整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 健康情報 » 

体がない人が増えている。

読了までの目安時間:約 2分

最近、体がない人が増えている印象です。

物理的な体はあるんですが、体がないように自分を使っている人がいます。
また、体ではなく頭でだけで考えて生きている人もいます。
人によっては体が何か言っていても聞かず、無理に体を引っぱっているような人もいます。
無視している場合もあるし、聞いても聞かないふりをしているようなこともある。

脳脊髄などの中枢神経は体の一部です。
心は脳脊髄などの機能だと言う人もいます。
心は体の一部なのに、体が心に従っているような感じです。

上手く行っているときは良いんですけど、上手くいかなくなると大変です。
何が悪いのか分からなくなりやすい。
頭で考えているので整合性は取れているように思ってしまいます。
でも体は悲鳴を上げていたりする。

体は何を考えているか。
分からなくなっている人も増えているような気がします。
こうしたいではなく、こうなっているからこうするというような。
だから先ずは自分の体を感じることから始めると良いと思います。

床に寝て、背中が床についているところを感じて行く。
ゆっくりひとつひとつ。
頭、肩甲骨、腕、手、背中、腰、お尻、太もも、フクラハギ、踵
顔、頬、耳、胸、腹、前もも、爪先
体に当たる風を感じてみる。
歩いている時に、脚や腕や胴体の様子をチェックしてみる。
深呼吸して空気が体にどんな風に入って来るのか観察してみる。
何でも結構。
自分に目を向ける時間を作ることが必要だと思います。

先ずはそこから。

年のせい、なんて言いません。

読了までの目安時間:約 3分

年のせいですね。
加齢によるものです。


整体院に来院する患者さんが病院や接骨院や他の整体院で言われて来ることがあります。
これが意外に多い。
聞いていると、その後ろに聞こえて来る言葉があります。


だから仕方がないですね.
一生付き合うしかないですよ。
もう歳なんだから。
そろそろ無理はせずに。
痛みがあるんだったらやめておけば。。。


そうしたくないから来ているんです。
諦めたくない。
何とかしたい。
だから病院や接骨院や整体院に来ているのに、そこでそんなこと言われたらどうしましょう。
腹が立つ方もいます。
がっかりして力が抜ける方がいます。
病院も接骨院も整体院も、腹を立てたりがっかりしたりする為に来る場所ではありません。
だから、こういう事を言う意味はない。


確かに加齢によって変わることがあります。
疲れやすくなるし疲れが抜けにくくなります。
筋肉は落ちやすく付きにくくなります。
怪我をしやすく治りにくくなります。
骨の形も若い時よりは変形しやすくなる。


だからど~した。
と思います。
それがど~した。
とも思いますね。
別に若くなりたい訳ではない。(そうなりたい人は整体院には来ないでしょう。)
今よりもパフォーマンスを上げ、痛みを軽減し、好きなスポーツや趣味を楽しみたい。
毎日の生活を生き生きしたい。
そう思っているだけです。


今の年齢でベストな状態に持って行きたい。
そこが目標です。
だから、歳ですね。
なんて言いません。
替わりに出来ることをお願いすることになります。
ストレッチかもしれないし、トレーニングかもしれない。
生活習慣かもしれないし、逆に諦めてもらうこともあるかもしれない。
若い時と同じ生活のままでは、疲れは抜けないし痛みも取れずらいし怪我も治りにくい。
疲れを抜き痛みをやわらげ怪我を治すための生活です。


ガンバって行きましょう。
ご同輩。

体の変化と厄年と

読了までの目安時間:約 3分

厄年というのがあって、男女別に災厄が降りかかりやすい年齢だと聞きます。


男性 25歳 42歳 61歳
女性 19歳 33歳 37歳 61歳


ここに書いたのが本厄と言われる年齢で、前後の年を前厄と後厄などとも言います。
特に男性の42歳、女性の33歳は大厄と言われて、注意が必要だと言うことのようです。
災厄ってなんですかね。
年齢を見ると、人生の中で変化のある年なんだろうかと思います。
これらの年齢は、体を診ている者としては、体に変化がある年齢だなと思います。
何となく心当たりがある人もいると思います。
体の変化を言葉で表現すると、細胞の若さのようなものが変わる時期なのかなと、患者さんを診ていたり自分の変化を経験してみて思います。


ガクンと来るということではありません。
過ぎてみると何だかちょっと変わっているような。
その時期はなんとなくハマりが悪いような、落ち着かないような時期なのかと。
昔なら年齢なりに運動量も減り仕事量も減り、だんだんと落ち着いた生活になっていくこともありますが、最近はそうはいきません。
人生100年と言って、100年は生きる人は少ないと思いますが、70歳を超えても元気な人が増えています。
人生90年近くになれば、やりたいこともあるし、なかなか落ち着けないというのが本音かもしれません。


体を動かすことだと思います。
厄年の時期は特にそうです。
体に変化が来ている時期に体を動かしておくと、細胞がきちんと入れ替わってくれるような感覚があります。
体が変わっても動きという機能は十分に使える状態にしておく。
普通に生活をするなら無理をする必要はないと思います。
一日に1万歩とは言いませんが、7・8000歩位は歩く。
土日や休日には少し体を伸ばしたりしてストレッチをする。
それだけでも違います。
ちょっとアクティブにしておきたいというのなら、少し無理をしなければ難しいかもしれません。
厄年辺りの年齢を越すと、筋疲労の仕方や筋肉の付き方が変わってくるように思います。
少しきつくてもトレーニングをしたり、体を動かしたりする必要があると思います。
とは言え、それまでの運動とあまり変わらないかもしれません。
それまでの年代と同じようにしていると、きつくなる。
それを少し我慢して続け、替わりに休息やケアを増やして行く。
そんな風にしていきます。

胸から上を回すってドユコト?

読了までの目安時間:約 3分

昨年からストレッチの動画をユーチューブにアップするようにしています。
緊急事態宣言下で自粛生活が続き、リモートワークで全然外に出ない人も多いみたいです。
運動不足がけっこう激しくて、背中や首肩が硬い人が多くなっているのも気になります。
体を動かさないとストレスも溜まります。
少しでも気が晴れて、体が楽になったらなぁと思ってアップしています。
そのストレッチについて先日、患者さんから言われたことがあります。
センセイ、あれ難しくて分かりません。
えっ!?
ちょっと驚きました。
その難しいと言われた動画はこれです。





首や上半身のストレッチ。
というか軽い運動です。
どこが難しかったですか?と聞くと。
首を回した後に胸から回すみたいに言ってましたけど、胸から回すってどういうことですか?
ということでした。
しまった!
と思いましたね。
確かに。
考えてみれば体を回す時に、どこから回しているなんて普通の人はあまり考えません。
ダンスを長くやっているので、体の色々なところを動かすのは慣れています。
その上、整体師を長くやっているので、体の部位について普通の人と捉え方が少し違います。
そこのところの違いを書いたのが、昨年上梓した「『カラダの地図』で疲れ・不調・故障が消える!」でした。


胸から回すというのは、普通の人は想定していないことでした。
胸は胴体の上部で動かない(動きづらい)ものだという認識が普通です。
そこを動かすってのは想定外だし、動かないものを無理やり動かすというような解釈になりがちです。


首も胸も腰も脊柱の一部です。
俗に背骨と呼ばれている骨たちは、頭の中心位から始まって、骨盤の真ん中まで繋がっている小さな骨の集まりのことです。
その上から7番目までを首の骨(頸椎)と言い、8番目から19番目までを胸の骨(胸椎)と言い、20番目から24番目までを腰の骨(腰椎)と呼んでいるだけです。
全部、脊柱で、背骨です。
その首を回して下さいというのと同じように、胸の中心から回して下さいと言ったつもりでした。
つもり。
良くないですね。
説明が足りない。
上から7番目までを回したら、次に上から15番目位(胸の真ん中あたり)までを回して下さい。
背骨は一繋がりの骨なので、その途中から回して(動かして)下さい。
と言うべきでしたね。
荒木、修行が足りません。


今度は解説付きの動画を撮ろうと思います。
でも、解説は短めに。
説明長いと面白くないですもんね。
お楽しみに。

整体(骨盤調整)で痩せるのか?

読了までの目安時間:約 3分

整体で痩せますか?と聞かれることがあります。
たぶん無理なんでしょぅ?というような顔で聞かれます。

そうですねぇ。
整体ではねぇ。
なんて答えた後に少し説明をします。

全否定はしませんが、整体で痩せるのはなかなか難しいと思います。

整体で痩せると初めて聞いたのは、たぶん15年位前だったんじゃないかと思います。
えっ!?と思って少し調べました。
どんな根拠でそんなこと言っているのか。
調べていくと、整体や骨盤調整をして体の歪みが取れ整うと、内臓の働きが改善され消化吸収が良くなって痩せる、というのがありました。
同じように整体や骨格調整をすることで血流が良くなり、むくみが取れるので痩せるというのもあったと思います。
消化吸収が良くなって痩せるというのは、余程、標準体重よりもオーバーしている場合に可能性がゼロではないと思います。
ただ、目に見えて痩せるかというと、それは難しいかなと思います。
血流が改善して水分が出てしまって痩せるというのは、見た目的には可能性があります。
ただ、その場ではウェストや脚が少し細くなることはありますが、同じような食生活や生活習慣だとまたすぐに浮腫みます。
それに体重は一時的に減るかもしれませんが、水分が抜けているだけですから、痩せるというのとは少し違うかもしれません。
いずれにしても、整体や骨盤調整で痩せる、というのは少し無理があるのかなと思います。

ですよねぇ。(笑)

質問した方はだいたいそんな感じですね。
まあ、整体だけで痩せるなんて虫の良い話はないよなと思っているようです。
整体は腰痛や肩こりや膝痛など、筋骨格系の痛みや症状に対して骨格調整をしたり筋肉を整えたりしすのが得意です。
でも実はそれだけが整体でやろうとしていることではありません。

体の調子を良くする。
元気になる。
その人本来の体を手に入れてもらう。

みたいなことも目指しています。
ストレッチや姿勢や歩き方や日常的に気を付けることをアドバイスするのは、そう言うことも考えてのことです。

マスクとTPO

読了までの目安時間:約 2分

TPOって聞いたことありますか?

Time (時間)
Place (場所)
Occasion (場合)

これら三つの言葉の頭文字を合わせた和製英語です。
もう随分以前ですけど石津健介というVANジャケット(ファッションブランド)を創業された方が造語したと聞きました。
昭和の中頃、まだまだカジュアルな服装やファッションが普及しておらず、時と場合、場所に合わせた服装があるんだよと提案していたのかと思います。
それまではハレとケ、冠婚葬祭など正装か仕事着以外は、自宅にいる時の普段着しかなかったですから。
で、マスクです。

マスクにもTPOを適用してはどうかと思います。

一日中、四六時中していることはないと思いますよ。
自転車通勤している時や、人通りの少ない昼間に公園まで犬の散歩なんて、マスク必要ないでしょう。
近くに人がいれば別ですが、2メートル以上も距離が取れていれば飛沫感染も殆ど心配はありません。
時と場所をわきまえてするようにしたらどうかと思います。
外出した時も、たまに人混みを避けて誰もいない場所でマスクを外して深呼吸。
少しそういうことが必要なんじゃないかと思います。

マスクのし過ぎで呼吸が浅くなっている人がいると聞きます。
マスクしていることで、ストレスを感じている人も多いと思います。

時と場所と場合を考えて、たまに外してみてはどうでしょう。
もうやっているとは思いますが。
マスクとの共生は暫く続きます。
ちょうど良い距離感で付き合って行きたいと思います。

腰痛の解説とストレッチ

読了までの目安時間:約 1分

腰痛の動画をアップしました。

腰痛にもいろいろあって簡単には言えませんが、そうは言っても傾向はあります。
あまり難しく考えず誰にでも出来る対処法を二つ動画に上げました。
本当に簡単で、簡単すぎてコレデデイジョウブと思うくらいだと思います。
でも、先ずは1週間やってみて下さい。
必ず効果が現れます。
腰痛の8割は良くなると思います。
ただ、この動画では言ってないことが幾つかあって、それを加えるともっと効果は上がります。

湯舟につかる。
出来れば6・7時間は睡眠時間を取る。
食べ過ぎない。
痛みがある時はアルコールを摂らない。

です。
やってみましょう。


肩こりストレッチ

読了までの目安時間:約 1分

「コロナ疲れ」という言葉が少し増えて来たようです。
昨年から続く自粛生活や心配事で、ストレスが溜まったり疲れが溜まったり。
整体院の患者さんを診ていても、背中が硬くなっている人が増えています。


肩こりのストレッチをまとめました。
ストレッチだけでなく肩こりの解説もしています。
簡単に出来るものばかりを集めましたので、出来るものからやってみて下さい。


開脚のためのストレッチ

読了までの目安時間:約 1分

開脚したい人のためのストレッチを幾つか動画にしました。

ポイントは「骨盤を立てる」

これに尽きます。
いろいろなストレッチをやっても、骨盤が後ろに寝ていると伸ばしている場所が違ってしまいます。
前屈しても太もも裏(ハムストリングス)ではなく、腰や背中を伸ばしていたりします。
それを防ぐには骨盤を立てる。
骨盤を立てるとは、骨盤の後ろ真ん中(仙骨)に手をあてて、そこが床と垂直になっているかどうかです。
床の方に倒れていたら骨盤は立っていません。
骨盤を立てると太ももの裏が痛いという人は、膝を曲げて下さい。
脚は伸ばさなくても良いです。
先ずはそこから始めましょう。


【四つ這いストレッチ】@今日もストレッチ

読了までの目安時間:約 1分

緊急事態が発令された2週が経過しました。
今週末は東京は雨。
ということもあってステイホームの方が多いと思います。
家で出来るストレッチを上げて来ましたが、今回は四つ這いで出来るストレッチです。
背骨周りと首肩周り、腰辺りも動かすストレッチです。

動かなさ過ぎて固まって来たなぁと思ったら、四つ這いになってやってみて下さい。
最初は意外にも動かない自分に驚くかもしれませんが、ぼちぼちやってると動くようになって来ます。
肩こり腰痛気分転換ストレス発散に。
是非!


1 2 3 9
てあて整体スクール・てあて整体院
03-3922-7230
teate@nifty.com
カテゴリー
アーカイブ
おもてなし規格認証2019