整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 日々好日 » 

こっこれはっ!

読了までの目安時間:約 2分

ペヤング・ソース焼きそばの隣に、ペヨング・ソース焼きそばが。。。


ペヨング・てあて整体スクール

まあたまにはこんな投稿も。
あえて仕事に例えてみると、ここまで似せていても店頭には並んでしまうと言うことです。
ペヤングが正当だと言ったところで、どもならん。
ペヨングもそれなりに売れると言うことです。
でなければ並ばない。
だからと言ってペヨングが良いと言ってはいません。
整体師としてはペヤングになりたいと。
ま、それほど考えることでもないか。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

龍朋

読了までの目安時間:約 3分

コンビニで雑誌BRUTUSをパラパラしてたら龍朋の名詞が目にとまった。
どこかに出てくるかと思ってページをめくっていたら、最後の方に何枚か写真が載っていた。
珍しくチャーハンでも龍朋麺でもないものを食べている写真だった。


神楽坂セッションハウスに行ってる人なら誰もが知っている中華屋。
いや、セッションハウスのコンテンポラリー系レッスンを受けている人なら知っている。
いや、セッションハウスの近藤さんのレッスンを受けている人なら知っている中華屋さんだ。
メニューと暖簾の字は有吾君。
特徴的な書体を書く書家でコンドルズのメンバーでもある。
最近は”あの”中村芝翫さんのポスターに字を書いたりして。
その龍朋がまたまた雑誌に掲載されていた。


地下鉄神楽坂駅の近くでちょっと一本入ったところにあるお店。
セッションハウスのレッスンが終わって時間があると食べに行く。
いつもは龍朋麺を頼むがたまに別のものも食べる。
なんかこう、そこはかとなく旨い中華なんです。
この前、近藤さんと沖至さんのパフォーマンスを見に行った時、龍朋で夕飯を食べようと向ったら、満席。
夜8時過ぎだったと思うけど、驚いたね。
いつも昼間間抜けな時間(15:00過ぎ)に行くので比較的空いている訳ですから。
龍朋、実は凄い!
以前、トマトたまご麺を食べたことがある。
これがまた絶品ですよ奥さん。
チャーハンの方が有名みたいだけど、神楽坂に行ったら一度行くと良いと思います。
ま、神楽坂と言っても、飯田橋から行くとかなり登っていくので、地下鉄から行くことをおすすめします。


トマトたまご麺・てあて整体スクール ※ 龍朋 >>>
  新宿区矢来町123 第一夜来ビルB1




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

メール返信とコミュニケーション

読了までの目安時間:約 4分

メールの返信で書いておきたいことがあります。
整体スクールの見学に来た方々のメール返信についてです。


てあて整体スクールは入学の勧誘や営業をしていません。
もちろん沢山の人に指針整体やマッスルエナジー・テクニックを学んでもらいたいので、スクールサイトを作って宣伝しています。
でも個別に営業をかけたり電話したりメールで勧誘したりはしていません。
見学に来た人には、見学後に一度だけメールを送るようにしています。
スクール見学の感想や新しい疑問質問がないかを確認するメールです。


そのメールを受け取ったと言う返信がない人がいます。


そしてメールの返信がない人は入学をしません。
入学しないんだから、返信をする必要はない。
確かにそうかもしれません。
入学しないんだから、返信しずらい。
確かにそうかもしれません。


メールは電話と同じでコミュニケーション・ツールです。
ただの伝言板ではありません。
一方的に決定事項を知らせるものと考えると、大きな落とし穴があります。
もし、整体を勉強して整体師やセラピストになりたいのなら、コミュニケーション・ツールの使い方にはとても気を遣う必要があります。


コミュニケーションはキャッチボールです。
キャッチボールはボールを受ける遊びです。
ボールを投げる遊びとは言いません。
投げるだけなら遊びにならないからでしょう。
受け取るから遊びになる。
相手とコミュニケーションしたいなら、受け取ったと伝えることが大切です。
ボールを返さないとコミュニケーションは始まらない。


何も、入学しない整体スクールとコミュニケーションする必要はない。
確かにそうかもしれません。
でもね。
整体師はコミュニケーションをする仕事です。
患者さんの体と、患者さんの心とコミュニケーションします。
患者さんとのコミュニケーションを相手をみてするのかしないのか、そんな風に決めるのはとても難しいことです。
この人とはコミュニケーションして、この人とはしない。
難しいと言うのは、コミュニケーションする相手を選んでいることは、相手(患者さん)に伝わってしまうからです。
この先生は相手をみてコミュニケーションしている。


整体スクールでもいつまた見学したいと思い直すかもしれない。
そんな時、メール返信をしておかなかったスクールには、また連絡をするのは気が引けるでしょ。
そんな思いをしないためにも一言返信しておきましょう。
「ありがとうございました。いろいろと考えます。」


そんな風に思います。
愚痴じゃないですよ!
最近、ちょっと増えてきたようなので。
将来の仕事のためにも考えてみてください。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

プロフィールのページを作りました。

読了までの目安時間:約 2分

てあて整体スクール・整体院のサイト育成企画(!?)の一つとして、プロフィールページを作りました。
以前のサイトも運用していますが、少しずつこちらのサイトに移行していきたくて、こちらのサイトの内容を充実させ始めています。
プロフィールは必要なのかなぁと思いつつ、いろいろと書いてみました。
あら木の人となりがどんなものなのか、怖いもの見たさってのもあるでしょうから、ご興味のある方はお読みください。


プロフィール ページ >>>
上のメニューから見にも行けます。

宜しく~




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>

手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>

アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

実際には自分は何をしているか。

読了までの目安時間:約 5分

「あるがままに受け止める。」
なかなか難しいことです。
例えば触診をして患者さんの体の状態を調べます。
背骨が曲がっているか。
筋肉の状態はどうか。
股関節の動きはどうか。
良い悪いの評価ではなくてどうなっているかを調べます。
あるがまま、その時のその人の状態を知るだけです。
でも実際には、ココが悪いのかココが良いのか、と評価をしてしまいそうになります。
評価をするとその評価に引きずられてしまって、整体の組立に影響が出てしまいます。
悪いところを良くしよう的な考えになってしまいます。
それだと問題の本質を見失う可能性がある。
全体を見て、痛みや症状の原因を考えなければいけないのに、硬いところや動きの悪いところだけの問題として見てしまう可能性があります。


実際には自分は何をしているのか。


自分のしていることの評価の話です。
自分のしていることは、自分の考えていることとリンクしています。
目的があって何かをしている。
目的は遠くにあるので、実際の行動とは直接的には関係がないかもしれない。
でも、目的に沿っているので、自分的には満足が出来る。
目的に沿った行動をしているんですから。
たまに、目的に沿った行動ではなく、目的にそったことを考えているだけ、と言う人もいますけど。


何かを始めよう何かをしようと思った時に、直接そのことを始めるのは敷居が高く感じることがあります。
そのために、その周りの準備のようなことを始めてしまいます。
準備だと思っている事を始めると、脳には報酬系が働くのか、どこか安心して準備を続けるようになってしまいます。
準備はあくまで準備ですから、そのことを始めることはいつになっても出来ません。
そんなことないでしょうか。


整体院を開業して、料金の改訂を考えている。
5000円の料金を8000円にしようかどうしようか考える。
競合と考えられる店舗やサロンの料金を調べる。
患者さんやクライアントさんにそれとなく聞いてみる。
同業の仲間に聞いてみる。
料金と見合った施術やセラピーの内容かを考える。
値上げした時の患者さんの数の変化のシミュレーションをして収益を考えてみる。
内装や服装や施術内容や見せ方を考える。
そんなことをしているうちに3ヶ月が過ぎ半年が過ぎてしまったりします。
料金改訂だけでなく、開業にしても勉強を始めるにしても、例えば会社を辞めるにしても会社を作るにしても。
タイミングがあります。
思いついたタイミングはとても大切です。
頭の中でそれまでの様々な情報が反応して、その想いが出てきた訳ですから、殆どの場合は思いついた時がベストタイミングです。
それをみすみす逃してしまう。
そんなことになってしまってはいないだろうか。


最近、人の話を聞いていて、そんな事を思うことが何度かあった。
実際にやっていることと、考えていることにギャップがある人がいます。
実際に現実に物理的に自分は何をしているのか。
人から見た時に何が行動に起こされているのか。
自分を外から眺める必要があるかもしれません。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業なら てあて整体スクールへ! >>>
手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>
アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

考え方のクセ

読了までの目安時間:約 4分

今日は1シーズンに1回程度やっている手技交流会でした。
20年近く前に同じ整体学校で学んだ仲間と集まって、時々のテーマで話をしたり手技をやったりします。
お互いに持っているものを物々交換するようなものです。
今回のテーマは『カウンセリング』。
原宿でウェル・カウンセリングルームを主宰している篠原さんから、カウンセリングの話を聞きました。
( ※ ウェルカウンセリング・ルーム >>> )
いろいろな話を聞く中で心に残った言葉、少し引っかかった言葉がありました。


考え方のクセ


カウンセリングでは「考え方のクセ」を治しましょうかみたいなことをするらしいんです。
そのために様々な技法がある。
そんな話を伺っていた時に、僕が何かの質問をしようと考えていた時に、自分自身の考えのクセに気がついた。
どんなクセだったかもう忘れましたけどね。(笑)
これには苦笑いするしかなかった。
アレクサンダー教師は、習慣的な考えや習慣的な行動から離れる訓練をしている、と思っていたのに、全然じゃん!てことになりますから。
でもまあ、気が付くのは良いことだろうと思います。
気がつかないから習慣的(クセ)になってしまう訳ですから。


終わってタイミングがぴったりだったので、その足で神楽坂セッションハウスに向かいました。
近藤良平さんのダンスクラスに出るためです。
近藤さんのクラスはコンタクト的な動きをいくつも試すクラスでした。
二人組みで体重を預けたり預けられたり、反動をつけて相手を動かしたり動かされたり。
そんなことをいくつも試していました。
ここでも、自分の考えや動きのクセ(習慣)に気がついてしまいました。


こんな動きをやってみて。
相手にこうやって預けて。
と指示があって動いてみる。
その時に既に頭の中に、こんな感じこんな預け方・預かり方・体の感覚、を想定してしまっているんですね。
想定してしまうと、その動きや感覚に入り込もうとして、そこに向かうように努力する。
ダンスでは悪いことではない。
上手く行けば上手く行くし、洗練させていけば大成功もしやすくなる。
でも新味がない。
ところが近藤さんは違う。
いろいろな人たちがクラスを受けているので、いろいろな動きが出る。
今まで見たこともないような結果になったりする。
それを受け止める。
おおっ!イイねぇ!と認めていく。
そうしていくことで正解が広がり増えていくような感じでした。
これって実はなかなか出来ることではないと思っています。
もちろん僕も試すことは多くって、いろいろやってはみるけれど、近藤さんほどにはキャパがないように思いました。


帰りに龍朋と言う中華料理屋さんで飯を食うと言うのが、クラス後の定番になっています。
今日はトマトたまご麺。
美味かったです。
ごちそうさまでした。
また行くぞ!


トマトたまご麺・てあて整体スクール



整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>
手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>
アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>

2001年9月11日

読了までの目安時間:約 3分

2001年9月11日。
アメリカ同時多発テロが起きた日です。
あら木が独立開業を決めて、会計士と打ち合わせをしたのもこの日でした。


2001年6月末で働いていた整体学校を辞め、2002年春の開業を目指していました。
7月8月とハローワークに行って仕事をたまに探し、残った時間はダンスレッスンに通っていました。
もちろん整体の勉強やモニター整体をやったりもしていました。
でも、2ヶ月が限度でしたね。
当時思ったのは、生産的でない消費ばかりの生活は辛い、と言うことでした。
仕事をしないで遊んでばかりいるのが辛かった。
不思議です!(笑)
しばらくしたら失業保険が出るので、半年くらいは保険で暮らしてから開業しようと思っていました。
サラリーマン時代は割合高給取りだったんで、失業保険でも十二分に暮らせる計算が立っていました。
でも、ダメでした。
仕事をしないといられない感じ。
そこで会社員時代から付き合いのある会計士に電話をして、そろそろ仕事をしようと思うので相談に乗ってとアポイントを取ったのが、2001年9月11日でした。


当日、会計士と会うと「じゃあアラキさん開業日を決めましょう。」と言われ、そう言うことかと決めた開業日が11月6日でした。
2ヶ月しかありません。
会計士は会社設立の準備を進め、僕は開業の準備を始めることにしました。
物件探しから始まって、内装やチラシ作り、電話を引いてなんてことを1ヶ月ちょっとでやった記憶があります。
オープン2週間前に物件契約をして、内装を1週間、残りの一週間で細々としたものを集めて開業にこぎつけました。
それもこれも2001年9月11日から始まりました。


あれから15年経ちました。


早い、とも言えるし、こんなもんかとも言えます。
まだ、あと20年くらいは続けたいと思っているので、まだまだ半分まで来ていません。
この先どんな風になっていくのか、楽しみでもあり心配でもあります。
一つ前と同じような記事になりました。
たぶん11月にもまた同じような記事を書きます。
宜しくお願いします。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>
手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>
アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

15周年

読了までの目安時間:約 3分

2001年11月に整体院を開業して今年で15年目になります。
あっと思ったら15年も経っちゃった。
10周年の時には手拭いを作ったりして、盛大にお祝いムードを盛り上げようとしましたが、これが意外に盛り上がらない。
不思議なものです。
毎年、周年記念をやっている人もいますが、僕のところは殆どやっていません。
でも、15年だしなぁ。
とも思います。


何かやろうか。


と思うんですが、あまり何も思いつかない。
思いつかないと、つい販促に走ってしまいそうになります。
周年記念は販促ツールとしては割に良いツールです。
「15周年のご愛顧に感謝して云々」
随分前に紳士服小売にいた時は、閉店セールと言うのが一番売れたものでした。
改装閉店でも完全閉店でも、皆さんお店に入って来てくれていました。
今はどうなんでしょう。
昨日辺りは広島カープ優勝セールで広島は盛り上がっているようですが、プロ野球の優勝セールでそんなに盛り上がることは最近はないんじゃないかと思ったりします。


15年も続けて来られたのは、来院してくれている患者さんがいるからだし、通学してくれている生徒さんやセミナーに出てくれている人たちがいるからです。
とは言え整体師としての仕事やセミナーや講義は、対価に見合ったものだろうと思っている(自負している)部分もあります。
やっていることと対価が見合っているなら、改めて感謝のしるしに何かってのも変だしなぁと思ったり。
そんな硬いこと言わずに、バーンと還元セール的なことやってもイイんじゃない!?とも思ったり。
少し考えます。


そうだ、フェイスブックのイイネ!宜しくお願いします。
ちょっとふやしたいんです!




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>
手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>
アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である。

読了までの目安時間:約 4分



最も強い者が生き残るのではなく、
最も賢い者が生き伸びるのでもない。
唯一生き残ることが出来るのは、変化出来るものである。


『種の起源』をものしたダーウィンの言葉と言われています。(実は言ってなかったかもとも言われています!?)
進化論では変化に対応出来た種だけが、現在ただいま生き残っている種であると言うことでしょう。
結果的にそうなんだろうと思います。
強者生存ではなく適者生存と言うこと。
これをビジネスに当てはめると、世の中の変化に対応出来たところだけが生き残ると言うことにつながるんでしょうか。
変化に対応出来なければ、淘汰されてなくなってしまう。
つまり廃業ってことになる、と言うこと。
本当にそうでしょうか。


不易流行


松尾芭蕉の言葉と言われています。
不易とは時代を超越して変わらないもの、流行とはその時々に変化していく新しいもの、と言うようなことでしょうか。
変わることが変わらないこと、と取られる向きもあるし、変化しないものの中に変化するものを取り入れると言う向きもあると思う。
ダーウィンの言葉とは対象としているものが違うので、比べるべきものではないのかもしれません。


整体師として開業して、変化したのか変化していないのか。
変化しないものの中に変化しているものが含まれているのか。
変化を常として時代に寄り添うようにやってきたのか。
それは分かりません。
ただ、整体をすると言うことは変えていません。
でも、手技にしろ見立てにしろ、臨床でやっていることは毎回違うことをやっています。
指針整体とMETと言う同じ手技を使っていても、患者さんの体は一人一人違うし、やっている自分自身が開業当時とは15歳も年を取ってしまいました。
その代わりに経験値は増えてきています。
そう言う意味では同じにしようとしても同じには出来ない。
でも同じことをやろうとしているのかもしれません。


昔の人の言葉の解釈は自分の年齢によって変わります。
一つのことを続けていくには、どうすれば良いのか。
そんなこと考えたことは一度もありません。
目の前の患者さんが良くなれば良い、それだけを考えています。
違うとすれば宣伝方法とかですかね。
ま、いろいろと考えます。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>
手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>
アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"

昼からリハーサル。

読了までの目安時間:約 4分

リハーサルでした。
11月26日(土)にTokyozaでスタジオ・パフォーマンスがあります。
そのリハーサル。
リハーサルと言ってもクリエイション(創作)のところで、まだ振り付けが出来ている訳ではありません。


リハ160907・てあて整体スクール

区民館的なところを使ってやってます。
ダンススタジオなんかを使ってやっていると思ってる人が多いと思いますが、実際は区民館的なところを使ってるダンサーは多いです。
だってスタジオ高いから。
今回はソロです。
前回は4人の郡部作品(沢山で踊る作品)で今回はソロ。
郡部の前が2人の作品で、その前は自作ではなく人の作品に出てました。
いつまでこんなことやってんですかね。
自分事ながらちょっと不思議です。


ダンスを始めたのは26歳になったばかりの6月だったと思います。
たぶん1984年6月。
翌年の春には舞台に上げてもらったので、舞台歴は年月だけだと32年!
けっこう長くなりました。
プロとアマチュアの間くらいにいるなぁと思います。
ダンスを主にやっている訳ではなく、整体師・アレクサンダー教師としてやってます。
ダンスは趣味的です。
それでも年に1本か2本は舞台に出させてもらっています。
数えたことないですけど、回数だけだとたぶん50本近くになると思います。
けっこう多い方だろうと思います。
特に自分でもびっくりするのは50歳を越してからの舞台です。
カンパニーデラシネラの小野寺さんのショーングワークショップが52歳。
その後にはコンテンポラリーをずっと教えてもらっている太田ゆかりさんの作品にも出させてもらい、間を縫ってセッションハウスのシアター21フェスと言う舞台にも自作で出たり、今回と同じTOKYOZAのスタジオパフォーマンスにも出たりしています。
いつまで続くんでしょう。
自分でも分かりません。


どうしてこんなことやってるんですかね。
別にお金になる訳でもないし、仕事の時間は取られるし。
自作は意外に大変で、いろいろと悩んだり悔やんだりしながら作っている訳です。
表現
なんでしょうか。
自己表現てやつ。
そんな大層なもんじゃないとは思いますが、生きてるんだから何かやっとこうと言う感じなのかもしれません。
生きてんだから、と言う意味では、会社を辞めて独立したのもそれが理由かもしれない。
いろいろと理由は沢山あって、どれが決定打とは言えないですが、生きてんだから、てのがその一つであるのは間違いないです。


せっかくだから。
何かやっとくか。
そんな感じなのかもしれません。


今回の作品は前々回の自作品の続きと言うか続編的なものです。
40代の時に70歳になっても踊れる作品をと思って作った作品があります。
どう考えても今は踊れない。
無理。
やっぱりその時に出来ることを全部やることになるような気がします。
ナンダカワカラナイ
けど
ナントカやってます。




整体スクール・整体学校
東京・名古屋で整体師・独立・開業ならてあて整体スクールへ! >>>
手技 WS セミナー
骨格調整専科 募集中 !! >>>
アレクサンダー・テクニーク
 
【感じる姿勢と使い方】NHK文化センター 光が丘教室 >>>

ストレッチ教室
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

大人バレエな皆さんのテキスト
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
"35歳からのバレエ入門"