整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » 

養老孟司の<逆さメガネ> を読んでみて。

読了までの目安時間:約 3分

整体スクールの生徒さんによく本を貸します。
この本良いよと渡します。
解剖学や生理学の本はほとんどなく、脳科学だったり読み物だったりします。
よく紹介したり貸したりするのは、養老孟司先生や福岡伸一さんや池谷裕二さんなどの本です。
脳科学や解剖生理学などをベースに世の中のことを見たりしている方々です。
先日、【養老孟司の<逆さメガネ>】という本を生徒さんに貸しました。
彼女は幼児教育関係の仕事をしています。
読んでみた感想を聞きました。


「最近の教育は、自分は変わらないと思っている人に、情報として新しい知識を入れていくようなものだ。」という部分が印象に残ったとのことでした。
書き方はどうだったか忘れましたが、そんなことが書いてありました。
内田樹さんも同じようなことを書いていたことがありました。
「これを勉強するとどうなるんですか?」と聞かれても本当は答えようがない。
「なぜなら勉強した後は別人になっているから。」というものでした。
確かにそうですね。
勉強をした後の自分を、勉強する前の自分は、想像はできるけれど理解することは出来ません。
なぜなら勉強したことが体に入っている自分は、今の勉強する前の勉強する内容が体に入っていない自分、つまり別の人だからです。
でもこれ、なかなか理解されない。
勉強しても自分は自分で同じと思っている人が多い。


整体の授業をやっていて無駄話を良くします。
無駄話に聞こえる話です。
でもそれは必ず何かになる。
役に立つという言葉を使いたくないので、何かになると書きましたが、世の中的に言えば何かの役に立つということです。
学校で勉強した数学や科学や物理学は社会に出ても何の役にも立っていないという人がいますが、あれは全くナンセンス。
数学や科学や物理学を学んで変わった後の自分が今の自分になっているということが分からないから、そう思ってしまいます。
でも実際は変わってしまっている。
どう変わったかは検証のしようがありませんが、今の世の中や人への対応が出来ているのは、数学や科学や物理を分かろうが分からなかろうが勉強した事実があるからです。
そうやって変わってきた今の自分があるからだと思います。


けして無駄話の言い訳ではありません。(笑)

素直

読了までの目安時間:約 2分

個人的には今年も仕事が始まりした。


年末年始の時期にいろいろと考えて、今年も目標というかキャッチフレーズのようなことを考えました。
今年は「素直」で行こうと思います。
珍しく年末30日から年始3日まで5日も休みがあったので、いろいろな人のことを考えていました。
自分にとってこの人は良い人だなぁ素敵だなぁと思う人たちに共通していることは何か。
考えてみたら皆さんとても素直でした。
でもこれがなかなかな素直さです。
自分の思っていることをやり続ける。
人が何と言おうがやり続ける。
そして没頭する。
没頭するので周りのことは見えません。
気にならない訳ではなさそうですが、気にしても仕方がないと達観しているような部分がある。
そして突然、自分の思ったことだけで進んで行きます。
周りにいると突然感が半端ない。
あれそうだたったんでしたっけ!?
そんなことがままあります。
それでも嫌味がない。
ここポイントですね。
難しい。
でも全体を俯瞰して眺めてみると素直なんだと言うことが分かります。
ひねくれていない。
曲がっていない。
そこが力強さにもなっているように思います。


だから今年は素直。


問題はあります。
素敵な人たちは根がひねくれていない曲がっていないから、素直であれば猪突猛進に見えるだけで素敵に見えます。
ところが私の場合は根が曲がっている可能性が大きい。
限りなく曲がっていそう。。。
そこです。
根が曲がっているところで素直にすると、傍からは曲がって見えます。
なので先に宣言しておかなければいけません。


今年は自分に素直にやります。
ま、なるべく。

晴れ着

読了までの目安時間:約 3分

今年は年末に実家のある三重県に帰省して、元旦に東京に戻ってきました。
夕方になる前の時間に近鉄電車を四日市方面から名古屋まで。
名古屋からは東京まで新幹線で。
東京から池袋までJRに乗って。
池袋から大泉学園までは西武池袋線でした。
でっ!?


はい、そこなんです。
で、何があったかと言うと。


晴れ着の人を一人も見なかった。


そうなんです。
帰省していた実家から4時間以上かけて、名古屋から東京まで電車に乗っていたんですが、晴れ着を着た人が一人もいない。
ついでに言えば着物を着た人も一人もいませんでした。
JRは品川から渋谷新宿周りなので、明治神宮のある原宿を通過しました。
なのにゼロです。
ついにここまで来たかと思いましたね。
正月はなくなったのかなぁと。
ところが逆に元旦を休日にする店舗が増えているようにも思えました。
昨年くらいから定休日や休日を作るチェーン展開のお店が出てきたように思います。
たしか外食産業であったような。
そしてスーパーも休みがなん店舗かありました。
実際は何年か前からそうだったのかもしれませんが、目についたのは今年ですね。


何が起こっているんでしょう。


そう言えば、1998年の春に驚いたことがありました。
当時はまだサラリーマンで通勤電車に乗っていましたが、その通勤電車で”茶髪”のサラリーマンを見たんです。
茶髪と言っても黄色じゃないですよ、抑えた茶色でしたけど、初めて紺色のスーツを着て髪を染めている男性を見ました。
この前後の正月に車や自転車やバイクの注連飾りが突然なくなったのに気がつきました。
今となっては分からないと思いますが、以前のお正月の松の内は車や自転車やバイクの前に注連飾りをつけて走っていたんです。
これも綺麗さっぱりなくなりました。


だからって何!?ということではないんです。
個人的には寂しいですけど。
でもまあこうやって変化していくんだろうと思います。
でもまあ寂しい。
しかしこの変化はどういうことなんだろうとは思います。
どうしてなんでしょう。
何かきっと理由があると思います。

仕事始め

読了までの目安時間:約 1分

あけおめ1

今日から仕事始めです。


あけおめ4

最初はこっちの写真を撮ったんですけどね。
これじゃ仕事初めにならないってんで撮り直したのが上の写真です。


あけおめ2

明日から整体スクールの授業と整体が始まります。


あけおめ3

今年もよろしくお願いします。


てあて整体スクール・てあて整体院
荒木靖博

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

おめでとうございます。

読了までの目安時間:約 1分

鳥出神社


明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。


てあて整体スクール
てあて整体院
荒木靖博


MT.Fuji

※新年の営業は1月4日から

今年も一年ありがとうございました。

読了までの目安時間:約 3分

急にやって来た暮も、もう本当に数日で来年になってしまいます。


今年も一年本当にありがとうございました。


終わってみるとまだ終わった訳ではないからねという印象の今年でした。
ニュースと言えば60になったことくらいでしょうか。
何が変わったと言うことではありませんが、いろいろと一年間考えていました。
ホントウに。
何が変わったと言う訳ではありません。
ただ、生まれてから丁度60回目の誕生日が過ぎたというだけで、50回目より区切りは悪いけど10年に一回の区切りだなぁと思います。
次の区切りは70で、その時も同じようにこんなこと言ってるんでしょうか。
その次の区切りは生きているやら死んでいるやら。


そうです。
この生きているやら死んでいるやらが現実的になりけっこうひしひしと迫ってきます。
やってないことで出来ることはやっておこうかと本当に思うようになりました。
同時に、人生は意味ではないけれど、生きるだけの価値があるなら、その自分にとっての価値を産むくらいのことはしておこうと思うようになりました。
明日出来ることは今日やらないというのは、若い頃に座右の銘にしたいと思っていた言葉ですが、なかなか世の中そうはいかないだろうと思っているうちに、やっと、今日出来ることはやっぱり今日やっておこうと思うようになりました。


7月に舞台に出ました。
出ておこうと思ったからです。
これもそのいろいろと考えた結果でした。
出てみて、このまま70くらいまで一人で舞台に出てたら面白いなぁと思いました。
そんな人がたまにいても良いのかなと思います。
昨日今日は大好きなローザスのナンバーのワークショップでした。
昨日はアレクサンダー・テクニークで今日は整体の仕事もしました。
この土日月には整体スクールの先生もやっていて、日曜は花伝舎でバレエな大人達に脚の上げ方を教えたりしていました。
「中年以後」という本を昨日読み終えました。
今日は今年最後の仕事だったのでワークショップ帰りにビールを飲みました。
なかなか良い年の瀬です。


来年はどんな年になるでしょう。
体はやっと年齢に馴染んできた印象なので、少し滑らかにやっていけるかもしれないと思っています。
今後共宜しくお願いしたいと思います。
本年のお仕事は今日まで。


皆さん
良いお年をお迎え下さい。



※12月30日から1月3日まではお休み。
 この期間の様子はFBに書くかもしれません。
 https://www.facebook.com/teateseitai/
 てあて整体 @teateseitai

年末ダンス三昧

読了までの目安時間:約 2分

time to go 2018

” TIME TO GO 2018 ”

下北沢ハーフムーンホールで太田ゆかりさんのTIME TO GOを見てきた。
今回は太田さんに加えてCI.coの勝部ちこさん鹿島聖子さん、現在ローザスの橋本唯香さんに、バイオリンの和田明佐美さんが参加してのパフォーマンスでした。

圧巻のパフォーマンスと言うよりは、年末に気軽に見られる良い時間になったと思います。
とは言え、先ずは静謐な空間と景色が出来上がったところから始まり。
少しずつ動きが繋がり離れ関係しあい、関係しあわず。
時に砕けて笑いを誘い。
やめてみることもやりすぎてみることもあり。
ないようである場面が展開していきました。

バイオリンが圧巻だったなぁ。
とても良かった。
音が素晴らしい。
力強く繊細で。
引っかかりのある和音や音が雑音のようにもメロディーにも環境音にも聞こえるような。
素敵な演奏でした。

明日明後日は田町アーキタンツで池田扶美代さんのワークショップ。
ローザスのActerlandとRainを踊る。
3時間を二日間のワークショップ。
持つんだろうか。

今年の最後はダンス三昧。
観て踊って終わります。
とは言え行く前に患者さんをやってから。
そして今日は年賀はがきも書いたし。
なんとか年が越せそうになって来ました。

年末は29日まで年始は4日から

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクール・荒木です。

てあて整体スクールと整体院の年内の営業は12月29日まで、年始営業は1月4日から始まります。
12月28日(金)午前中は指針整体体験会があります。
てあて整体スクールに興味のある方はご連絡下さい。
整体などの予約は年内は既に埋まっています。
申し訳ありませんが、整体を受けたい方は年が明けてからになります。
宜しくお願いします。

年始営業は1月4日(金)12:00から行います。
この日の午前中も指針整体体験会があります。
新年の整体の予約はまだ空きがあります。

今年はどんな年でしたか?
来年はどんな年にしましょう。
そろそろ門松や注連縄を準備する時期になりました。
食べ過ぎ飲みすぎで、ぎっくり腰になる人が増える時期です。
体調管理は気をつけて下さい。


てあて整体スクール・てあて整体院 荒木

東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20

金継ぎ

読了までの目安時間:約 2分

「金継ぎ」と書いて「きんつぎ」と読みます。
昨年、割れてしまった湯呑を金継ぎしました。


金継ぎ前

金継ぎ後

三角形の小片二つが欠け落ちてしまった湯呑が、一年かけて綺麗に仕上がって来ました。
漆(うるし)を使って銀色に仕上げたとのことでした。
プロの職人さんではありませんが、趣味で金継ぎをやっている人にお願いしました。
いつになるか分からなくても良ければと受けて頂きました。
以前から金継ぎには興味があって、展示会等を見に行ったこともありました。
たしか「初恋の来た道」という映画で、主演のチャンツィーさんのお母さんが金継ぎをしていたような記憶もあります。

壊れてしまったものは捨ててしまうというのは、最近の風潮というか傾向と言うか常識的になっているようにも思います。
高度経済成長があってバブルがあって、それ以前には修繕をしたり作り変えたりして使うのが当たり前だったように思います。
自分自身も大量消費の時代に生きて来たので偉そうなことは言えませんが、勿体ないなぁと思うことがしばしば。
金継ぎはそれに綺麗。
大きさや色などから、最近は日用品の修繕と言うよりは美術品としての価値もあるようです。

金継ぎはセラピストの仕事と似ているなぁと思ったりします。
職人技で蘇って元の状態とは違う良さが出る。
整体師は左官さんみたいな仕事と言ったりすることもありますが、整体は金継ぎみたいなこともするとも言えるかもしれません。

年の瀬は突然に。

読了までの目安時間:約 4分

急に年末がやって来た。
去年は12月中旬になっても年の暮の感じがしないなんて言っていたが、今年は感じがしないということさえ感じず、年末のことを忘れていた。

それが突然やって来た。

先週名古屋で忘年会をやったと思ったら、今週に入って大掃除がありそのまま忘年会。
あっと思ったらあと一週間で新しい年を迎えることになった。
年賀状のことを思い出したのも数日前だったのに。
えらいことだ。
(注:「えらい」とは関西弁で大変だとか疲れるという意味。)
今年はどんな年でしたかとか、来年はどんな年にしたいですかとか。
そして今年に限っては平成最後のというような形容詞がつく会話が増えてきた。
いや、なんとなく頭の上をそんな会話が通過していく。
どうですか?
なんて聞かれても、ぼんやりしていたら何となく時間が過ぎていてみたいなことになりそうだ。

今年は実感がない年だったような気がします。
生徒さんや患者さんや取引先や仕事関係の人も読んでいるブログでこんなことを書くのも何なんですが、ちょっと実感に薄い年だった。
何がという訳ではないけど、少し上滑りしていたような印象がありました。
自分のことなのに、気がしたとか印象がというところが正にそれを表しています。
それが、ここに来て実感が掴め始めました。

バレエカレッジという企画に参加しないかと声をかけられて、10月から毎月1回バレエ関係のワークショップを始めたのが関係しているのかもしれません。
1回の講座のために、毎月、結果的に20ページくらいのテキストを作っています。
それが3ヶ月続いていたら、今までの自分の考えていたことや指導したりアドバイスしたりしてきたことがはっきりしてきた。
そして実際に講座をやることで問題点や新しい発見があった。
それが少し影響しているような気がします。
とてもありがたいことです。
自分だけではそうは掴めない感覚ですから。

他にもアレクサンダー・テクニークのATIという国際組織の総会に参加したことや、日々の患者さんとの会話や整体スクールの新しい生徒さんとの授業でも、発見が少しずつつながってきた感じがします。
還暦になったことで少し気負っていたところもあるのかもしれません。
もう〇〇なんだから、みたいな。
それは自分が一番面倒だなと思っている考え方なのに、そんな風にどこかで考えるってのはまた面白いことでもあるけど、ちょっと厄介なことでもありました。
それが意外に慣れてきたというか、自分の年齢に自分がフィットしてきた感じ。
60を超えたところで踊ったのも良かったかもしれません。

なんちゃって。
まだまだ振り返るには早すぎるんですが、そんなことを思った朝でした。
あと一週間、実感を伴って過ごしたいと思います。


名古屋教室忘年会
名古屋忘年会・てあて整体スクール

東京校忘年会
東京忘年会2018