整体学校・スクール 東京/名古屋で整体師になるなら|てあて整体スクール » 院長ブログ » 

アレクサンダー・テクニーク 姿勢の教室モニター

読了までの目安時間:約 3分

てあて整体院でアレクサンダー・テクニーク【姿勢の教室】モニターを募集して5人の方に個人レッスンをしています。
4人目の方が終わって写真を撮ったので初回の最初の時と比べてみたいと思います。


姿勢モニター土肥1

姿勢モニター2

姿勢モニター3

姿勢モニター4



左側が初回の最初、右側が3回目終了時。
改めて並べて見て思いましたが、随分違いがありますね。
腰が前に出ていたのが戻って、全体に縦方向の長さが見えるようになっています。
顎や胸やお腹のラインなども上下に伸びるような感覚があります。
印象が全く違っているように思います。
会社の同僚からも「姿勢が良くなっている。」と言われたそうです。
今回は【姿勢の教室】モニターで募集しましたが、この方を含め5人中4人が”姿勢は気になっていない”と言う方でした。
では何故申込をしたかと言うと、アレクサンダー・テクニークってどんなものか、以前から気になっていたので受けてみたかったと言うのです。
それでもこれだけの違いがあると言うことに、やってみてちょっと驚いています。
【姿勢の教室】はアレクサンダー・テクニーク個人レッスンのコースとして、整体院で新たに始める予定にしています。
3回続けるとやはり何かしらの違いが分かりやすいと言うことも分かりました。


てあて整体スクールではアレクサンダー・テクニークを授業に取り入れています。
【姿勢の教室】のように患者さんを調整するための授業ではありません。
スクールの生徒さんが患者さん役として自分自身の姿勢を整えます。
普通の整体スクールでは相手を整える手技や知識は教えますが、自分を整える考え方や方法は教えません。
そこをやりたい。
整った体で患者さんと向き合うことが、患者さんのためにも自分のためにもなります。




■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

テキスト改訂中

読了までの目安時間:約 3分

来年2016年から新しいカリキュラムになります。
クラニオ(頭蓋仙骨療法)と「姿勢と歩き方」と言う授業が始まって、PNFとストレッチがなくなります。
これに伴ってテキストの改訂を始めました。
クラニオは2年ほど前からスクール関係者向けにセミナーをやっていたので、それをベースに出来てしまった。
次に手をつけたのが「症例別」のテキスト。
新しい授業はクラニオと「姿勢と歩き方」なのに、「症例別」のテキストに手をつけてしまった。
数日前に肩こりの症例について書き終わりました。
そう、改訂と言うよりはあたらしく書いている感じ。



パラダイム・シフト



って話を書きました。
今までとカリキュラムの考え方を大きく変える。
教えている指針整体やマッスルエナジーは変わりませんが、それに加える授業を変える。
その変える意味・・・です。



あら木の患者さんの見方が少しずつ変わって来ていて、それに合わせるように授業内容も少しずつ変えてきました。
ただ、教科書は手をつけていなかった。
つまり変えていなかったんです。(すまぬ。)
一番大きく影響が出るのはやっぱり「症例別」です。
そこでこのテキストの改訂を始めたってことです。
これ、なかなか大変です。
今、授業で説明していることに沿った内容にしています。
骨格調整の内容やPNFやストレッチの内容も入れています。
以前のテキストでは調整は調整で、そちらの授業で練習しましょう的な内容になっていました。
でもそれだと手間がかかる。
なので一冊完結にしようとしています。



クラニオは出来たので、年内に「症例別」と「姿勢と歩き方」を見直します。
「姿勢と歩き方」は実は去年授業としてやっていましたが、これも全面改訂の予定。
間に合うんだろうか。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

名古屋で学校見学

読了までの目安時間:約 3分

今月も名古屋に行きます。
てあて整体スクール名古屋教室は千種駅1分にあります。
毎月4日間、平日に連続して授業をやっています。
この期間にはコア・ストレッチ教室やアレクサンダー・テクニーク・グループレッスンの他に、整体の予約も受け付けています。
あら木がどんな整体をするのか、受けてみたいと言う方は連絡下さい。


整体スクールは授業の見学と説明を聞くことが出来ます。
指針整体やマッスルエナジー・テクニックは他では受けることが出来ない手技なので、ぜひ受けてみて下さい。
押さない揉まない体重をかけないのに、歪みが取れ浮腫(むくみ)が取れ筋疲労が抜けていく。
言葉で聞いただけではイメージ出来ないものは、自分で受けて体験してみるのが一番です。


将来のために今何をするか。
運動不足とストレスに囲まれた今の人たちに、整体やクラニオの手技は求められる必要なものとなって来ています。
体の状態を見られる。
体の状態を整えられる。
当たり前のようですが、そんな整体師を育成しています。
見学、体験、申し込んで下さい。



■てあて整体スクール 名古屋教室 学校見学・説明会

日時 : 11月17~20日 9:30~
場所 : てあて整体スクール 名古屋教室(千種駅1分)
     愛知県名古屋市東区葵 3-14-20
     整体ハスハナ内
料金 : 無料
申込 : 電話 03-3922-7230
     mail teate@nifty.com


整体師認定カニ



■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

アレクサンダー・テクニークの授業

読了までの目安時間:約 4分


アレクサンダー・テクニークの授業でした。
この授業は今年に入って新たにカリキュラムに入れたもので、やっと一年近くになります。
授業と言ってもアレクサンダー・テクニークを学ぶと言うよりは、アレクサンダー・テクニークのグループレッスン(WS)を受ける授業になっています。


アレクサンダー1511091


アレクサンダー・テクニークはFMアレクサンダーさんが見つけた『体の使い方』です。
整体師は人の体の調整をする仕事なのに、何故自分の体の使い方を学ぶ必要があるのか。
いくつかの理由があります。
一つは自分の体を整えることで、怪我や疲れを防ぐ効果があります。
無駄な力が入っていたり変な癖のある体の使い方では、効率的な体の使い方が出来ません。
姿勢や歩き方に問題があるだけで、腰痛になったり肩こりになったりするのを防ぐように、自分を整えることで怪我や疲れを防ぎます。
もう一つ。
施術の効果を上げます。
偏った体でも施術は出来ます。
調整も出来ますが、整った体で調整をしたり施術をしたりすると効果が高くなります。
極端に言えば、整った体で触れて触診をするだけでも、相手の体は整って行きます。
これはエネルギー的な話でも、スピリチュアルな話でもありません。
人には相手に同調するという性質があります。
ミラー細胞と言って見ている相手と同じ筋肉につながる運動神経が発火すると言う論文もあります。
整った体はそれだけで、相手に取っての環境となり整った体の使い方の教師となっていると言うことです。


アレクサンダー1511092



授業には僕がアレクサンダーを学んだ学校からトレーニー(教師育成コースで学んでいる人)が来てくれます。
トレーニーと言っても、手を使う訓練を積んだ卒業間近の方々です。
そのトレーニーと一緒にアレクサンダー・テクニークを使って、触診をしたり整体をしたりしてみるアクティビティを行いました。
いつもは目の前の患者さんに集中しすぎてしまうのを、自分のことも考えてやってみたり、体の使い方に注意しながらやってみたりします。
生徒さんたちももう何度目かのアレクサンダー授業なので、少しずつ体の状態が変わってきています。
ただ、本人には分からないことも多いですけど。
こうやって、少しずつ自分の使い方・整え方を学んでいくことで、整体師としての体も変わり手も変わってくると思っています。


感想発表1

感想発表2

終わって感想を熱く語っておりました。(笑)
おつかれさまでした。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

やってみる。

読了までの目安時間:約 3分

骨格調整の授業が始まっています。
始めて授業に参加される方もいたので先ずは触診から始めました。


骨格調整1511081


今回は触診の方法や考え方について話をしました。
手の使い方や体の使い方、そして何故そうするのかなどについて説明をしました。
でも、結局はやってみないと始まりません。
理論が分かって頭で分かっても、手が感じてくれなければ触診の意味はない。
なんてことを言いながら練習を始めました。


次は骨盤の調整を行います。
てあて整体スクールの骨盤調整は三方向から行っています。
調整を三つに分解して行います。
「三次元空間だから前後・左右・上下に調整すれば、空間の中での位置は元に戻る。」なんて能書きを言います。(笑)
これも、やってみないと始まらない。
熟練の先生は三方向を一度に調整する先生もいますが、始めての人には時間がかかりすぎる。
それに三方向に分けて覚えれば、別々に調整することも出来ます。
そうやって一つ一つを覚えて、覚えた手技でやっていくことで、自分の中に体の使い方や感覚が蓄積されていきます。


後輩指導1511082



先輩在校生が新入生に解説しています。
時と場合によってお願いしたり黙認したりします。
時と場合によっては教えないで下さいと言ったりします。
骨格調整などの順番や手順を覚える方が良いものは、教えてもらいます。
写真はそのパターン。
でも、指針整体など体の使い方は同じでも、相手に伝わるものが違う手技についてはお願いしません。
教えることは自分のためになります。
無茶振りなんて言われますが、人に説明することで自分の中にあったものが整理されることがあります。
そうやって自分の中に蓄積させていくことも大切なこともあります。


先ずは『やってみる』が大切です。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

マッサージと整体って違うんですか?

読了までの目安時間:約 4分

昨日、患者さんに聞かれました。
いつもは60分2980円の整体(!?)に行っていると言う方。
マッサージは何をやっていて整体は何をやっているんですか?とも聞かれました。
確かに受けている人には分かりにくいかもしれません。
一言で言うと。



「体」を「整」える。



これが整体です。
マッサージは体をマッサージするものです。
(法律的には手技は規定されていません。)
整体は体を整える時に、主に骨の位置や動きの悪さを調整します。
その方法は様々で、世の中には本当に沢山の整体があります。
触れるだけのような方法もあるし、ボキボキと骨格調整をするような方法もある。
骨の位置や動きの調整と書きましたが、骨の位置や動きは骨の周りにある靭帯や筋肉や筋膜や柔らかい組織(軟部組織)の状態によって変わります。
靭帯や筋肉や筋膜が硬くなって動きが悪くなっていると、骨の歪み(位置のズレ)はそのままその位置にあることになります。
骨の歪みやズレは、周りの筋肉や靭帯や筋膜の状態を変え、血流や神経のつながりに問題を起こしたり、筋肉の中に疲労物質を貯めたりします。
また、血流が悪くなることで、細胞の新陳代謝が進みにくくなり、細胞た形作っている器官の働きが悪くなったりします。



体は繋がっています。
手や足だけ別のところにあると言うことはありません。
繋がっていると言うことは、関係があると言うことです。
足指に問題があって肩こりになったり、お尻に問題があって腰痛になったりすることは良くあることです。
全体をみて体を調整する(整える)のが整体です。



マッサージだけでも調子は良くなります。
筋肉の中の疲労物質が流れ、筋肉のバランスが取れる。
それにマッサージをしてもらうこと自体が気持ちが良く、リラックス効果もあります。
でも、整体とは目的が違う。
どちらも良いことなので、目的によって選ぶのは患者さんです。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

ありがとう。 14周年

読了までの目安時間:約 4分

ちょうど14年前の今日。
てあて整体院はオープンしました。
2001年11月6日。
金曜日の朝でした。
当日の患者さんはゼロ。
午前中に花や電報が届きました。
いよいよ午後から患者さんが入ってくるか・・・と思っていましたが、その日は一人も患者さんが来なかった。
当たり前ですね。
当日の朝に駅で500枚位のチラシ配りをしただけで、あとは看板しか出していなかった。
整体院はビルの4階。
1階に看板は出しましたが、人通りも少なく見る人もまばらだったんだろうと思います。
自分としてはそんな風には思っていませんでしたけど。



旧整体院1 旧整体院2 旧整体院3



翌日になって患者さんが来ました。
と言っても友人が2人か3人。
それでも何故だか嬉しかった記憶があります。
そして開業3日目。
始めて一般の患者さんが来ました。
アラサーのダンサー。
文化庁の在外研修を終えて帰国して半年。
日本で体をみてもらえるところを探しているとのことでした。
そのダンサーは今でもたまに体の調整にやって来ます。
正直、最初の日はビビリました。(笑)


4年経って新しい場所に移転しました。
最初の場所はワンルームで7坪しかない北向きの部屋でした。
新しい場所は3LDKで南向き大開口の広く明るく暖かな部屋でした。


前の整体院1 前の整体院2



ここで10年。
スクールはこの2番目の場所で成長して行きました。
途中、父の他界があって、名古屋でもスクールを始めることになりました。
そして今年5月。
今の場所に移転して来ました。
新しい場所は1階路面。
最初の場所も2番目の場所もビルの高層階だったので、1階路面での営業をしたいと思っていました。
出来れば静かな場所で、日当たりが良く風が通る場所。
今回はそんな条件にぴったりの場所です。



整体スクール・移転後



今年に入って10年計画をぼちぼちと考えていました。
ちょっと大げさですけど、時代が動いている感じがしています。
時代に合わせる、と言うのではなく、今の時代に自分の出来ることは何なのか、を考えました。
カリキュラムの見直しをしたのもそのためです。
アレクサンダー・テクニークは結果的に必要なものとなっています。


整体師としても指導者としてもやっとこれからです。
よろしくお願いします。



■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

40男の整体師入門

読了までの目安時間:約 3分

40台と言えば働き盛り。
バリバリ仕事をしているイメージです。
でも、心の中ではイロイロと考えている。
あら木は38歳で整体の勉強を始め40歳で整体師になりました。
しばらく修行期間のような時期があり、42歳で厄が開けた年に開業しました。
そして今、57歳。


この時期には色々なことを考えていました。
バブルが弾けてリストラが始まり、同僚がどんどん会社を辞めて行きました。
残っていたらそこそこ行けた自信はあります。
でも、残らなかった。



人生は一回だからなぁ。



色々と考えてましたけど、でもやっぱりこれが決め手だったかな。
そうは言ったってなぁ、とも思ったし。
でもやっぱり、とも思った。
結局は勉強して整体師になって。
そこからまた考えて。
で、開業でした。


今年の夏位から、40歳台の男性が何人か入学しました。
女性が多いスクールにしては珍しいことです。
入学の動機や思いはそれぞれに違います。
でも、先ずは勉強して整体師になる。
整体師になった自分が何を考えるか。
そこも面白いと思います。
自分のことを思い出して、がんがん教えます。


■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

渋谷駅 8:30 am

読了までの目安時間:約 3分

朝8時30分の渋谷駅を乗り換えのため通過。
通勤で電車に乗っていたのは15年前までなので。


驚く。


いや。


うわぁ〜っとなる。


これを毎日続けるのは大変なことだ。
確実に寿命が縮まる。
対処するには幾つかの方法があると思う。


無視。
気にしない。
あるいは。
仕方ないと思う。
そうこうしていると、この喧騒を感じなくなってくる。
ほとんどの人がそんな感じだ。
僕もそうだった。
夏の電車の冷房は気持ちのイイものだった。
感覚が麻痺していたんだと思う。


いちいち


喧騒を感じ。
肩がぶつかる事に苛立ち。
靴が当たる事を気にし。
汗の匂いに顔をしかめ。
体が潰される事に憤慨していては。
それこそ体が持たない。


それを全てやると言う方法もある。
でも、それだと疲れる。
会社や家に着いたら
ため息が出る。
深呼吸したくなる。


戦わないと言う方法がある。
皆んな同じ仲間だと思ってみる。
首を楽にし。
自分の呼吸を感じ。
肩の力を抜いてみる。
それだけで変わることもある。


んなこと出来ないよ。
と思うのも癖かもしれない。
まずはやってみてはどうか、と思う。
二度と通らない僕が言っても説得力ないか。(笑)



■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>

国と言うシステム。 会社と言うシステム。

読了までの目安時間:約 3分

整体とは関係ない話です。


国と言うシステムは、あとどれ位の賞味期限なんだろうと思う。
原始、人は個人では生きて行くことが出来なかった。
集団を作って共同生活をした方が、生存戦略上有利に働いた。
集団は差配する人が居る方が動きが効率的になる。
差配がうまい人、あるいは外に向かって強い人。
そんな人達が集団を束ねるようになる。
そうやって集団は国のようなものに繋がって行くことになる。


今、個人は情報を持ち生活のツールも持っている。
つい数十年前と比べても、位べものにならない程だ。
集団を束ねる人達の行動は、個人の考えの遥か上を行くこともなく想定の範囲内になって来ている。
個人が個人で経済活動をして、個人同士が交渉をしても、生活が成り立つ可能性が見え始めたように思う。

国と言うシステムはあとどれ位なんだろう。


会社はどうなんだろう。
仕組みとしての集団は必要かもしれない。
同じことをする集団を取りまとめる個人は必要かもしれない。
でも、会社と言うシステムに従属する必要はあるんだろうか。



■ ■ ■ ■ ■ 手技 WS セミナー ■ ■ ■ ■ ■
骨格調整専科 募集中 !! >>>
マッスルエナジー・テクニック セミナー >>>

■ ■ ■ ■ ■ アレクサンダー・テクニーク ■ ■ ■ ■ ■
【感じる姿勢と使い方】 NHK文化センター 光が丘教室 >>>

■ ■ ■ ■ ■ ストレッチ教室 ■ ■ ■ ■ ■
コア・ストレッチ教室 東京・六本木 >>>
コア・ストレッチ教室 名古屋 >>>

■ ■ ■ ■ ■ 大人バレエな皆さんのテキスト ■ ■ ■ ■ ■
大人から始めた人のための『今すぐ出来るバレエのコツと身体の使い方』 >>>
35歳からのバレエ入門 >>>