整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » 

頂き物

読了までの目安時間:約 1分

整体院や整体スクールをやっていると頂き物をします。
意外に多くて数えてみると1週間に2個くらい。
どうしてこんなに頂き物が多いのか?と生徒さんやカミサンに問いただされます。
いや、聞かれます。
何かあるんじゃない!?と上目遣いに見られたりします。
いや、そう見えます。

知りません。
ホントウです。

ひょっとして欲しそうな顔をしているのかもしれません。
何か渡さないと可哀想な顔をしているのかもしれません。
ひもじそうにしているのかもしれません。
でも、こちらから何かくれと言ったことはありません。
ホントウです!

いつもいつもありがとうございます。
美味しく頂いています。
そう言えば口に入るものが多い。


頂き物1901

頂き物1902

まるごと一人で踊る

読了までの目安時間:約 3分

神楽坂セッションハウスのダンスクラスの企画で、松本大樹さんの「まるごと一人で踊る」と言うレッスンに出ている。
全7回のクラスの中でソロ作品の振り付けを頂き、毎回、動きの確認や練習はもちろん、様々な指摘を受けたり話たりしながら、最終回にショーイング(見せる)をするというものです。
今日のレッスンが練習の最後で、次回は最終回のショーイングと言う段階に来た。


普通のダンスレッスンではエクササイズ(準備運動的なもの)の後に、少しステップなどの練習があり、最後にそれらを組み合わせたシークエンスを作って踊る。
踊ると言ってもダンス作品ではなく、ダンス作品を創る時の材料や素材となる動きの連続と言うイメージで、それ自体を踊りとして表現することもあるが、表現するための体や心持ちのトレーニングというイメージが強い。
そうやって練習をすることで、体が鍛えられ動きが出来るようになり、作品を踊れる状態に自分を変えていく。


ところが今回はショーイングが最後に待っている。
最初から作品としての振り付けをもらう。
作品の意味や振り付けの意図するところも伝えられる。
その上で表現を任される。
表現!?
振りの意図や見え方や見せ方など、毎回さまざまな話をもらい色々なことを考える。
こんなに考えて踊ることは滅多にない。
前半はとにかく話をする時間が長かった。
振り付けは?と思うくらい。
そしてまた考える。


踊る時に頭の中に浮かぶ思いがある。
見ている観客には見えない。
観客が見ているのは動き。
その動きを見て表現されたものを見て、何が表現されているのか感じ考える。
言いたいことが伝わる訳ではなく、頭の中に浮かぶ思いが伝わる訳でもない。
伝わるのは見えている動きから観客の頭に浮かぶことになる。
自分に出来る動きがあり、出来ない動きがある。
自分が思っている動きと見える動きには差異がある。


浮かぶ思いに引きずられるのは危険という話があった。
でも、身体(しんたい)の求めるところに従うことで見えるものもあるという話もあった。
見えているものから何かを感じるのは観客という話も。


表現って何なんですかね。
身体の求めるところはどれなんですかね。
自分の思いは何なんでしょう。
伝わるものは何でしょう。
本番までもう少し考えます。

20110311-20190310

読了までの目安時間:約 2分

今日で東日本大震災から丸8年。
明日で9年目に入ることになります。
復興庁から今年2月27日現在の避難者数が出ています。

5万2千人

福島県では32,631人が県外に避難をされているそうです。
仮設住宅に住んでいる方が2019年1月現在 3,418人。
岩手・宮城両県の仮設住宅(2609人)は3月末で提供を打ち切るそうです。
仮設住宅には3回5箇所ほど手技のボランティアで伺いました。
あの仮設住宅に8年住むとはどういうことなのか。
想像も出来ません。

関東では福島の原発で作っていた電気を使って生活していました。
その原発の周りには未だ避難をしていて帰ってこられない人たちがいます。
関東の停電はすぐに復旧しましたけど。

こんな時に沖縄のことを書くのも何ですが、沖縄にある米軍基地が守ってくれているのは、本土です。
沖縄は基地があるので狙われたりするでしょうが、本土は基地がないのでもしもの時は後になるんだろうと思います。

自分に出来ることは何なのか。

触診は全てのベースです。

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクール主宰荒木です。
てあて整体スクールでは触診の練習を沢山やっています。
指針整体の授業では整体手技の前に必ず触診をしますし、機会があるごとに練習をします。
こんなに触診に時間を取っている整体スクールは他にはないんだろうと思います。
どうしてなのか。

触診が全てのベースだからです。

骨格調整法や手技の講座は沢山ありますが、触診にはあまり時間を取らないことがほとんどです。
でも、触診が出来なければ調整は出来ません。
右にズレているのか左にズレているのかが分からなければ、どちらに調整するか決められません。
間違って調整しても調子を悪くさせてしまうだけです。
例えば手技を全く知らなくても、触診が出来れば何とかなることもあります。
カイロプラクティックを始めたDDパーマーさんは、召使の背中の触診をしていて背骨の歪みに気付き、それを指で押して戻したことが効果を産んで、カイロプラクティックを始めるきっかけになったと聞きました。
当然ですがパーマーさんはカイロプラテクティックを誰にも教わっていません。
だからカイロプラクティックの手技が出来た訳ではない。
それでも調整が出来て効果があったということです。

歪みやズレや硬さが分かれば何とかすることは出来ます。
手技を学んでいなければ、効率が悪いというだけです。
その上で効果を上げるために手技を学ぶ。
だから大切なのは触診だと思っています。

触診では最初は歪みを触知するように触れます。
背骨(脊柱)は胸と腰で17個の骨が上下に並んでできています。
真っ直ぐ並んでいれば良い訳ですが、たまに左右にズレる骨があったりします。
手指で触れることでその歪みを知るのが触診です。
他にも筋肉の硬さ、温かさ冷たさ、張り、滑り、浮腫(むくみ)、関節の動きの良さ悪さなどが分かります。
筋肉の硬さなら、表面が硬いのか柔らかいのか、深部が硬いのか柔らかいのか、など少しずつ分かることも増えてきます。

何かが分かれば、そこから様々なことを考えます。
調整はその後に考えれば良い。
だから触診が全てのベースです。
これから整体師やセラピストになろうかと考えている人は、先ずは自分の体に触れることから始めると良いと思います。
次は家族や知り合いの背中など貸してもらうと良いですね。

手に職をつける

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体スクールを主宰している荒木です。
東京都練馬区と愛知県名古屋市に教室があります。
東京は毎週、名古屋は月に4日集中して授業をしています。


手に職をつける。


転職や脱サラの時に考えることです。
手に職。
仕事として成立する技術や知識を、自分の身につけるようになると言うことでしょう。
整体師などの手技療法は手を使う仕事なので、手に職というイメージそのままだと思います。
荒木も20年のサラリーマン生活をやめて転職を考えていた時に思いました。
転職の時は別の会社ということは考えていなかったので、自分で何かを始めること(独立・開業)が前提でした。
そのためには何か稼げる技術や知識を身に付ける必要があった。
そこで以前から気になっていた整体の勉強をすることにしました。


どうして整体師だったか。
会社員時代に整体に通っていました。
ダンスをやっていた関係で紹介されて、幾つかの整体院に行きました。
どこも流行っていて渋谷にある整体院には、いつも某有名プロゴルファーが来ていました。
吉祥寺の整体院は広い部屋の中央にベッドが一つあるところで、部屋の隅にホットカーペットがあっていつも数人の女性が坐って順番待ちをしていました。
大変、不遜なんですけど、これらの先生よりも上手く出来るような気がしました。
ほとんど説明もしないし、だいたいいつも同じことをやっているし。
確かに痛みや調子の悪さは改善しましたが、経営的や運営的に見ればもっともっと改善すべき点は沢山ありました。
けっこう大きな会社にいたので、そういうところは気になりました。


それに整体師は技術と知識があれば、手ぬぐい一本で世界中どこでも生きていける。


そんな風にも思いました。
自分で仕事を始めるなら、世界中どこでも生きていけるなんてちょっとカッコイイ。
これもやっぱり若気のいたりかもしれません。
でもそんな風に思いました。
もう一つ。
経営的なことも考えました。
サラリーマン時代に小売業の本部管理部門にいたので、在庫の怖さを知っていました。
出来れば在庫のない仕事が良いとも思いました。


そんなこんなで勉強を始め、手に職をつけました。
整体師になって20年。
同年代が定年退職の年代になっていますが、整体師としてはこれからです。
相手は人の体ですから、身につけた知識や技術はこれからも使えます。
技術革新は整体業界でもありますが、古い技術が使えなくなることはありません。
手に職をつけるという道も悪くはないと思います。

浮腫(むくみ)が増えている。

読了までの目安時間:約 3分

季節柄なんでしょうか浮腫(むくみ)が増えています。
てあて整体院にいらっしゃる患者さんでも、浮腫がある人が多く見られます。


浮腫の原因は幾つかあります。
一つは血流が悪い。
もう一つは血中などの塩分などの濃度が高い。
ヒトの体の中の水分は血液と一部リンパで流れています。
その血液の流れが悪いと水分の流れが悪くなり、体の組織に残った水分が外に流れ出ないと言うことが起こります。
また塩分などの濃度が高いく一定以上になると、塩分濃度が下がるように水分が残ってしまいます。
体内では浸透圧の関係でそんなことが起こるようです。


血液の流れが悪いのは、運動不足か自律神経の問題です。
運動不足は頑張れば解消出来ますね。
歩く歩数を増やすとか、時間を見つけて肩関節や股関節を動かす。
ストレッチをして筋肉を柔らかくするなんてのも良い方法です。
女性はブーツを履いていると、足関節が動きにくいので浮腫やすくなります。
ブーツの日は帰って来たら、足首をよく伸ばして、アキレス腱をストレッチ。
足首を回したら、その場で足踏みしたりすると良いです。
自律神経の方は逆に頑張らないことですね。
睡眠時間を出来るだけ取り、朝は太陽の光を浴び、出来れば散歩をする。
そんなことも大切です。
塩分については食事が大切になります。


もう一つ気になることがあります。
頭が浮腫んでいるような人が多い。
頭に触れるとパンパンに張っています。
中の圧力が高い感じです。
睡眠不足やストレスや考え事が詰まっている。
そんな印象を受けます。
春になって血流が上手くいかないことや、体の動きに変化があることが原因のような気がします。
上に書いた血流を促すようなストレッチや運動に加えて、首を軽く回すこと、耳を左右に引っ張ることなどが良いかと思います。
あとはたまに休んで気分転換してください。


てあて整体院では指針整体と言う軽い刺激の整体をやっています。
全身の筋肉にトントンと軽い刺激を入れるので、浮腫にはとても効果的です。
一度受けただけでフクラハギが1センチ位細くなったりします。
水分が抜けただけなので痩せた訳ではないですけどね。
見た目も動きもスッキリするので良いと思います。
お待ちしています。


てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20(月4日)
teate@nifty.com
03-3922-7230

常識とは、18歳までに獲得された偏見のコレクションだ。

読了までの目安時間:約 3分

常識とは、18歳までに獲得された偏見のコレクションだ。


アインシュタインの言葉だそうです。
獲得したではなく獲得された、と言うところもポイントですね。
そして偏見のコレクションと言うところもポイント。
自分から能動的に獲得したものではなく、自然に知らず知らずのうちに獲得されたものなら、そこに自分の意思はありません。
それがそういうものだという前提で自分の身みになってしまっているもの。
そして、コレクションは持っていて見ていると楽しいものです。
それがあれば安心していられる、それに囲まれていれば不安が少なくなる。
そんなイメージでしょうか。
考えられた言葉です。


この言葉を聞いて、整体師の開業や普段やっているアレクサンダー・テクニークのことを考えました。
整体師の開業や起業について、常識だと自分で思っていることがありました。
それは知らず知らずのうちに身についているものでした。
事前に計画を立てるとか、部屋は借りるものだとか、1時間はこれくらいだとか、整体と言えば手を使って調整するものだとか。
でもそれ本当にそうなのかと思ったりするようになってきています。
先日も「しょぼい起業で生きていく」と言う本を読んで、最近の若者がストレートに考えやっていることを知って、あああ常識に縛られていたなと思いました。
常識に縛られず自由な発想で、出来ることをやっていこうどんな形でもイイじゃないかと思っていましたが、それでも常識みたいなものが身についていたような気がします。


アレクサンダー・テクニークはまさにこのことを言っています。
習慣的になってしまった行動や考え方から一旦離れる、と言うのは以前大先輩のアレクサンダー教師から聞いた言葉です。
アレクサンダー・テクニークは魔法にかけるんじゃなくて、魔法を解いているんだ、と言うようなことを言った教師もいました。
確かに今までこうだと思っていたことから離れて、しがらみのない滞りのないクセや無駄な力のない状態で動いてみる。
何かをするんじゃなくて、何もしないと言うアプローチ。
簡単ではないんですけどね。
でも必ず出来る。
なぜなら今までやったことのないことをするんじゃなくて、やっている何かをやらないだけなんだから。


それにしても常識ってやっかいだなぁと思います。

最近読んだ本

読了までの目安時間:約 2分

最近読んだ本の中でセラピストを目指す人に読んでもらいたいもの。


動きが脳を変える(アナット・バニエル著)
ボリヴェーガル理論入門(ステファン・W・ポージェス著)
目の見えない人は世界をどう見ているのか(伊藤亜沙著)
オニババ化する女たち(三砂ちづる著)
しょぼい起業で生きていく(えらいてんちょう著)


「動きが脳を変える」と「ボリヴェーガル理論」は人と人の心身の捉え方と対処について書いてある本です。
「動きが脳を変える」はフェルデンクライス・メソドをやっていた著者が発見し提唱している行動療法のようなもの。
「ボリヴェーガル理論」は自律神経系の新しい知見が含まれています。
「目の見えない人は世界をどう見ているのか」は題名そのままの本ですが、とても分かりやすい。
目が見えないと言うことは、四本脚の椅子の脚が一本が欠けたのではなく、三本脚の椅子になったのだと言うところで大きく考えさせられた。
「オニババ化する女たち」は女性が鬼のようになっていると言う話ではなく、現代に生きる女性の処世の捉え方のようなものでした。
子供が産みたくなります。無理だけど。
「しょぼい起業で生きていく」は現代若者が教えてくれた、これからの生き方・処世術の一つだと思います。
従前の考え方や常識を見直すきっかけにもなり、しょぼい起業と言う提案も面白い。

しょぼい起業で生きていく

読了までの目安時間:約 4分

「しょぼい起業で生きていく」(えらいてんちょう著 株式会社イースト・プレス発刊)


なんだか凄い題名の本だなぁと思い購入。
すぐに読み切ってしまいました。
凄い。
素晴らしい。
これは読んでおくべき本です。
特に20代30代の方々はこれからの人生を考える上で一つの参考になると思います。
そして、50代60代の方はこういう考え方もある、あるいは世の中はこういう方向もある、と言うことを知るのにとても良いと思います。
40代はどちらなんでしょう。
これからの人生と考える人もいるし、こういう考えもあるかと言う人もいるような気がします。
ビジネス書というか処世術のような本です。


しょぼい起業をしましょう。
朝起きるのが無理とか、会社で人に使われるのは出来ないとか、そういう人は、起業という選択肢もあるという話です。
会社に勤めるだけが人生じゃない。
会社に勤めるのが無理だからと言って、生きている価値がないとか、詰まらない人だとか、能力がないとか言う訳ではないと言うことです。
その起業もりっぱな起業ではなくて、しょぼい起業。
しょぼいと言っても詰まらないとかくだらないと言う意味ではありません。
一般的に言われているような起業のイメージとは違う、普通の人が普通に始められる身の丈にあった起業です。
事業計画を立てなくても良くて、店舗をバーンっ!と借りなくても良くて、先ずは自分の持っているモノ(資産)を使って始めてみましょうと言うこと。
なるべく有効活用するために、おじさん的には発想の転換だったり意味の転換だったりを伴うことを考えながら始めましょうと言うことです。


年代によっては「しょぼい起業」ではなくて、起業をするなら「りっぱな起業」、あるいは起業すること自体が「りっぱな」事だと思っている人が多いと思います。
そもそも普通の人に起業なんてと思われるかもしれない。
整体を学びに来る人に聞いても、開業しますか?と聞くと、そんなそんな私なんて全然、ただ近くの人にちょっとやっておこずかい程度になれば・・・みたいなことを言います。
でもその、おこずかい程度の・・・のことを、開業と呼びます。
しょぼい起業もそんなイメージです。
そこから始めようと言う話です。


計画なんて立てなくても良いかもしれない。
店舗をきちんと構える必要もないかもしれない。
空いた時間だけで始めても良いかもしれない。
ダブルワークでも良いかもしれない。
整体だけじゃなくて今まで身につけた何かを提供しても良いかもしれない。
ただ、集まって体の疑問に答えるだけでも良いかもしれない。


この本を読んで自分は無理だと思ったら、それはそれで自分の思う方向に進めば良いと思います。
でも、これから開業しようかとか脱サラしようか仕事を始めようかと思っている人は、こういう方法もあると思えるんじゃないかと思います。
特に50代以上の人は、普通の会社勤めとは全く違うアプローチなので戸惑うと思います。
でも、実際に脱サラして起業してみると、こういうことはあります。

吉祥寺まで9000歩

読了までの目安時間:約 5分

UPLINK1

目的地はココでした。
てあて整体スクールのある大泉学園から吉祥寺パルコ地下1階に最近出来たUPLINKに行きました。
UPLINKは渋谷にある小さな映画館ですが昨年末に吉祥寺パルコにも新たに出来ました。
渋谷UPLINKにはよく行っていたので吉祥寺ならバスで一本だし何かがあったら行こうと思っていました。
今日は休み。
何か見るものはないかと思って最近公開の「翔んで埼玉」にするか吉祥寺UPLINKにするか考えて吉祥寺に見るものがあったら行こうと思い探しました。
で、ありました。

「マイ・ジェネレーション」

何の映画だか分かりません。
でも1960年代の話のようでファッションがどうのと書いてあったしアップリンクだし行くかと行くことにしました。
他に用事もないし時間を持て余していたので歩いて行ってみることにしました。

歩いてっ!

以前、一度だけ歩いたことがあります。
吉祥寺までのバス通りをがんばって歩いて1時間10分だった記憶があります。
もう10年以上前だったと思います。
10年経っているし休みだしで2時間くらい時間を見て出ることにしました。
最近、あんまり歩いていないくせに患者さんには歩け歩けなんて言っているのでここらでちょっと気合を見せとくかというような気持ちもあったような気がします。
まあ基本的に気合の人ですから。
歩き始めて30分くらい経ったところで気合がどこかに行くのが分かりました。
気合の人なのにどうしたんでしょうね。
ちょっと大変。
でもまあ歩き始めたんだから仕方がないかと歩き続けました。
今日はバス通りではなく愛と気合の勘を頼りに鼻を効かせることにしました。
最近は勘を働かせることが少なく特にグーグルマップが出来てからは頼りにしないと言いつつチラ見をするようになって鼻も効かなくなり勘も働かなくなっていた訳です実は。
でも、風がなんとなく呼んでいます。
昔取った米ぬか。
いや昔取った杵づかです。
なんとなく道を曲がったり斜めに移動しつつ途中で早咲きの桜や梅を見たりして歩いていたら突然吉祥寺に続く道に出てしまいました。
出てしまったものは仕方がないということでその道を辿って吉祥寺へ。

約9000歩
1時間10分

あれっ!?
結局1時間10分で!?
どうして!?
と思いましたがバス通りよりも斜めに進む道が多く結果的に近道をしたようでした。
ちょっと大変と思っていたのにさほど大変ではなかったような。
そして吉祥寺UPLINKへ。
と言いたいところですが時間の余裕を持って出たので早く着きすぎました。
仕方がない仕方がないと言いつつルーエ(書店)へ。
すぐに素敵な本が目に飛び込んできて購入。

「しょぼい起業で生きていく」(えらいてんちょう著)
「このままだと、日本に未来はないよね。」(ひろゆき著)

あああどっちもひらがなのさくしゃだなぁとなんとなくひらがなで思考しながらちょっとこれはきっと面白いにちがいないだろうと思いました。
で、UPLINKへ。
「マイ・ジェネレーション」を観ました。
これは映画!?
ちょっと何だか随分とアレな映画でしたが面白いことは面白い。
1960年代。
ちょうど小学生から中学生あたりの話です。
マイケル・ケインという俳優さんが企画したもののようで全体を繋いでいく役目もしていました。
ビートルズローリングストーンズマリークワントツィッギー。
で、ポールマッカートニージョンレノンでミックジャガーキースリチャーヅとか。
懐かしい人たちがどんどん出てきます。
その年代の映像と独白とが絡み合って時代の雰囲気を存分に表現している。
感じがしました。
でもなぁと。
これはあれか。
自慢か!?
自慢マンなのか!?
結局団塊の世代の話だなぁと思ったりしました。
確かに様々なことを変えてきた年代だったと思います。
時代的にそう言う時期に来ていたこともあるんだろうと思いますけど。
でもなんか少し。
あれです。
鼻につくって言うと言い過ぎですけど。
どうしてこれを今作ったのかということを考えたりします。
時代を知るには面白い映画だと思います。

帰りは当然バス。
「しょぼい起業で生きていく」を読み始めましたけど、これは面白いです。
これから仕事を変えて起業開業しよって人は読んでおくと良いかもしれません。
何言っちゃってんの!?そんな甘くないよという人は読んでも読まなくても一緒です。


UPLINK2