整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » 

荒木がダンスレッスンを受ける訳

読了までの目安時間:約 5分

セッションハウス・てあて整体スクール

神楽坂にあるセッションハウスというダンススタジオに良く行きます。
最近は松本大樹さんというダンサーのレッスンを受けていますが、以前は太田ゆかりさんや近藤良平さんのクラスにも出ていました。
太田ゆかりさんは40代に入って初めてコンテンポラリーダンスを教えてもらったダンサーです。
もう15年ほど前、整体院を開業してしばらくしてようやく時間ができた頃、また誰かからきちんとレッスンを受けようと思って探しました。
それまで暫くはスポーツクラブのジャズダンスやクラシックバレエを受けていました。


初めて踊ったのは20代中頃、それから10年間はリツコヒキタという先生からジャズダンスをみっちり学びました。
アルビンエイリーやルイジジャズに影響を受け、ジャズバレエと呼ばれていたダンスでした。
30代中頃に先生が引退されてしまい、それからしばらくスポーツクラブで踊っていましたが、転職開業して落ち着いたので、何か踊ろうと探したのがコンテンポラリーダンスでした。
また虫が疼いたというような感じでした。
コンテンポラリーダンスは言葉では聞いていましたが、そんなに沢山はクラスもなかったと思います。
いろいろ探して結局、現在は日本女子体育大学で研究室を持っている岩淵さんとダンサー太田さんがやっている、シアター・ルーデンスというダンスカンパニーのワークショップを見つけました。
森下スタジオの一番大きなスタジオだったと思います。
そこで6人位の参加者で受けたのが最初だったと思います。
そこでハマってしまって現在まで続いています。
岩渕さんのレッスンは最初の頃は受けていましたが、最近はほとんど受けていません。
ずっと太田さんのクラスばっかりでした。
ルーデンスのワークショップやクラスでは、フロアワークとステップを徹底的に練習します。
床に飛び込んだりスライディングしたりはここで練習しました。


セッションハウスで教えてもらっている松本さんのダンスは、動きをダンスにするクラス、動きを繋げ繋がる動きをムーブメントにするクラスです。
90分くらいのレッスンでは、60分くらい振付のように動く時間です。
普通のクラスなら60分くらいを基礎練習にして、30分くらいを振り付けにすることが多いと思いますが、松本さんは踊る。
ダンスや踊りをどうやって自分の中に作っていくかというクラスだと思います。
それに対して太田さんのクラスは自分自身の体の隅々に光を当てるところから始まるクラスです。
関節の一つ一つ、筋肉の一つ一つを感覚し、今どうなっているのか、無駄な力は入っていないかを、確認していく作業に時間をとります。
静かな時間、静かな体を見つめて、確認してから始まります。
動きはシンプル。
雑音のないクリアな動きを目指します。
ダンスというと格好つけたり盛ったり大げさにしたりしたくなりますが、逆に削って削って動きの質だけを探していくようなレッスンです。
自分の動きの雑さや曖昧さがクッキリして、嫌になることもありますが、それが自分を見直すタイミングになったりもします。
この二人のレッスンを受けられるのはとてもラッキーだなと思っています。


60を超えてダンスレッスンを受けるのは、舞台上で自分を表現したいというつもりもありますが、自分の体や状況を知るためにとても大切なことだと思ってやっています。
今はこうなっている、こんな状況だと知ることで、対策や練習をすることが出来ます。
現状を知るのは辛いこともありますが、楽しいこともあります。
出来ないことが分かるということでもありますが、出来ることが見つかるということでもあります。
これからも無理をしないように、ちゃんと無理をして楽しんでいこうと思っています。


てあて整体スクール

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

定年退職

読了までの目安時間:約 4分

年賀状を書きました。
SNSが盛んになって昔の友達の消息も何となく分かるようになって、そろそろ年賀状はいいかとも思いましたが、2020という数字を見て書いとくかと思いました。
宛名をまとめていないので昨年の年賀状を引っ張り出して住所を確認していました。
手に取って表と裏を見ていると、何人かの年賀状に手書きで同じようなことが書かれていました。


再雇用で同じ職場で働く。


そんな内容です。
ああ、定年なんだ。
定年になって再雇用されて同じ職場で働くんだ。
そうか。
定年か。
同じ場所で働くんだな。
不思議な感じだろうな。
ひょっとして給料は下がるんだろうな。
そんなことを思いました。


そう言えば、整体師などの個人でする仕事に変わった時、「定年のない仕事ですね。」と良く言われた。
あああまあそうですね。
と曖昧な返事をしていた記憶がある。
整体師になったのは40歳くらいだから、定年はまだまだ先。
全然、実感のない話だった。
とはいえ、定年がないってことは、ずっと働けるってことか、とは思いました。
それと定年くらいの年齢になったら、キャリア20年の先生ってことになるんだと思いました。
今、ちょうどそのキャリア20年の先生になってるってことですね。
何となく実感はありませんが、確かにキャリアは20年です。
ちょっと不思議な感じです。


人の体の見方や人の見方が変わってきたところはあると思います。
人の体はこんな感じとか、人はこんな感じとか、こう言う人はこういう感じとか、ああいう人はあんな感じとか。
決め付ける訳ではないですが、サンプルが沢山あってだんだんとその分類に一致することが多くなった感はあります。
整体とかセラピーをやって行く上では良いことです。
分かりやすくなりますから。
分かりやすくなりますが、それが落とし穴になることもあります。
人の体は変わります。
同じ人の体も変わりますけど、20年前の30歳の人と今の30歳の人の体は変わりました。
10歳の子供も体も変わりましたし、40歳の人の体も変わりました。
そういうことについてはアップデートしないといけないと思っています。
ずっと同じ30歳だとか40歳だとか思っていると間違うことになります。


定年がないのは面白いことです。
やっとスタート位置に来た気がします。
20年も経ってやっとです。
ホンマカイナ。
ええ、ホンマです。


来年のテーマは【姿勢と歩き方】です。
自分の使い方です。
体の使い方であり思考の使い方でもあります。
これに絡めて何かいろいろ出来たら良いなぁと思っています。


定年退職する友達はまた増えるんだろうと思います。
早期退職とか活用して少し早めに辞めて次の人生を目指す人もいるかもしれません。
どんな感じになって行くのか楽しみです。
てなことを思う年の瀬です。

年賀状を書いております。

読了までの目安時間:約 3分

こんにちは。
通常は大泉学園、月に4日は名古屋で整体院と整体スクールをやっている荒木です。
今年もあと僅か。
も~い~つつ~ね~るぅ~とぉ~
お~しょぉ~がぁつぅ~
と言ったのは昨日。
もうあと4日で正月です。
信じられません。
いや、昨日までは信じられませんでしたが、今日になって急に実感が湧いてきました。
ああもうすぐ正月だ。
どうしよう。
いや、どうしようもない。
正月になれば当然来年だ。
いや、正月になったら来年は今年になるってことか。
まあいいか。


で、年賀状。


書きましたか?
ご同輩。
まだです。
ええ。
まだなんです。
それで印刷を始めました。
今の今です。
今、パソコンの下でキャノンのMG7530がシュルシュル言いながら印刷しています。
まずは整体院の方です。
これが終わったら個人のをやります。
そして宛名書き。
自慢じゃないですが宛名書きは早い。
判読できるギリギリの線を狙って書いていますから。
早い。
とにかく早い。
と言うことで今日中には書き上げます。
そして投函。
とうかんに持っていくのが今日の目標です。
がんばります。
ええガンバリますとも。
そして明日からは少しゆるやかにゆったりと大人の年末年始を送ろうかと思っております。
大人のね。
年末年始です。
どんなのかって?
いや、別に普通です。
明日が最後ですから。
最後に患者さんを整体して。
明後日はちょっとぼんやりして。
大晦日に実家に帰って。
元旦を迎えると。
元旦には鳥出神社に初詣に行って。
えっ鳥出神社知らない!?
三重県四日市市富田にあるあの鳥出神社ですよ。
夏になれば鯨船の出るあの神社。
ま、いいか。
その鳥出神社に元旦の昼前後に行って。
信じられないくらい閑散とした境内で初詣です。
そしておみくじ。
そしたら二日に帰ってきて。
三日には箱根駅伝を見て。
四日には初仕事です。
大人は四日から仕事です。
はい。
がんばります。


その前に年賀状です。
やっつけます。
今日中に。
絶対。
頑張ります!

大掃除

読了までの目安時間:約 1分

てあて整体スクール年末恒例の大掃除。
終わりました。
今年は2人の参加でしたが、2時間半で終わりました。
部屋の掃除とワックス掛け。
これで新たな気持ちで新年を迎えられます。
ありがとうございます。


大掃除・てあて整体スクール

大掃除2・てあて整体スクール

大掃除3・てあて整体スクール

てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

名古屋と東京で忘年会

読了までの目安時間:約 2分

東京と名古屋に教室のある整体学校。
てあて整体スクール・荒木です。
毎年恒例になった忘年会を名古屋と東京で行いました。


名古屋忘年会・てあて整体スクール

名古屋忘年会2・てあて整体スクール

東京忘年会・てあて整体スクール

ここ数年は参加賞としてなぜか本をプレゼントしています。
自分では買わない本を押し付けて無理矢理読んでもらうという遊びですね。
内容は健康関連やセラピー関連。
開脚180ベターっと的なものや女性のカラダ関係、骨盤をどうこうするものだとか河合隼雄先生の本だったり。
あああああ~っとなるのが良いですね。
そして何故か一冊余った本が手元にありますが、包装を解いてみると「バカなおとなにならない脳」という養老先生の本でした。
これは自分でも買う本ですね。
年末年始の休みに読もうと思います。


名古屋の忘年会は千種にある「世界の山ちゃん」。
久しぶりに幻の手羽先を食べたいと思って予約をしました。
今年もあとわずかになりました。
来年はこの中から何人の開業者が出るんでしょうか。
良い年になるようお手伝いしたいと思います。


世界の山ちゃん・てあて整体スクール

幻の手羽先・てあて整体スクール

世界の山ちゃん2・てあて整体スクール

来春、踊ります。

読了までの目安時間:約 2分

2020年4月のシアター21フェスというダンス公演で踊ります。
神楽坂にあるセッションハウスというダンススタジオで行われている、ダンスパフォーマンスに出演します。


今回は男性二人+1人でのパフォーマンス。
以前にも一度一緒に出たことのある仲間です。
二人共にアラカン。
60がらみのおっさんです。
先日、打ち合わせと称する飲み会をしました。
どんな流れの作品にするか。
今回は構成振り付けをお願いして、ダンサーあるいは演者に徹することになります。
以前にも一度一緒に出たことがありますが、その時は荒木が作品作りをして踊ってもらいました。


彼とはセッションハウスのダンスクラスで知り合いました。
もう10年くらい前だと思います。
男性ということもあり、年齢が近いということもあって、たまに話をするようになりましたが、決定的だったのは同じ作品に出たことでした。
その時はセッションハウスの企画で、ダンスクラスで作品創りをしてフェスの本番で踊るというものでした。
彼はその時、人前で踊るのが全くの始めての経験だったので、なんとなくいろいろな話をした記憶があります。
そして今回です。


打ち合わせと称して集まっていろいろな話をしました。
最近見た舞台の話。
映画の話。
体の話。
と、リハーサルの予定や作品の内容などについて。
年齢が近いからなのか、嗜好がある程度似ているからなのか。
時間はすぐに過ぎて行きました。


リハーサルは来年1月から少しずつ始めます。
今回はあまり踊らないようなのが良いよね。
ということだけは一致しています。
年齢なりというか、この年齢にしか踊れないもの、男二人じゃないと出来ないものを模索したいと思っています。
ぼちぼち頑張ります。

患者さんに聞かれること。

読了までの目安時間:約 4分

整体院を開業したり整体師の仕事を始めると、患者さんに聞かれることがあります。


私の体曲がってますか。
どこかズレてますか。
どこが悪いんですか。
そこが悪いんですか。


その質問に答えます。
どうやって答えるか。
何を答えるか。
そこが問題です。


整体学校や整体スクールで授業を受けている時、生徒さんは先生に質問します。
答えるのは簡単です。
だってそれくらいの事は既に考えて来ました。
自分なりに答えられるようになるまで、調べたり考えたりしました。
だから答えるのは簡単です。
でも、答えることが生徒さんのためになっているのか。
そこが難しいところです。
日本の学生の読解力が落ちているという傾向があるようです。
主要国の学生の学力調査をしたところ、特に読解力が落ちている。
この原因をいろいろ言われていましたが、原因の一つにスマホでの検索があると聞きました。
スマホで検索をすると答えが直ぐに出てくる。
だから自分で考えることをしなくなったということです。


同じではないですが、少し気になる事があります。
聞かれたことに答え過ぎていると、自分で考えなくなってしまうのではないか。
何でもかんでも答えるのは良くないかもしれない。
そんな事を思います。
自分で考えてから質問して下さいなんて言ったりしますが、結局、質問に答えてしまうことがあります。
ちょっと考えものです。


生徒さんは卒業します。
卒業して開業したり仕事に就いたりしたら、患者さんと一体一の仕事になります。
手元にはテキストもなければスマホを見る訳にもいかないし、荒木もいません。
質問には自分で答えることになります。
知っていることなら自分で答えられますけど、知らなければ答えられないのか?
自分で考えるクセがついていれば、質問に対してもいろいろと考えることが出来ます。
考えた末に自分なりの仮説の話をすることが出来ます。
正解かどうかは問題ではありません。
そこで考えて答えられるかどうか。
そこが問題だと思っています。


もう20年以上前に小さなチェーン展開の整体院が増えた時期がありました。
その時に行った2店舗の整体師さんのことを思い出します。
一人は池袋のスポーツ系の整体院の人でした。
背中を触診していたら、「これだと腰が痛くなりますね、どうですか?」と聞かれました。
確かに腰が痛くて行ったので「はい」と答えたら、「院長だったら治せるんですけどねぇ。(笑)」と言われました。
もう一人は目白にある小さな整体院の人。
触診とモーションパルペーション(動的検査)をしていたら、「これだと右腰が痛いと思いますけどどうですか?」と聞かれました。
その時は特に痛みはなく筋肉を緩めて欲しいだけで行ったので、「いいえ痛くないです。」と言いました。
そしたら、「おかしいなぁ、学校ではそう習いました、痛いはずなんですけどね!?」と言われました。


最初の話と脈絡はありませんが、自分で考えないとこんな風になってしまう、と言う話です。
自分の頭で考える。
答えが間違っていても構いません。
自分の頭で考え続けていると、いろいろなことに整合性が取れるようになって来ます。
整合性がとれて来ると、考え方の軸のような芯のようなものが出来ると思います。
軸や芯が出来てくれば、自分の考えは正解に近くなって来るはずです。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

アイリッシュマン

読了までの目安時間:約 2分

どうしようかと考えていた映画だったけれど観て良かったと思う。


アイリッシュマン
>>> https://www.netflix.com/jp/title/80175798


ロバード・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ペシという俳優陣に監督はマーティン・スコセッシ。
観たいなぁと思って調べたら209分もある作品。
それにネットフリックスってインターネットTVで見るものなのか?とちょっと思って躊躇していました。
でもまあ一日休みだったしということで吉祥寺まで観に行ってきました。
良かった。
最後までトイレに立たずに持つかなと思いましたが、なんとかそれは大丈夫。
それよりも最後までダレずに見ていられるかと思いましたが、それは全く大丈夫でした。
途中から不思議な感覚になって来ました。
とある男が青年から壮年になる時期にギャングになって一生を過ごしていく話。
たぶん40年くらいの時間が流れているんだろうと思います。
ネタバレになるのでいろいろ書けませんが、この209分という時間が良い部分もあったように思います。
ロバート・デ・ニーロもアル・パチーノもジョー・ペシも良い演技をします。
見ていて彼らの長い人生に移入してしまうような感覚になります。
行ったり来たりする時間、と今、そして少しずつ流れ動く時間。


自分が人生を述懐する時に、こんな風にいろいろなことが頭の中を流れ考え感じるのではないかと言うような感覚になりました。
年代によって全く見方が違うだろうと思います。
アラカンで見られて良かったと思う。
これが主人公に近い年齢だとどうなんだろうと思う。
20代30代だとどうなんだろうと思う。

予防

読了までの目安時間:約 4分

最近聞いて驚いた話がある。


熱が出るのを予防するために薬を飲む。
子供が社内で泣かないように風邪薬など眠たくなる薬を飲ませる。


えっ!
えっえっ!?
そうなんですか?
最近は。
そう言うことなんですか!?
とまあ一瞬かなり驚きました。
でもよくよく考えてみると、驚くほどのことではないのかとも思いました。
いや、予防と称してこういうことで薬を飲むことについては、驚くべきことです。
でも、そういうことで薬を飲もうと思う人が増え飲む人が増えてくる現代という時代の風潮については、驚いても仕方がないし、最近はそう言う傾向になって来ているんだろうとも思います。
いややっぱり驚きますけど。


さて、どうして荒木が驚いているのか理解出来ない人がいると思います。
予防のために薬を飲むのは普通ではないのか。
子供が社内で泣いて周りに迷惑をかけないために寝しつけるために薬を飲むことは仕方がないじゃないか。
そう思っている人たち、あるいはこれに似た考えの方々です。
非難している訳ではありません。
非難したいと思っている訳でもありません。
そうなんだ。
今はそう言う時代なんだと少し肩を落としてしまったということなんです。
個人的に。


薬は症状を消したり無くしたりするために飲みます。
対症療法と言われる通り、症状に対応するためのものです。
主にですよ。
全てではない。
だから症状が分かっていれば飲む。
でも。
まだ症状が出ていない。
熱が出ていない状況で飲むのは、早いんじゃないか!?と個人的には思います。
自分で対処出来ることがあるかもしれないのに。
面倒だってことでしょうか。
あるいは不安だということでしょうか。
どちらもあるかもと思いますね。
で、そこでです。
やっぱり整体師などやっていますと、そこを啓蒙出来ない自分というのもある訳です。


薬、飲まなくても出来ることあるよ。と。


そこを知らせるのも自分の仕事だったなと。
なのに薬飲む人増えていると。
だから、忸怩たる思いというか。
ね。
赤ん坊はどうでしょうか。
社内で寝かしつけるために薬。
これはつい最近聞きました。
どうなんでしょう。
子供に。
まだ完成せれていない人間です。
赤ん坊は泣くものです。
泣くのが仕事。
泣かせてあげても良いと個人的には思っています。
聖人君子ではないので、社内で泣いているとオヤッ!とは思います。
しかし、ノイズとは聞かず、子供の声だぁ(笑)と口角を上げて聞くようにしています。
すると、なんとなくのどかな気持ちになります。
あああ、泣いてるなぁ。
腹減ったのかなぁ。
おしめ気持ち悪いかな。
もうちょっとダゼ。
頑張ろう。
みたいな。


予防というのは予め(あらかじめ)防ぐという意味ですね。
そのために薬を使わない方法を知ると、お金使わなくてすみますよ。おと~さん。
熱が出そうだったら、服を多めに着るとか、レグウォーマー履くとか、耳あてするとか、生姜食べるとか飲むとか、少し体を動かしてみるとか。
子供は泣かせても良いけど、あらかじめ授乳するとかね。
いやたぶん薬を考えるお母さんはしてますね。
やっぱり周りかな。
せめて生暖かい目くらいで見てあげましょう。
つんけんしないで。
イラッとしたって子供は泣き止みません。
それより。
ニコっとする方が泣き止んだりします。
子供は皆の宝なんだから。

ペパカフェ・フォレスト

読了までの目安時間:約 3分

井之頭公園2・てあて整体スクール

先日、井の頭公園に行きました。
井の頭公園は吉祥寺から徒歩5分くらい。
吉祥寺までは整体スクールのある大泉学園からバスで30分くらいの距離です。
バス一本で行けるということと、昔、働いていたことがあるので吉祥寺にはたまに行ってきます。
吉祥寺で働いていたのは1981年から2年弱。
吉祥寺パルコが出来てしばらく経ってからだったと思います。
北口のマーケットはまだ古い店が多く、現在ロータリーになっているところもマーケットの名残がありました。
もう40年近く前になるんですね。


渋谷で草間彌生さんの映画を観た帰りにペパカフェ・フォレストに行きたくなりました。
ペパカフェ・フォレストは井の頭公園の中にあるカフェです。
(井の頭公園の手前に別のペパカフェもあります。)
吉祥寺駅南口を出て丸いの横の通りを歩いて公園に入り、そのまままっすぐ歩いて橋を二本渡った先にあります。
公園の向こう側の坂になったところに、横長に広がっています。
半オープンカフェで、冬には外にビニールのカーテンが引かれます。
夏は風が通るんですが、冬はそれだと寒い。
半オープンなのでカーテンを引いても寒いので、ブランケットと時にはストーブを持ってきてくれます。
ベトナムやタイなどの料理が美味しくて、夜は少しだけ飲むことも出来ます。
たしか22:00くらいまでやっているので、静かに時間を過ごすのには良いお店だと思います。
( ペパカフェフォレスト >>> )


井之頭公園・てあて整体スクール

ランチを頂きました。
隣にミニチュアブルドックを連れた男性がいらっしゃいました。
ブルは非常に静かにしておりました。
お昼の時間は少し混みますが、お昼をはずせば人も少なくゆっくり時間を過ごすことが出来ます。
本を読んだり考え事をしたりするのには良い空間だと思います。
またたまに来たいと思います。


ペパカフェ・てあて整体スクール

1 2 3 54
最近の投稿
カテゴリー
てあて整体スクール
03-3922-7230
teate@nifty.com
アーカイブ
おもてなし規格認証2019