンカちょっと分からなくなる。
最初は甘い香りやさっぱりした香りが良いなぁと思っていましたが、自分の肌につけることを考えるともう少し落ち着いたものということでこの二つになりました。
もう一滴だけ何かと言うなら、華やかなミドルノートを入れるかもしれません。
そして今回は何といってもお昼。
PARYAと言うお店のランチボックスを頂きました。
PARIYAと聞けばおおおおおおとなる女子もいるかもしれませんが、おじさんは良くわかっていませんでした。
良く分かっていませんでしたが、旨い。
非常に旨い。
しかもけっこうお腹に溜まる。
満足感がある。


勉強会3・てあて整体スクール

ここで他の皆は窓の外の桜をチラ見しつつ昼ビールを楽しんでいたんですが、荒木は茉里花茶。
この後ちょうど同じ原宿でダンスのワークショップがあるので、申込をしていたんです。
お昼を頂いたらそそくさと外に出てスタジオに向かいました。
原宿の渋谷側から代々木側に移動です。
もう15年も前にコンテンポラリーダンスを始めた頃に、同じスタジオで一緒に踊っていた大学生が今はさまざまな舞台に出るようになっていて、たまに東京で公演やらワークショップやらをやっています。
そのワークショップにタイミングがあったので、これは!?と思い申込をしました。


前半2時間はフロアワーク。
後半2時間はコンタクト。
持つのかなぁと思いつつ、でもかなりリーズナブルな金額だしと両方申込ました。
フロアの方は俳優さんもやっている男性で、昔馴染みの女子大生のお知り合い。
内容は実は懐かしく、ちょうど15年前に始めたときのフロアワークととても似た内容でした。
知った動きはけっこう楽に動けます。
とは言え2時間。
はあはあ言いつつ何とか乗り切りました。
そしてコンタクト。
こちらは知り合いがリード。
この日のテーマはカウンターバランス。
基本中の基本でしたが、これが意外に難しい。
いや難しいと言うより慣れていない。
久しぶりだったこともあって最初は少し戸惑いました。
初めましての人たちとくっ付きあいながら動きます。
個人的には最後にやった「X(ばってん)」が面白く良かった。
「人」みたいな格好なら良くあるけど、お互いに前を向いて体の前面をくっつけて、しかも「X」になって動いていく。
舞台の最初で照明が入って、ホリゾント側から歩いてくるだけで画になるなぁと思ったりしました。


終わって打ち上げ的な食事会。
これも随分久しぶりでした。
最近はレッスンを受けたら帰るだけ、みたいなことになっていましたが、こう言うのやっぱり良いね。
コンタクトをした後だったこともあると思うけど、いろいろと話が弾みました。
夏には合宿があるかもしれないとのこと。
時間を作って行けたらなと思います。


一日、仕事のことは全然考えず、年齢のことも全然考えず、色々な人と会えて良い一日でした。
そうだ仕事のことで一つだけ考えたことがあった。
「 意外に踊れる整体師 」
って言葉が頭にずっと浮かんでいました。
年齢や見た目よりは意外に踊れる。
でっ!?
このキャッチコピーはどこかで使うのか?
なんてことは今日になって考えていました。

髪を切りました。

読了までの目安時間:約 2分

髪を切りました。
整体スクール院長が髪を切ったってだけなんでどってことないんですけど、どうも報告しておきたくて書きました。
けっこう短髪です。
イカツイ。
イカツイが怖い人ではありません。
刑事とか焼き鳥屋のオヤジとか住職とか左官屋とかハチマキして欲しいとか言われましたが、違います。
左官職人と整体師は少し似てるかなと思ったりしますけど、違います。


短髪荒木

ほらイカツイでしょ。
でもほら。
ほんの10年前はこんなだったんですよ。


長髪荒木

尊敬する先生のダンスを踊ることになって、髪を伸ばしてました。
伸ばす髪があったからです。
伸ばしたくてもなければ伸ばせませんから。
今回は頭頂部が看過できない程に薄くなってきたと言うのがひとつの理由です。
もう一つは気分転換。
気持ち良いでしょ。
髪が短いと。
短髪。
良いですね。


実は40年前に一度だけ短髪にしたことがあります。
正確にはしなければいけなかった。
何故か大学体育会剣道部で主将をやっていた時、毎年やっている姉妹大学との定期戦で負けました。
主将はボーズにすると言うのが習わしで、すぐその足で大学前の床屋に行きました。
椅子に座って「ボーズ!」と言うと、若い理容師さんは鋏を持って構えました。
そこに店長がやって来て「何部?」と聞かれ「ケンドー部です。」と答えると、「主将?」とまた聞かれ「そうです。」と言うと、すぐにバリカンを持ってきて額の側から一直線にバリカンを入れられました。
いや、入れて頂きました。
「これに合わせて刈るように。ま、しょうがねぇよな。(笑)」そう言い残して店長は去って行きました。
ちょうど40年くらい前です。
その時の髪もちょっと長めで上の下の写真のようなくらいでした。
ははは。
あれは夏。
今は春。
気分も新たに頑張りましょう。

まるごと一人で踊る 〜 セッションハウス松本クラス

読了までの目安時間:約 3分

ダンスを踊っています。
もう35年になります。
このところは神楽坂セッションハウスの松本大樹さんのクラスに出ています。
いつもはレギュラー月曜クラスですが、今回は木曜のクラスに2ヶ月間出ていました。
「REH.2019」「まるごと一人で踊る。」 最終回でした。
2ヶ月かけて1つの作品を一人で最初から最後まで踊る。
最終回はソロを踊る、ショーイングをするクラスでした。
6回のうち最初の2・3回で振りを貰い色々な話をし、2回位は振りの確認と作品の解釈や表現についての話、前回は殆どダンサーに任されて数人で通したりした。
そして最終回はソロを踊る。
色々な話を本当にたくさん聞き考えた。

自分がやっていると思っている事。
自分に出来ている事。
見る人が捉え感じる事。
自分の伝えたい事。
自分がやりたいと思う事。
表現。
想い。
動き。
それらの関連。

考えて考えて。
考えすぎて分からなくなって。
結局、「語るように踊る」事をしようと思って踊った。
作品の解釈はせず、前半部分は回想、後半部分は我に帰るように。
それだけを思って踊った。

自分の他の参加者の作品も見た。
それぞれにそれぞぞれの表現があった。
こんなにも違うものnあのかと驚く。
そして刺激されるものもある。
ああこう言う表現があったのか。
これもイイ。
ああこんな方法も解釈もあるんだ。

語るようにと決めたのには理由がある。
3回目のクラスで松本さんが通して踊ってくれた時、音がダンサー松本さんを追いかけてきていた。
音は松本さんの身体表現を盛り上げ装飾するBGMになっていた。
ところが自分の動画を確認すると、どんなに良く見ても音楽のバックダンサーでしかなかった。
音を引き連れる。
空気や空間を引き連れる。
そうなっていなかった。
「語るように踊る」事でそれが出来るのではと思ったのが理由だった。

終わって感想や解釈や論評を聞きました。
ダンサーそれぞれの話も松本さんからの感想も印象的でした。
見にきてくれた直子さん、しほちゃん、ときさん。
ここで聞いた事は心に残る。
それにしても何人も泣くなんて思ってもみなかった事だった。

ソロは難しい。
でもとても面白い。
色々なものが出る。
色々なものが出ない。
半端では出来ない。
良い経験と時間でした。
これからの自分のダンスを想う上でも、自分のカラダを想う上でも。
こんな経験が出来てとても良かったと思います。
セッションハウス、直子さん、松本先生に感謝です。

ダンスに限らず、長く続けている何かから学ぶものがあるように思います。
まだまだこれからも続けられたらと思っています。

自分はどんな仕事をして来たか。

読了までの目安時間:約 2分

会社員時代は殆ど流通小売業の本社で仕事をしていた。
年度計画を立てたり在庫管理をしたりとスタッフ部門の仕事がほとんどだった。
何か仕事をしたのかなぁと思うと、大きな仕事はリストラの計画だったように思う。
日常的な仕事とそう言うイレギュラーな仕事を比べるのは意味がないが、やはり大きな仕事だったと思う。
大きいとは重要とか重大と言う意味もあるが、自分の中での存在が大きな仕事と言う意味で。
リストラの後、若手を集めて独自の中期計画を立て取締役会にはかったことがあるが、実現は愚か何かの参考にもされなかった記憶がある。
甘かったのは立案した若手だったのか参考にしなかった取締役会なのか分からないけど。

リストラの計画が大きな仕事だったのかと思うと少し寂しい。
ひとつひとつの店舗の投資改修計画は立てたが、リストラする時には十把一絡げのようになってしまった。
何だかなぁな印象が残る。

会社を辞めて一人になって整体をしていると、目の前の人に喜ばれる。
大きな会社で大きな数字を扱っているのと、目の前の一人の人に相対しているのと。
どちらが良いとか、どちらが大きな仕事とは言えない。
どちらにも良さがある。
でも、会社員時代には嫌な事もやったが、一人になると嫌なことはやらない。
なるべくやらないように切り抜けている。
今のところは切り抜けられている。
もう18年も切り抜けていることになる。

それは幸せなことだなと思う。
いや、会社員時代が不幸せと言うことではなく。
今は幸せだなと思う。

1 2 3 45