整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 健康情報 » 

足首問題

読了までの目安時間:約 3分

足首1

特徴的な足首です。
脱力してこの写真になりました。
二人ともどこにも力を入れていません。
歩き方の授業をやっていて、浮指の話になり、足首はどうなんだろうと比べてみたら、この二人の足首が特徴的だったので写真を撮りました。
それぞれに特徴があります。


写真上は足首の角度は一般的ですが、足指が反っています。
写真下は足指は真っすぐですが、足首が伸びたようになくなっています。
(下の足首の状態を、足首を底屈させた状態とも言います。)
写真上の足指が反っている足首は、歩いている時に足指の先が残っておらず、足指の付け根(母指丘等)で地面を押して歩きます。
足指の付け根で地面を押したり蹴ったりして歩くと、足指が使われず、スネの筋肉(前脛骨筋)などが硬くなります。
そしてこの状態になる使い方をしている人は、太ももをわざわざ持ち上げて膝を前に出すような歩き方の人が多い傾向があります。
この歩き方だと脚が太くなってしまう。
実際に太くなくても、前腿を使うので膝上が太く見えてしまいます。
その上、浮指にもなりやすい。
浮指になりやすい足は外反母趾にもなりやすい。
どうしてそうなるかは割愛しますが、浮指になる歩き方や立ち方が外反母趾の原因になっているからです。
あまり良い感じじゃないですね。


では写真下の足首が伸びたようになっている足首はどうなのか。
こちらは踵を脚の裏側から引っ張る筋肉(フクラハギなど)が緊張しています。
こうなると、骨盤を後ろから引っ張るような状態になるので、骨盤の動きが悪くなり、歪んでいるような場合は腰痛の原因になったりもします。
ダンスをしている人の場合は、爪先重心になりやすかったり、レッスン後のストレッチが少なく、しゃがんだ時に踵が浮いてしまいます。
あまり後ろから引っ張られていると、足首の動きに制限がかかるので、躓いたりすることもあります。


歩き方が違うだけで、普段の身体の状態がこんなに変わります。
立っている姿勢や座っている姿勢の違いが恒常化すると、身体にも変化が出てくることがあります。
それを見られるような整体師を育成してたいと思っています。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230


足首2

大坂なおみ選手と肩と腕の話。 

読了までの目安時間:約 3分

大坂なおみ選手
2020全米オープンテニス優勝
おめでとうございます!


今回の試合映像を見ていると、体つきも動きもかなり変わっている印象でした。
テニスの専門的なことは言えませんが、少なくとも体つきについては全く違う印象がありました。
フィジカルコーチが変わって体幹トレーニングなどを積んだ結果なんだろうと思います。
でも、今日書きたかったのはそこではありません。
いや、そこも含まれていますが、ちょっと違う視点かもしれません。


肩と腕の話です。


2年前の全米オープンの時にも感じた違和感がありました。
違和感というと語弊がありますが、他の人と違う。
なんなんだろうこの感じはと思いました。
そして今回も同じことを感じ、あああそうだったかと今回は気が付きました。
肩です。
肩と腕です。
優勝トロフィーを掲げている彼女の映像を見た時でした。


https://www.sportzorg24.tv/entry/usopen-osaka-naomi-finals/


思い出して下さい。
思い出せない人は、上のニュース記事の途中くらいに掲載されているので見てみて下さい。
他の人、あるいは一般的にトロフィーを掲げている写真を思い出して下さい。
腕と肩の使い方がまるで違う。
無理なく肩甲骨から腕が動いています。
(肩甲骨も持ち上がっている。)
このニュースの写真は耳と腕が少し離れていますが、映像で見た時には腕が真っすぐに上に上がって耳のすぐ横にありました。
普通、耳と腕は離れていて、肩がもう少し下がっています。
それが彼女は肩を腕の一部として使っているように見えます。
肩甲骨を含む上半身も腕の一部として使うとこうなるという、お手本のような使い方です。
これを無理なく自然に普通にやっているところが凄い!
と思います。


腕を肩から先の胴体よりも細くなっている部分だけと認識し、実際にそう使っている人が殆どですが、骨格的にも筋肉的にも肩は腕の一部です。
胴体の側にあって少し動きずらくなっていますが、今よりももっと動きます。
詳しくは拙著にもあります。 ( 「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える! さくら舎刊 >>> )
興味のある人は確認してみて下さい。

COCOA(新型コロナウィルス接触確認アプリ)入れましょう。

読了までの目安時間:約 2分

実は先日やっとスマホユーザーになりました。
これまではガラホと呼ばれているガラケー型の携帯を持って使っていたのですが、iPadが使えなくなったのを機にスマホを試してみることにしました。
自分のサイトがスマホでどう見えているかが分からないままにサイト作りをしているのもどうかなと思ったり、支払いやポイントのこともありで決めました。

そして手に入れたスマホに最初に入れたアプリは、COCOA(新型コロナウィルス接触確認アプリ)です。
新型コロナウィルス感染者と1メートル以内で15分以上居た時に、濃厚接触の可能性ありということで通知が来ます。
個人情報が抜かれることはなく、ただアプリの入っているスマホの位置情報でやりとりするだけのようです。
いろいろ心配は尽きませんが、自分に感染の可能性があるかもしれないと、事後的ではあれ確認出来るというのはありがたいことだと思います。
整体スクールの生徒さん卒業生のみなさん
そして心配している皆さんもこのアプリをインストールしてはどうでしょう。
今のところ20%くらいの普及率のようです。
増えれば増えるほど効果は出てきます。


新型コロナウィルス接触確認アプリ(COCOA)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html


COCOAは厚生労働省が作ったアプリですが、これとは別に19歳の学生が作ったCOCOAを補完するようなアプリもあります。
こちらは積極的に感染防止をするのに効果があります。
3密状態にあるかどうかを確かめるアプリです。
こちらもどうぞ。


3密チェッカー
https://play.google.com/store/apps/details?id=rabbitp.check.threec&hl=ja

呼吸

読了までの目安時間:約 6分

呼吸は意外に難しい

最近、呼吸が浅い人が増えているように思います。
新型コロナウィルス感染症に関連して、自粛やリモートワークなど増えています。
感染の心配やストレスもあるし、外出の機会が減り体を動かすことが少なくなったこともあるかもしれません。
そんなこんなが影響しているのか、呼吸が浅い。

呼吸が浅いからと言って、すぐに何か直接的に調子が悪くなったり故障したりということはないと思います。
ただ、何となく調子が悪いとか気分が上がらないとか、疲れがちょっと抜けにくいとか、疲れやすいとか。
この暑さも相まって頭がはっきりしないとか。
そんなことが続くと、肩こりや首凝り、お腹の調子の悪さも始まったりして、夜寝付けないとか。
そうこうしていて、やっぱりだんだん調子が悪いなぁということになる。
ただ、原因の根本に呼吸があるとは考えていないので、原因不明。
どうしてなんだろう、コロナのストレスかな、運動不足かな。
というようなことになる。

呼吸は意外に難しい。

誰でも生きていればしていることなので、息を吸ったり吐いたりが難しい訳ではありません。
寝ていてもしているし、起きて歩いていても、仕事をしていても止まることはあまりありません。
なのに難しいとはどういうことでしょうか。



呼吸を難しくしているもの

世に呼吸法というのが沢山あります。
〇〇呼吸法。
こうやれば大丈夫。
いろいろな事が言われます。
荒木も昔は、「息を吸うから吸いにくい、先ずは吐くこと。ゆっくり息を吐けば、後はある程度勝手に入ってきます。」みたいなことを言っていました。
例えば肺の普段の容量を100とします。
そこに息を吸うと、20の空気が入ってくるとします。
そうすると、100が120になって20増えることになります。
出入りは20だけです。
ところが、先に20位息を吐いたとします。
この時点で肺の容量は80になっています。
80からから息を吸うと、120まで空気が入ることになります。
差は40。
40の空気が出入りすることになる。
先に吸うよりより多くの空気が出入りすることになります。
その上、息を吐く時に、横隔膜や肋間筋など呼吸筋を使います。
筋肉は使うと緩む(柔らかくなる)という性質があるので、呼吸筋が動きやすくなるという効果もある。
だから、呼吸は吸うよりも、先ずは吐くことだ。
なんて話をしました。

間違ってはいないと思います。
確かに呼吸はしやすくなります。


呼吸をどう捉えるか

ただ、ここで問題が出てきます。
呼吸には二種類あるということです。
寝ててもしている呼吸と、自分の意志で行う呼吸です。
自律的に行っている呼吸と、運動神経を使って行っている呼吸です。
息を吐いてから吸うことは出来ますが、常に意識的に寝ている間も、呼吸のことを考えていない時も、知らず知らずのうちに、吐いてから吸うということは出来ません。
知らず知らず自律的にする呼吸をコントロールする。
呼吸をどうしようと思っていない時の呼吸法をコントロールする、あるいはコントロールが出来ないのであれば、その自分の自律的な呼吸を本来的な呼吸に整える。
極端に言えば、意識的に行っていない自律的な呼吸を、意識的に改善したり変えたりするということ。
これはなかなか難しい。


どう呼吸するのか

難しいからと言って出来ない訳ではありません。
それを指導されている先生もいます。

個人的には呼吸は「自然に入ってくるものを止めない」ことだと思っています。
さっき吐くって言ったじゃないか!
いやいやすみません。
先に吐くのは、呼吸する器官としての肺や横隔膜や肋間筋やその周りの筋肉たちを、呼吸しやすくさせてあげることで、呼吸という自律運動を変えている訳ではありません。
息は吐くよりも、自律的には入って来ている、という感覚が最近はあります。
(これは変わるかもしれませんけどね。)
そして呼吸が上手くいかないとき、呼吸が止まっている時は、止まっている、のではなくて、止めている。
んです。
だから入ってくる呼吸を止めない。

止めないために大切なことは、柔らかくいること。
これも少し情緒的な表現ですが、物理的にも胸郭周りの関節や筋肉の柔らかさのことも含んでいます。
ただ、骨や筋肉だけではなく、生きている人間としての在り方として、柔らかくいる。
なんだか禅問答みたくなりましたが、けっこうかなり分かりやすい表現かと思います。
自然に起こっている、「息が入ってくる」という自律運動を、止めないようにする。
止めようとすることに気が付いて、止めるのをやめる。
そうすると自然に息は出入りしてくれるように思います。

また、少し考えます。
今現在考えている呼吸に対する印象です。

呼吸大切です。
肩こりくらいはすぐ直るかもしれない。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
teate@nifty.com
03-3922-7230

言葉も一つの習慣です。

読了までの目安時間:約 3分

腰が痛いと言った時の腰。
肩が凝ると言った時の肩。
膝が痛いと言った時の膝。


今、思い浮かべたところはどこですか?
目のまえにいないので分かりませんが、100人いれば100人が違う場所を指さしていると思います。
もちろんだいたい同じような場所を指さしている人が多いのは分かります。
でも厳密には違う。
肩だったら首に近い場所を指している人もいるし、腕に近い三角筋(肩の外に盛り上がった筋肉)に触れている人もいると思います。


言葉は便利なものです。


日本人ならだいたい同じ言葉を使います。
腰と言えばだいたいあの辺り。
肩と言えば、膝と言えば、だいたいその辺りのことです。
でも、実際には皆さん違う。
それを同じものだと思っている。
そして、自分の思っている肩が、世の中の人全般が思っている肩と同じだと殆どの人は思っています。
「カラダの地図」で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)>>>にも書きましたが、言葉はある種の習慣です。
その辺りをソレと思っている。
そう思うという習慣です。
自分とは違う習慣を持っている人もいます。
特に腰や肩や膝の場合は、人によって指している場所の違いが大きいことがある。
なぜなら、腰や肩や膝は、それ単体では存在しないからです。
具体的なソレ自体がないので、人によって捉え方が違う。
腰は胸とお尻の間、肩は首と腕の間、膝は太ももとスネの間です。


言葉は別の意味でも習慣です。
例えば股関節。
英語ではヒップジョイントと言います。
股関節は「股(また)」関節、ヒップジョイントは「ヒップ(尻)」関節。
前と後ろの違いがあります。
当然、それをどう捉えるかの違いは出て来るでしょう。
股関節が前にあるのか後ろにあるのかというのは、使っている言葉から浮かぶイメージ(習慣)の違いでもあります。


ところで、実際に股関節は前でも後ろでもなく、横を向いているということは知ってますか?
ほら、なんだか股関節が変な感じになって来ませんか。
自分の持っている言葉のイメージ(習慣)が、情報によって書き換わっているのかもしれません。
正確な位置を知るというだけではなく、自分がその言葉に持っている印象やイメージという習慣が、実際の動きや形を変えてしまっていないか。
自分の体が上手く使えない時、ギクシャクしてしまう時、確認するだけで変わってくるかもしれません。

「へそ出しルック」に、ご用心

読了までの目安時間:約 4分

「へそ出しルック」
はいはい、分かります。
違うんです。
昭和感プンプン香るネーミングであることは知っています。
しかし他に呼び方を知らないんです。

おへそが出たファッション

今年流行ってますね。
流行っていないにしても、例年と比べて少し増えている。
今年は色なら黒が少し増えているような気がします。
Tシャツだったり女性のがばっと被るワンピースだったり。
ま流行りは良いですが、へそ出しルックの話です。
昭和の時代にはそう言っていたんです。

おへそが出るような丈のTシャツだったりブラウスだったりを着て、下はパンツという姿の女性をよく見るようになりました。
こういう年は腰痛が増えます。
お腹の調子を悪くする人も多いと思います。
当たり前です。
お腹が出ている訳ですから。
冷えます。
電車の中もオフィスも。(いやオフィスでは着ないか。)
カフェでもエアコンがガンガン効いています。
腹はまあ冷える訳です。
同時に、気が付いていないかもしれませんが、腰も冷えます。
冷えると血流が悪くなります。
血流が悪くなると、動きが悪くなるし、疲労物質なども流れにくくなるし、細胞が生きていくための酸素やエネルギーの供給も若干減ります。
で調子が悪くなる。
人によっては痛み(腰痛)などに繋がることがある。
お腹の調子が悪くなると、色々なところに影響が出る可能性があります。
女性の場合、お腹の中には子宮や卵巣や腎臓などホルモンに影響を与える臓器もあります。
腎臓などは背中側にあるので、動きが悪くなったり硬くなったりすると、腰痛に直接つながったりもします。

だからやめろ!
とは言いません。

これでも20年前まではファッション業界に居た人間です。
ホントホント。
ファッションを取り入れたいのは分かる。
だからへそ出しルックは仕方がない。
とは思いますが、腰痛になったり腰痛になりそうだったり、お腹の調子が気になりだしたら、へそ出しルックが原因の一つかもしれないと思ってみて下さい。
で、対処法です。

寝るときにTシャツをパンツインして下さい。
寝ている間にへそ出しにならないように。
お腹と背中をカバーする。
外出する時にへそが隠れる上着など持って出ましょう。
電車やカフェで座っている時に、ヘソをカバーします。
なるべく直接風が当たらないようにする。
出きればアイスばかり飲まず、温かい飲み物を飲む。
冷やし中華や冷麺やかき氷やアイスばかり食べず、温かい食べ物を食べる。

それでも調子が戻らなかったら、へそ出しはちょっとだけ我慢して、今年の別の流れを取り入れましょう。
調子悪くなると外にも出られなくなりますから。


てあて整体院
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230


空

体は繋がっている。

読了までの目安時間:約 4分

当たり前と言えば当たり前。
人の体は全部繋がっています。
手も足も肩も肘も、膝も股関節も首も頭も。
全部繋がっています。
繋がっているということは、それぞれには関係があります。
手と腕は近くなので、関係があるのは何となくうすうす感じてはいるでしょう。
手と肩も近いかもしれない。
でも、じゃあ。
手と腰だとどうなのか。
手と足指だとどうなのか。
そんな遠くは関係がないんじゃないかと思ってしまう。
これもまた当たり前と言えば当たり前です。
かなり遠くにあるので、関係がないんじゃないかと勘違いする。

そう、勘違いです。

整体師は腰が痛いと言うのに、脚やお尻をグリグリしたりします。
たまに肩甲骨や首の調整をする人もいるかもしれない。
なんなら頭だけ触れる整体師もいる。
関係ないじゃないか!と思う人がいるのも分かります。
でも、関係がある。

今日、生徒さんと話をしていてその話になりました。
整体を学びに来る前、旦那さんが首が痛いと言っているのに、その時に行っていた整体では腰の調整をしていたとのこと。
そんな訳がない。
きっと騙されているんだ。
いくら旦那さんが良くなったと言ったって、首と腰じゃ全然関係ないでしょ。
と思っていたということでした。
それが今では、関係はあるに決まっている、と思うようになった。
面白いものです。
ですと。

そう言う患者さんは沢山います。
普通の生活をしている人は、首と腰は関係ないと思っています。
それで普通。
逆に。
普通に整体師をしている人は、首と腰は関係があると思っています。
それが普通。
齟齬ってのが生まれます。
差異というのか、違いというのか。

長く整体師をやっていると、普通の人はそうではないと思っていることが、そうだと思うようになることもあります。
逆に普通の人がそうだと思っていることが、そうではないと思うようになることもあります。
腰が痛い時には、お尻や太ももの裏やフクラハギなど、お尻から下の筋肉を伸ばすことや、歩くことが良い。
なんてのは整体師の常識。
でも一般には、腰が痛かったら休む、ぎっくり腰は安静。
というのが普通でしょう。
膝は骨が当たるから痛い、ということではない。
というのは整体師の常識。
でも、一般の人は、骨が当たるから痛い。
と思っているでしょう。(ま、これには医者の説明方法もアレがありますけど。)

患者さんに説明する時には、自分の常識や知っていることが普通とは思わないことが大切です。
整体師だって昔、腰が痛ければ腰を揉めば良いと思っていた時代もあったはずです。
原因は何なのか、実際はどうなのか。
患者さんに色々と話をして知ってもらうのも整体師の仕事です。

※てあて整体スクールでは新入生を募集しています。
 興味のある方は問い合わせ下さい。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

さすがにストレス溜まりますよね。

読了までの目安時間:約 2分

新型コロナウィルス感染症
緊急事態宣言
自宅待機
外出自粛
令和2年7月豪雨

今年は春からいろいろなことが続き、ストレスが溜まりますよね。
溜まっていないと思っていても溜まってしまう。
まあ仕方がないことです。
まあ仕方がないなんて呑気に言ってられるうちは良いですが、少しずつ体に変化が現れて来る人もいます。
たんにストレスだけじゃなく、気圧の変化や曇天続きで自律神経系が乱れたりもします。

朝、起きるのがちょっと辛い。
疲れが抜けにくい。
ちょっとイラッとしてしまう。
ネガティブに考えてしまう。
笑えない。
肩が凝る。
力が抜けない。
ぱ~っと遊ぶ気になれない。
食欲が出ない。
溜息が出てしまう。

調子が悪いと言えば言えなくもないけど、そんなに酷い訳ではない。
まあこういう時もあるわなと思ったりしてませんか。

こういう時は出しましょう。
何でも良いから出す。
溜まっているんだった出すことです。
別にストレスを吐き出す必要はない。
何でも良いので出して見ましょう。

体を動かして、汗を出す。
唄を歌って、声を出す。
人と話をして、息を出す。
ブログや文章を書いて、考えを表に出す。
トイレに行って、〇〇を出す。
重いもの持ち上げて、力を出す。(これはチョット違うか。)

何でも良いから出してみて下さい。
考えているだけで、言葉にしなければ出ていません。
文章にしなければ出ていません。
鼻歌よりも声に出して下さい。

まあ、騙されたと思ってやってみて下さい。
ストレスが変わらなくても、運動にはなりますから。

ヒールの履き方

読了までの目安時間:約 2分

ヒールの履き方

月曜の症例別授業で描いたイラストです。
ヒールを履いた時の骨格のイメージ。
いくつかポイントがあります。

・ヒールの上の踵の上には脚の骨はない。
・脚の骨(脛骨)はヒールよりも少し前に突き立っている。

ここから分かることは。

・ヒールの上に乗ると後ろ重心になる。
・爪先の上に乗ると前重心になる。

ということで、ヒールの靴も普通の靴同様に、足裏全体に体重を乗せます。
爪先だけでもなく踵だけでもなく、足裏全体を使って靴底に乗って行きます。
女性の生徒さんからの質問で、ヒールの履き方はどうやって教えたら良いですか?ということがあって答えました。
どんな靴が良いかとか中敷きについてなども話をしました。
この内容は先月上梓した、「『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!(さくら舎刊)」にも書きました。
(全国書店、アマゾンなど通販でも購入出来ます。 アマゾンのサイト >>> )
第5章脚から足にかけてのカラダの地図、にあります。
詳しくはそちらを読んで頂ければ、より深く理解できると思います。

てあて整体スクールでは整体の手技や考え方だけでなく、体の使い方や見方・捉え方の指導も行っています。
自分で考えて自分で組み立ての出来る整体師になってもらいたいからです。
授業内容も見直して、7月以降は1年コース(週1回)での募集になります。
見学してみたい方は連絡下さい。


てあて整体スクール
東京都練馬区東大泉 5-27-18-A
愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
teate@nifty.com
03-3922-7230

新型コロナ 感染防止はこれからが本番です。

読了までの目安時間:約 3分

緊急事態宣言も東京アラートも解除されて、やれやれこれで少し安心して日常生活が送れると思っている人が多いように思います。
でも、感染防止対策はこれからが本番です。
気を緩めない。
というような心持とは別に、考えながら行動をしなければいけないと思っています。
2月3月に新型コロナウィルス感染症が広がりを見せ、海外などの事例や研究とこれまでの感染症への対策対応を元に、様々な対策がなされ様々な対応がされました。
外出自粛だったり営業自粛だったり。
マスク・手洗い・ソーシャルディスタンス。
除菌や殺菌など様々な対応がされ、それがやっと多くの場面で取り入れられて普及し始めたのが今だろうと思います。

結果、一時的に感染者数の拡大は抑えられ、入院患者さんも減り、ということは病院のキャパや対応も以前よりは良くなって来ていると思います。

でも、ワクチンもなければ薬もないのには変わりありません。
症状のあるなしにかかわらず、感染者と不用意に接触したり近づけば、自分に感染のリスクが増えることには変わりありません。
ウィルスがなくなった訳でもありません。
緊急事態やアラートが解除されたからと言って、今までの感染防止の対応を忘れて良い訳ではありません。

緊急事態や東京アラートが解除された時、「やっと〇〇が出来るようになりました。」的な報道が多くありました。
これつまり、禁止されていたことが出来るようになった、やっとだね、少し明るい雰囲気になれたね、解放されるね。
と言うような意味を含んだ言い回しのように感じます。
緊急事態や東京アラートはウィルスが無くなったことを宣言している訳ではありません。
感染者がいなくなったことも宣言していません。
現状の様々な対応をしていると、原因はあまり定かではないがどうやら感染者は爆発はしない、かもしれない。
と言っているだけです。

だから、気を付けておくことは前提で。
これから多くの店舗が営業を再開し、様々な日常活動が再開されてからが、感染防止の本番だと思っています。
用心は常にしましょう。
心配はしてもしょうがないかもしれないですけど。

1 2 3 7
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019